弁財天

ゴフマン「専門家を信じるのではなく、自分自身で考えて判断せよ」

【防衛施設周辺121人失踪】 横浜・戸塚で行方不明の2人に地域的共通点。北朝鮮に拉致されたというのは臓器狩り被害のスピンだろw。 update8

座間9人遺体「組織的な犯罪くさい」「コイツのアパートの近くの月極駐車場に古いバンタイプの遺体運搬車がマジよく止まってた 近くに葬儀屋も無いのに」

2016.3.30 23:29更新 【防衛施設周辺121人失踪】 横浜・戸塚で行方不明の2人に地域的共通点

昭和54年に失踪した寺島佐津子さん

 自衛隊や在日米軍施設周辺で、北朝鮮による拉致の可能性を排除できない特定失踪者121人が居住していたり、行方不明になっていたりした問題で、拉致問題を調べている「特定失踪者問題調査会」は30日、神奈川県で対象者が消息を絶った現場などの検証を行った。

 横浜市戸塚区では、昭和54年に行方不明になった寺島佐津子さん(55)=失踪当時(19)=と、平成4年に戸塚区の実家を出て消息を絶った森武史さん(50)=同(26)=の自宅付近を調べた。調査会によると、寺島さんが通勤に使っていたバス停は米軍の通信施設(現在は跡地)のすぐ近くにあり、バス停から寺島さんの自宅までの途中には、森さんが通っていた中学校がある。

 さらに森さんは戸塚駅に出かけるといって失踪し、寺島さんは通勤のため戸塚駅を利用していた。調査会は通信施設近くに北朝鮮工作員の拠点があり、地域的な共通点のある2人が物色された可能性もあるとみている。

自衛隊や在日米軍が121人を施設周辺に拉致したり北朝鮮に送り込んで行方不明にしてると読めるが。

016.3.31 13:30更新 【防衛施設周辺121人失踪】
「9人は自衛隊勤務」の情報 背景に「自衛隊施設攪乱の準備の可能性」

寺島佐津子さんの失踪状況について、寺島さんの家族(右)から話を聞く特定失踪者問題調査会の荒木和博代表(左)=30日午前、横浜市戸塚区

 約470人に上る特定失踪者の中には防衛施設周辺で行方不明になった人のほか、自衛隊に勤務していたという情報のある人が9人含まれている。30日の検証で、特定失踪者問題調査会が元実家近くを調べた森武史さんもその一人だ。
 調査会によると、自衛隊に勤務していたという情報がある特定失踪者9人のうち、氏名などを公開しているのは6人、残りの3人は非公開となっている。
 9人は失踪時、すでに自衛隊を退職していたり、任期制の自衛官であったりしたという。このため、調査会は国防上の機密に接する可能性は低いとみている。
 調査会の荒木和博代表は、9人の失踪が北朝鮮による拉致だと考えた場合、「自衛隊施設に忍び込むときに、怪しまれないように自衛官の基本的な動作を知るために連れていったということが考えられる」と指摘。
 「いざというときに自衛隊の駐屯地などを攪乱するための下準備だった可能性はある」と話す。
 北朝鮮工作員を特定の人間に同化させようとした例は、政府が認定している拉致被害者の場合でも明らかになっている。
横田めぐみさん(51)=拉致当時(13)=や田口八重子さん(60)=同(22)=は北朝鮮で、女性工作員に日本語や日本の生活習慣について教えていた。その目的は、女性工作員が「日本人」として活動しても怪しまれないようにするための日本人化教育だった。
 さらに、調査会は自衛隊に勤務していたという情報のある9人中3人が、自衛隊や在日米軍施設の多い神奈川県で行方不明になっていることについても注目している。
 荒木代表は「軍事施設が多く、そういう意味で要衝地となっており、北朝鮮工作員の拠点の数も多かったのではないか」との見方を示しており、今後も同様の地域について検証を進めていく考えという。(森本昌彦)
防衛施設周辺で失踪者が多いのが決定的なヒントになっている。そして報道は北朝鮮にスピンする。 つまり失踪者は後藤忠政の肝臓移植(2001年4月)のような、闇の核武装関連でヤクザの臓器になったのだな。

2001年4月後藤忠政がUCLAで肝臓の移植手術を受ける。
2001年5月小泉政権。ITER計画に参加し設置国になることの発表。
2001年9月11日911テロ
2002年9月17日小泉純一郎首相が北朝鮮の平壌を訪問、金正日と会談。日本人13人を拉致したことを認めた。
2002年10月15日5人の拉致被害者が帰国。

拉致被害フィクションが壊れそーになったので急遽5人の拉致被害者の帰国を演出したなw。

おいおい、不正選挙と北朝鮮か?進次郎が引き継ぐフィクションが重すぎて崩壊しそーw。
進次郎がんばれーw。

闇の核武装、ボコハラム、シャブなど極道ビジネスを隠蔽するために長期間安定する政権が必要だった。
不正選挙を「正当化」して自民党政権が誕生。野党もグルだ。
なんでも北朝鮮のせいにしてたら限界がきた。
みたいなw。

和田心臓移植事件←ウィキ。

1968年(昭和43年)8月8日に和田寿郎を主宰とする札幌医科大学胸部外科チームは、日本初、世界で30例目となる心臓移植手術を実施した。ドナーは21歳の溺水事故を起こした男子大学生。レシピエントは18歳の男子高校生。和田によれば、多弁障害を抱え人工弁置換術では根治できないとされる患者であった。
手術は約3時間半をかけて明け方、終了した。レシピエントは意識障害がなかなか回復しなかったが、やがて意識回復。8月29日には屋上で10分間の散歩をし、その回復振りをマスコミに披露した。その後、一般病棟に移ったが、9月に入ると徐々に食欲不振に陥る。検査の結果、輸血後の血清肝炎と診断された。
術後においても発症が現れていたという、意識混濁の症状も進みはじめたレシピエントは、10月に入って一旦、小康状態を発表されるが、手術後83日目の10月29日に食後に痰を詰まらせ長時間にわたる蘇生術の甲斐もなく呼吸不全で死亡したと医師団により発表された。
1968年からやってる。今の技術ならゲノム解析で拒絶反応を回避して成功してるのだろうな。
DNAを細工して豚の肺でヒトの血液を浄化する。これが「いじめ自殺」を偽装して中高生が大量に殺害されている理由。

ホラッチョ38ノース、米企業と取引していた北朝鮮、
アントニオ猪木、北への核物質供与、地下核実験、文科省、有田芳生、
トライデント、幽霊船、
露が敵でなくなったのでトライデント報復核の存続を理由付けできる仮想敵がムラ(原発マフィア)には必要だった。
たぶん最初はプロパガンダ、世論誘導の為のホラ話だったのだろう。 しかし、なんとびっくり!。ある時から土人がフィクションを現実に実行し始めた。

拉致つか人質を朝鮮学校の生徒と交換してる。 霞ヶ関の論理で考えれば拉致被害者は天下りの特殊な形態とも言える。

木造の潜水艦模型、潜水艦からのミサイル発射ビデオ、 核弾頭ミサイル装備の潜水艦ネタを、文科省は朝鮮学校の学費補助を使って尻を叩く、

竹島の日に起きる連続テロ、カミソン、リッパード、エルドリッヂ、

…とエスカレートしていった。とオレは考えてる。

311以前だったらオレもそんなバナナと思う話である。 でもその後の大量の情報を読んでジオポリティカルに考えた結果、こんな結論に自然に辿り着いたのだ。

ケリー米国務長官が広島訪問へ、国務省発表 2016年04月02日 07:28 発信地:ワシントンD.C./米国 4月2日 AFP】米国務省は1日、ジョン・ケリー(John Kerry)国務長官が今月10、11日に広島(Hiroshima)市を訪れ、先進7か国(G7)外相会合に出席すると発表した。

 ケリー長官は8、9日に中東バーレーンで開催される湾岸協力会議(Gulf Cooperation Council)の閣僚会合に出席後、訪日予定。5月に三重県で開催されるG7首脳会議(サミット)に先立ち、各国外相と調整を行うという。

 バラク・オバマ(Barack Obama)大統領の広島訪問については、米政府は検討はしているものの、まだ決定には至っていない。

 日本は戦後、核兵器廃絶努力推進の一環として、広島と長崎(Nagasaki)を訪問して原爆被害の恐ろしさを実際に見るよう世界各国の首脳に促してきた。しかし、1945年の8月6日に世界で初めて核兵器による攻撃を受けた広島を訪問した米国政府高官は、これまでナンシー・ペロシ(Nancy Pelosi)元下院議長のみだった。(c)AFP

「1945年の8月6日に世界で初めて核兵器による攻撃を受けた広島を訪問した米国政府高官は、これまでナンシー・ペロシ(Nancy Pelosi)元下院議長のみだった。」
人類が転がる方向がわずかに変わったかんじ。

北朝鮮による日本人拉致問題←ウィキ
「北朝鮮による日本人拉致事件(きたちょうせんによるにほんじんらちじけん)とは、1970年代から1980年代にかけて、朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)の工作員や土台人、よど号グループなどにより、多数の日本人が、日本から極秘裏に、北朝鮮に拉致された国際犯罪事件である。」
「1970年代から1980年代にかけ、日本国内において、不自然な形で行方不明となる者が出ていた。警察による捜査や、亡命北朝鮮工作員や逮捕された土台人の証言などから、北朝鮮工作員による、日本人拉致の疑いが濃厚であることが明らかになった[6]。」

ふつうに警察と在日朝鮮人による臓器狩りの劇団型偽装ってやつだなw。

パチンコ←ウィキ

パチンコ業界の歴史(マネロンの歴史)と拉致被害者の歴史が重なるとこが警察庁のダークサイドの結論的エビデンスになっている。

1965年パチンコ店1万軒を越える。オリンピアマシン(パチスロの前身)登場。
1966年三共(現:SANKYO)が名古屋で設立。
1968年8月8日和田心臓移植事件。札幌医科大学が日本初、世界で30例目となる心臓移植手術を無理矢理実施して患者が死亡。
1968年9月2日王禅寺の実験炉で「原子炉脳しゅよう治療」
1971年群馬県の山中などで若い女性8人が殺害され遺棄
1972年群馬県の連合赤軍アジトで12人の遺体発見
1972年電動式ハンドルが認可される。貸玉料金が2円から3円に値上げされる。
1973年太陽電子(現:タイヨーエレック)が名古屋市で設立。
1975年間寛平の「ひらけ!チューリップ」が100万枚の大ヒット。サミーが東京都で設立。
1978年貸玉料金が3円から4円に値上げされる。
1979年全日遊連が「パチンコの日」制定(毎年11月14日)。高尾、三星(現:サンセイR&D)が名古屋市で設立。
1980年現在のデジパチの基本である「三共フィーバー」が登場。
1981年現在の羽根モノの基本である「ゼロタイガー」が登場。警察庁がフィーバー機の大当たり時に開く大入賞口開閉時間を30秒×10ラウンドに規制。
1982年権利モノが初めて登場。
1983年大同(現:ビスティ)が東京都で設立。
1984年フィーバー機の大当たり時の大入賞口開閉時間を15秒×10ラウンドに規制強化。
1985年保安電子通信技術協会によるパチンコ機の検定制度開始。
1986年「全国パチンコ・パチスロファン感謝デー」制定。
1988年警察庁が「CR機構想」を発表。日本レジャーカードシステム設立。東洋商事(現:フィールズ)が名古屋市で設立。
1989年日本遊技関連事業協会設立。日本ゲームカード設立。

臓器狩り被害者を北朝鮮に拉致されたと在日に証言させ、売上をパチンコ業界でマネロンする警察庁w。
うーむ。いかにも警察庁の土人的発想w。
臓器狩りは闇の核武装とセットだ。731部隊の時と同様、安全保障(戦争)を口実にダークサイドに堕ちていった。まぁ土人の特性なんでしょーなw。


2017.12.16 12:00 【拉致から40年 救出への道筋】相次いだ家族の死「放置と不作為もはや罪」 政府に求められる具体的結果 政府が認定した日本人拉致被害者
 年の瀬を迎えようとする中、北朝鮮による拉致被害者の家族が相次いでこの世を去った。11日、曽我ひとみさん(58)の夫で77歳だったチャールズ・ジェンキンスさんが新潟県佐渡市で死去。翌12日には鹿児島県姶良(あいら)市で、増元るみ子さん(64)=拉致当時(24)=の母、信子さんが90歳で亡くなった。訃報は、被害者や家族がともに老い、拉致問題の解決までに残された猶予が少ない現実を突きつけている。(社会部 中村昌史)
親の死に目に会えず焼香も…「これが今の厳しい現実です」
 14日には信子さんの告別式が姶良市で、15日にはジェンキンスさんの告別式が佐渡市でそれぞれ営まれ、参列者が続々と駆けつけた。
 「突然すぎて、まだ実感がわかない」。信子さんの息子、照明さん(62)は呆然(ぼうぜん)とつぶやいた。12日早朝、母、信子さんの死を出張先で聞いた照明さん。るみ子さんとの再会を切望しながら平成14年に79歳で他界した父、正一さんに続き、信子さんも無念のまま旅立ってしまった。
 るみ子さんを救おうと走り続けてきた家族の40年を思い、照明さんは「改めていろいろな感情がわき出てきて、激しく揺さぶられる」と表情をゆがませた。
 るみ子さんの姉の平野フミ子さん(67)は“不在の妹”に代わり焼香した。「会わせられなくて、本当にごめんね」。るみ子さんの写真をいとおしそうに抱きながら母の霊前に立ち、心の中で2人に謝った。「こんな思いで別れを告げなくてはならない家族は、私たちで最後にしてほしい」
 昭和53年8月12日、鹿児島県日置市の吹上浜で拉致されたるみ子さん。当時、交際中で、一緒に連れ去られた市川修一さん(63)=同(23)=の家族も通夜に駆けつけた。
 「お父さんも、お母さんも、るみ子さんにどれほど会いたかっただろうか…。拉致被害者を救えず、家族は老い、死んでいく。これが今の厳しい現実です。怒りをどこにぶつけていいのか、分からない」
 修一さんの兄、健一さん(72)は涙をにじませた。健一さんも平成26年に父の平(たいら)さん=当時(99)、20年には母のトミさん=当時(91)=を失った。「私の両親も修一のことを思い続け逝った。信子さんに『必ず全員取り戻します』とお約束した」。健一さんはこう明かした。
妻の故郷で過ごした静かな余生…家族に囲まれ地域に貢献
 ジェンキンスさんの通夜が営まれた斎場には、遺族や関係者約100人が参列し、突然の死を悼んだ。ジェンキンスさんは11日、自宅前で倒れ病院に搬送されたが、間もなく死亡した。
 佐渡では、通夜に先立ち火葬するのが一般的で、喪主を務めた妻の曽我ひとみさんは遺骨を抱き、遺影を持った長女の美花(みか)さん(34)、次女のブリンダさん(32)とともに、沈痛な表情で斎場に入った。
 遺影のジェンキンスさんは穏やかな表情だった。米軍人として韓国に駐留していた1965(昭和40)年に北朝鮮側に脱走。拉致されてきた曽我さんと80(同55)年に結婚し娘をもうけた。平成14年、日朝首脳会談で北朝鮮が拉致を認め、曽我さんが帰国すると、自らも16年、娘2人とともに来日し、佐渡に永住した。
 「数奇な人生だったが、来日後の余生を本人は感謝していた」。関係者は明かす。地元の観光施設で法被を着込み販売員を担当。観光客との記念撮影に気さくに応じ店を盛り上げた。店内には来店した著名人との記念写真も飾られていた。
 一方で、昭和53年8月12日に曽我さんと一緒に佐渡で拉致された母、ミヨシさん(85)=同(46)=はいまだ帰国していない。曽我さんは懸命に救出を呼びかけている。
 ジェンキンスさんは来日後、北朝鮮が世界各国で日本人以外の女性らを拉致した実態などを証言。拉致に国際的関心を集める契機を作った。膠着(こうちゃく)する拉致問題に心を痛め、店の売り上げは問題解決への活動に寄付された。死の数カ月前にも店を訪れた救出運動関係者と握手を交わし、思いを語り合っていた。
「放置と不作為、もはや罪」…開けない展望に募る家族の怒り
 14日、増元信子さんの告別式では、家族会代表で田口八重子さん(62)=同(22)=の兄、飯塚繁雄さん(79)が弔辞を述べ、怒りや悔しさをにじませつつ思いを語った。
 花に包まれた信子さんの遺影を前に再会がかなわなかったことをわびると、飯塚さんはおもむろに参列者へ振り向き、問いかけた。
 「るみ子さんが帰国して『なぜ両親はいないの』と聞かれたら、どう答えますか」「『私がもっと早く、帰ってこれればよかったのに』と、るみ子さんに言われたら、どう答えますか」
 告別式を終えて、飯塚さんは「政府関係者の方も参列していた。今の状況をどう感じるか。日本全体に真剣に考えていただきたかった。長年、拉致問題を放置し、被害者の救出にも向き合わない不作為があった。これはもはや『罪』だと思う」と苦しげに語った。
 政府が認定する最初の拉致事件の発生から今年で40年がたった。平成14年に5人の被害者が帰国したが、いまだ北朝鮮に捕らわれたままの日本人がいる。再会を切望する家族は、解決の兆しに何度も希望を抱き、そのたび裏切られてきた。
 拉致問題が長期化する中で「節目」という言葉がたびたび使われるが、飯塚さんはそれを嫌う。この日もこう語った。「われわれは毎日が節目。もし節目が長引くなら、それは拉致被害者を救えなかった『あきらめの数字の積み重ね』だ」
 11月にはトランプ米大統領が来日し家族会と面会、拉致問題解決への尽力を約束した。「必要なのは、問題解決の『雰囲気』ではない。全ての被害者を救出する具体的結果です」。飯塚さんは、こう強調した。
 葬祭場には信子さんの生前の写真がたくさん飾られていた。50数年前、中学生だったるみ子さんと笑顔で撮影したツーショットは、信子さんにとって大切な思い出の一枚だった。晴れ渡った告別式の朝、照明さんは涙ながらに決意を語った。
 「父も母も、姉を思い続け、力尽きてしまった。私たちの役目は遺志を継ぎ、最後の最後まであきらめず、両親の代わりに『るみ姉(ねえ)』を抱きしめることです」


昭和52年
1977年9月15日
「日米両国、(東海再処理工場の)再処理の共同決定に調印」 「2年間99トンまで米国産使用済み燃料を処理する。」「結果をINFCEP(国際核燃料サイクル評価計画)に提供する。」 福田(赳夫)首相がせん断、溶解開始を指示。日米再処理交渉を経て、東海再処理施設にてホット試験(使用済み燃料を用いた試験)開始
昭和52年
1977年9月19日
石川県で久米裕さんを拉致
昭和52年
1977年10月21日
鳥取県で松本京子さんを拉致
1977年11月7日東海再処理施設で約1キロのプルトニウムを初抽出
昭和52年
1977年11月15日
新潟で横田めぐみさんを拉致
昭和52年
1977年12月20日
福田赳夫首相が何度も何度も濃縮ウランか濃縮ウランを製造できる原発を売ってくれとマンスフィールド駐日大使に圧力をかけた。

「FBIは日本でも独自に米軍施設内を拠点に捜査をしている。」w

なんだこれ。ほぼ自白になってるw

投稿されたコメント:

コメント
コメントは無効になっています。