弁財天

ゴフマン「専門家を信じるのではなく、自分自身で考えて判断せよ」

NTT西日本・技術革新部R&Dセンタ開発推進担当の安永健治課長(49)を透かしてみるか…w update12

ほぼ、要件定義と基本設計の作業に近い…w

  • Whatsup、ブルーホエールチャレンジ、キュレーター
  • NTT西日本・技術革新部R&Dセンタ、VOC(Voice of Customer)データとヘルプデスク、人工知能
  • NTT西日本の回線でFAXが無関係な相手につながる、石川県
  • りらいあ(鹿児島)、キュレーター、合成音声で契約、録音音声データ改ざん
  • ペガサス、WhatsupをFacebookが買収
  • MbS、ペガサス購入、ジェフべゾフのiPhoneをハック
  • ロリータエクスプレスが2016年米大統領選挙前日にリヤドを往復w、ジェフべゾフがリヤドにいた
  • ジャマル・カショギはワシントン・ポストのジャーナリストで、ワシントン・ポストのオーナーはジェフ・べゾフw
  • 霞ヶ関はクラウドインフラにawsを採用w
  • Facebook、BOLO、位置情報追跡、日産、衛星通信
  • スペイン政府、NSOのペガサス
  • スペイン政府、HackingTeam(GALILEO)の最初の国外顧客
  • HackingTeam(GALILEO)、NTTデータ・イタリア
  • GALILEO、NTT独自のカメリア暗号化実装w
  • NTT都市開発、クシュナー坊ちゃまと取引w
  • 亀井静香、米大統領選挙でトランプ勝利後に会談予定
  • スペインのマドリードの北朝鮮大使館をFBIが襲撃、澤田純はバルセロナ

「Vocodes」w

NTT西日本の元課長逮捕 不要物品発注で背任容疑―大阪府警 2020年07月23日22時17分
 研究開発に必要な業務委託契約の際、業者に不必要な物品を発注させ会社に損害を与えたとして、大阪府警捜査2課は23日、背任容疑で、NTT西日本の元技術革新部R&Dセンタ開発推進担当課長、安永健治容疑者(49)=兵庫県宝塚市小林=を逮捕した。認否は明らかにしていない。
 逮捕容疑は、本来必要のない物品の調達費用約450万円分を上乗せした見積書を、東京都内のプログラム製造業者に提出させ、2018年4月にNTT西側に代金を振り込ませて損害を与えた疑い。
 捜査2課によると、安永容疑者は業者に対し物品調達先を指定し、調達先の会社にはiPad(アイパッド)37台や腕時計などを自身の関係先に納品するよう指示していた。届いたiPadを転売し、約250万円の利益を得たとみられる。

NTT西日本元課長を逮捕 450万円背任容疑 更新:2020/07/24 07:12
NTT西日本の元社員の男が業務に必要のない精密機器およそ450万円分を上乗せして取引先に発注し、会社に損害を与えたとして逮捕されました。 背任の疑いで逮捕されたのはNTT西日本の元課長安永健治容疑者です。
警察によりますと安永容疑者は3年前、東京都のプログラム製造会社に業務に必要のない精密機器の購入代を上乗せした見積書を提出させ、NTT西日本におよそ450万円の損害を与えた疑いが持たれています。
安永容疑者は精密機器をiPadなどに変更したうえで自身の関係先に納品させて転売し、およそ250万円の利益を得た可能性があるということです。 警察は安永容疑者の認否を明らかにしていません。
NTT西日本は去年、安永容疑者を懲戒解雇し警察に相談していました。

DXとSociety5.0

2019年から総務省東北総合通信局長で、東北Society5.0の促進などの課題にあたり、2020年総務省大臣官房付だった田中宏 (総務技官)w

【かんぽBMIテロの黒幕は総務省とNICT】総務省東北総合通信局長が午前10時にホテルの女湯に侵入して下着を盗むw(2020年3月1日)

ntt.co.jp→NTT西日本R&Dセンタにおけるデータの価値を高める取り組みPDF(NTT技術ジャーナル2019.4)

【NTT西日本の業務の中でもAI適用ニーズが高いものとして「コンタクトセンターにおけるヘルプデスク業務」が挙げられます.】w

2019.09.02 13:30
超高齢社会での課題解決に挑むAIエンジンにOracle Cloudを採用した理由
構成=長井雄一朗/ライター 撮影=尾藤能暢
 日本オラクルが強化する「次世代クラウド」を認知症対策に活用しているのが、西日本電信電話(NTT西日本)だ。スタートアップ企業のジョージ・アンド・ショーンと共同で認知症対策に取り組んでいるNTT西日本は、複数の自治体や施設と連携し、共同実証を計画している。
 NTT西日本デジタル改革推進本部技術革新部R&Dセンタ開発推進担当部長の槇林康雄氏は、「認知症手前の時期である軽度認知障害(MCI)の検知エンジンで認知症の前段階から策を打ち、介護の負担を減らしたい」と語る。
 日本オラクルクラウド事業戦略統括デジタルトランスフォーメーション推進室シニアマネージャー<新事業企画担当>であり、ジョージ・アンド・ショーン共同創業者/代表でもある井上憲氏も、「Oracle Cloudの優位性を生かして、今後もNTT西日本と共同で社会課題の解決に務めたい」と語った。その槇林氏と井上氏に、認知症対策の取り組みについて話を聞いた。

  • 鈴木茂哉氏 慶應義塾大学 政策・メディア研究科 特任教授、慶應義塾大学 SFC研究所 ブロックチェーン・ラボ副代表(技術統括)
  • 村井純氏 慶應義塾大学 環境情報学部教授、大学院政策・メディア研究科委員長、慶應義塾大学SFC研究所 ブロックチェーン・ラボ代表
  • ミハエルビッチ・ミオドゥラグ氏 セルビア科学芸術院 数理研究所 所長
  • 松浦幹太氏 東京大学 生産技術研究所 教授
  • 真殿由美子氏 NTT西日本 技術革新部 R&Dセンタ
  • 松尾真一郎氏 ジョージタウン大学 教授
ブロックチェーン的な形で社会を再構築
NTT西日本の真殿由美子氏は、ビジネスの立場からブロックチェーンについて論じた。

真殿由美子氏 NTT西日本 技術革新部 R&Dセンタ
真殿氏はよく言われることとして、「インターネットはメリットが理解できたが、ブロックチェーンはわからない」という言葉を紹介。そして「『少額取引の問題をシステムで解決しよう』というビットコインが目指していた世界って伝わっていないんだなと思った」と語った。
そうした理想の一方で現実には、仮想通貨の乱立に手数料の高騰、取引所による本人性確認となり、「理想的なガバナンスの維持は難しい」と真殿氏。経産省や環境省、総務省などでも新サービスの検討が活発で、技術的な難しさより、その後の法整備や運用が課題だと認識されているという。
真殿氏自身も、NTT西日本で企画を考えているという。その中から、何を目指すかによって作るものがいろいろ変わることがわかったという。たとえば、「エネルギー地産地消形の社会にブロックチェーン」というテーマでも、地域電力安定を目指す電力融通か、より高く売電可能な需給マッチングかで大きく変わってくる。


何を目指すかによって作るものが変わる
ここで真殿氏は、ブロックチェーンを離れて社会の動きとして、GDPRの法規制とMyData、小さな自分の熱意を表現する「Gen Z(ジェネレーションZ世代)」、企業のSDGs(Sustainable Development Goals:持続可能な開発目標)経営を挙げた。そして、「ブロックチェーンがそのレジリエンスを支える技術であってほしい」として、ブロックチェーン的な形で社会を再構築していきたいと語った。

NTT西日本とセルビアの臓器売買とブロックチェーン・マネロン部隊w、マザーテレサか?w

セルビアがコソボとモンテネグロとアルバニアと隣接してることが重要…

モンテネグロはオウム真理教w

「アレフで松本元死刑囚次男復帰望む声」オウムと公安調査庁の関係は「ケーサツ直営のヤクの売人」と同じ関係なんだろw(2018年12月23日)

コソボとジョージタウン大学はマザーテレサ・ビジネスとCOVID-19…

WHOがCOVID-19をバラ撒いたのはコソボ(Kosovo)起源なのでは?(2020年6月17日)

【マザーテレサとジェフリーエプスタイン】マザーテレサの慈善団体が赤ん坊を550ドルから1450ドルの値段で人身売買をやってインド当局に摘発されていたw(2019年11月24日)

チェコのブルーグループもw

Avastとチェコ市場が崩壊w、ジニ・ロメッティだわw(2020年2月4日)

トルコ、スロバキア、セルビア、ペルーでNTTドコモの「LTE国際ローミング」w

【※1 「Voice of Customer」の略で、お客さまの声を音声やテキストで蓄積したデータをVOCデータと呼びます。本サービスのご利用には、オペレータとお客さまとの会話の音声をテキスト化したVOCデータが必要です。】w

盗聴と人工知能キュレーター…w、最近これと似た設計みたなぁ…w

三井物産系の「りらいあ」がコールセンターでディープフェイクなブルー・ホエールにチャレンジしてしまうw(2020年6月11日)

名古屋市工業研究所→「AIが拓くものづくりイノベーション」(PDF)

「AIが拓くものづくりイノベーション」
日時令和元年 9 月4 日(水)13:30 ~ 16:20
名古屋市工業研究所 管理棟 1 階ホール 会場 名古屋市熱田区六番三丁目 4 番 41号
深層学習を中心としたAI技術の進歩により、 画像や音声の認識、 生成などの分野に応用されています。 ものづくりの現場においても、 AI技術を取り入れることによって省力化だけでなく新たな技術革新が起こるものと考えられます。 本講演会では、 AI技術の現状と今後の展望、 応用事例等をご紹介します。 今後のものづくりの新機軸を模索していただく機会となれば幸いです。
定員200名 最大 300名 参加費無料
13:30 ~ 13:35主催者挨拶
13:35 ~ 14:45講演Ⅰ「AI が拓く未来社会」 講師:名古屋工業大学大学院 教授 伊藤 孝行氏
~休憩~
15:00 ~ 16:10講演Ⅱ「NTT 西日本が見た、AI の本当のトコロ」 講師:西日本電信電話株式会社 技術革新部R&Dセンタ 開発推進担当 主査 今井 徹氏
16:10 ~ 16:20「工業研究所における取組紹介」 名古屋市工業研究所 支援総括室 真鍋 孝顯

Speakerʼs Profile
講演Ⅰ 伊藤 孝行氏 (いとう・たかゆき)
名古屋工業大学大学院教授。平成 12 年名工大大学院博士後期課程修了。 博士(工学)。日本学術振興会特別研究員。平成13年北陸先端大助教授、 平成15 年名工大助教授を経て、平成 26 年より現職。 USC、ハーバード、MIT の客員研究員。最先端・次世代研究開発プログラム、さきがけ研究員、CREST 代表研究員、IFAAMAS 理事。人工知能学会業績賞、日本学術振興会賞、文部科学大臣表彰科学技術賞、文部科学大臣表彰若手科学者賞、情報処理学会長尾真記念特別賞、日本ソフトウェア科学会論文賞、IPA 未踏ソフトスーパークリエータなど、公職・受賞歴多数。

講演Ⅱ 今井 徹氏氏 (いまい・とおる)
2007年4月 西日本電信電話株式会社(NTT 西日本)入社。 法人営業におけるSEやソフトウェア開発等の業務を経て、2017年 7 月より現職。 2、3 年後の実用化・商用化を目標とした IoT/AI に関わる研究開発施策の推進に従事。コンタクトセンターにおけるVOC(お客様の声、応対ログ)を活用した FAQ 自動生成 AI 開発をはじめとする AI 関連施策に取り組んでいる。
「VOC(お客様の声、応対ログ)を活用した FAQ」w

VOC(Voice of Customer)で顧客の通話内容のテキスト化と盗聴、人工知能による顧客システムのハックかぁ…

さらに人工音声とキュレーターで顧客の声紋と声色を真似た三井物産の「りらいあ」みたいなソーシャル・ハッキングw

そーいえば交換機に細工して本来とは別のとこにFAXが届くとかNTT西日本の事件あったなw。NTT西日本はDNSスプーフィングみたいなことを電話回線でもやってる…

で、組織ぐるみの犯罪がバレそうになったら人工知能がやりましたと言い訳するw、おまいらそんなやつらだったのか、やるなーw

石川県のNTT西日本の回線の接続先が誤動作w(2020年6月30日)

【メッセージアプリ 「WhatsApp」でメッセージを送受信できるМомоという少女は、相手のあらゆる情報を不思議な力で知ることができる。】w

ブルーホエールチャレンジのWhatsupを使うMOMOという名前のキュレーターはPegasus実装…w

あー、そーいえばマドリードの北朝鮮大使館襲撃のときに澤田純がバルセロナにいたよなw

スペインの首都マドリードにある北朝鮮大使館をFBIが襲撃w(2019年3月1日)

結局はスペイン政府か…ヨーロッパも狭くなってきたねw

スペイン政府は2015年からNSOの顧客でカタロニアの主要な政治家をターゲットにしてフランスとマルタとメキシコも監視対象w…(2020年7月17日)

#BlueWhaleChallenge の人工知能キュレータが少年少女を自殺に誘導。汚染水やトリチウム水による魚やクジラの大量死をスピンしてるみたいだ(2017年8月24日)

投稿されたコメント:

コメント
コメントは無効になっています。