弁財天

ゴフマン「専門家を信じるのではなく、自分自身で考えて判断せよ」

「ファイブ・アイズ…目を突かれて失明しないよう注意しろ」w update7

趙立堅おもろいわー、イタリアだと発生時期が遅杉で噛み合わない。 感染ルートつか、台湾の薬理学教授・潘懐宗が見つけた変な肺炎の情報と発生時期をふつうにバックトラックすれば、ペンタゴンのフォート・デトリックの米陸軍感染症医学研究所(U.S. Army Medical Research Institute of Infectious Diseases)だと判明する…

大気が放射能でイオン化するのをスピンするためにエボラ、SARS、MERS、コロナとやってるだけさ…

たぶんトリチウム除去ワクチンがそういう何もかもを証明してしまうだろう… )預言者ムハンマドw

【三重点温度】バンクーバー(BC)のトリチウム除去ワクチン…(2020年11月21日)

ペンタゴンで更迭と辞任の嵐「Smartmatic社の取締役会議長は退役したPeter Neffenger提督、投票不正の中心人物で、ジョー・バイデンの政権移行チームのメンバーだった」(2020年11月16日)

中国外務省報道官「目を突かれて失明しないよう注意しろ」 香港めぐり5カ国恫喝
2020.11.21 08:59
中国外務省の趙立堅報道官=北京(共同)
 中国外務省の趙立堅報道官は19日、中国が決めた香港立法会(議会)の新たな議員資格に米国など5カ国の外相が懸念を発表したことに反発した。「中国内政の香港問題を批判し、口を出すことに強烈な不満と断固反対を表明する」と述べた。
 趙氏は記者会見で、5カ国が機密情報の共有枠組み「ファイブ・アイズ」を構成していることにも言及。「大胆にも中国の主権、安全、発展利益を損なうなら、目を突かれて失明しないよう注意しろ」と強調した。香港は中国の一部分だとも訴え、「香港独立の主張を宣伝したり、支持したりすることは許さない」と話した。
 中国の全国人民代表大会(全人代)常務委員会会議は今月、立法会の議員資格として中国や香港政府への忠誠心を求めると決定。香港政府は民主派議員4人の資格を剥奪した。(共同)
「ファイブ・アイズ…目を突かれて失明しないよう注意しろ」w

米大統領選挙、バイデンのデラウェアのドミニオン、ベネズエラのマジュロ大統領、フィリピンのギフハフ団と来たら、香港区議会選挙とパランティアとSOMPO HD…w

王雑がベネズエラのマジューロを指導したニュースは不味かったなぁ。 CIAが犯人のはずだったのに、これじゃまるで中国が香港区議会選挙に介入したように見えてしまう。

大衆がどう判断するかなんてわからない。

ちなみに「ファイブアイズは目を突かれて失明しないようにしろ」は世間の注意を集める為のアドリブw

「香港ルート」を潰すのに中国とファイブアイズが連携していたのは間違いないw

ホワイトハウス前で黒服の集団が黒い雨傘をさしてデモをやったのは中国の趙さんたちだったの?とか記者会見で聞いてみたい…

【戦争準備】Dominion投票システムの裏にいたのはジョージ・ソロスw…、タミコが窓口だったのかw、グレタもw(2020年11月16日)

岐阜県知事選2021は福岡県議のドンの時みたいなにゃんこ孝の引退選挙らすいw(2020年11月20日)


ベネズエラを指導する王雑の写真が致命的になってしまう…w

ベネズエラでもウクライナと全く同じタイプの紛争が進行中(2014年3月9日)

Dominion投票システムのSmartmatic社のオリジナル投票機を製造したのは伊Olivetti社でNTTデータジェトロニクス…w(2020年11月15日)

フランクフルトはCIAのハッキング拠点だったのにw、崩れていくストーリーw

フランクフルトのGrizzly SteppeみたいなKRAKEN(52.57.209.147)の雇用助成金w(2020年11月18日)

「Scytlは投票ソフトへの裏口の注入(injecting)を含めて種々の国で不正選挙の多くの前科がある」フランクフルトのサーバが米陸軍に押収されーたw(2020年11月16日)

ウィーンの鮨料理「アカキコ」に犯人が立てこもる、きんたろう、KENZO、デルソー、アカキコ…(2020年11月3日)

ベルリンでカニバリズム容疑で教師が逮捕された…、犬とジャケットに見覚えがw

投稿されたコメント:

コメント
コメントは無効になっています。