弁財天

ゴフマン「専門家を信じるのではなく、自分自身で考えて判断せよ」

山本美香がシリアのアレッポで戦闘に巻き込まれたのは偶然か?(2012年8月20日) update5

NHK→山本美香さん シリアで死亡から2年(2014年8月20日)

8月20日 22時32分
山梨県都留市出身のジャーナリスト、山本美香さんがシリアで戦闘に巻き込まれて亡くなってから20日で2年になり、都留市の実家には高校の後輩が訪れ、「先輩のように、人に寄り添ったジャーナリストになりたい」と誓いを新たにしていました。

都留市出身のジャーナリスト、山本美香さん(当時45)はおととし8月20日、内戦状態のシリア北部の主要都市アレッポで取材中に、戦闘に巻き込まれて死亡しました。 亡くなってから2年になった20日、都留市の実家には美香さんの母校、県立桂高校の後輩の棚本真奈さんが訪れました。 棚本さんは、高校で所属していた放送部の活動で美香さんの両親と知り合い、美香さんの著書や残したことばに触れるうちに、ジャーナリストになりたいと思うようになったということです。 そして、ことし春、日本大学法学部新聞学科に進み、大学新聞を発行する団体に入って学生記者として活動していて、棚本さんは初めて書いた記事の載った新聞を美香さんの仏前に供えました。 棚本さんは「美香先輩のような、人に寄り添ったジャーナリストになりたい」と話し、誓いを新たにしていました。

2年前の2012年8月頃と言えばノダ政権の「脱原発依存」とか原発ゼロがトーンダウンしてる頃。

ロイター→焦点:野田政権のかすむ「脱原発依存」、国民議論の成熟化に課題(2012年6月16日)

官邸→平成24年8月10日野田内閣総理大臣記者会見(2012年8月10日)
「原発抗議行動の行為に対して大きな音と言った」頃w

野田首相「大きな音だね」=官邸周辺の反原発デモに

1:地震雷火事名無し(神奈川県)[sage] 2012/06/29(金) 23:38:45.12 ID:8d6fa1Pp0 (1/1)
 野田佳彦首相は29日夜、首相官邸を出て徒歩で公邸に移動する途中、 関西電力大飯原発3、4号機の再稼働に抗議する官邸周辺のデモ隊の掛け声や鳴り物の音を耳にして「大きな音だね」と傍らの警護官に語った。 驚いた様子だったが、そのまま立ち止まらず公邸に入った。  デモはここ数カ月、金曜日ごとに行われており、この日も官邸周辺は「再稼働反対」と叫ぶ参加者と、 警戒に当たる大勢の警察官がひしめき合い、騒然とした雰囲気。首相は25日の国会答弁で「シュプレヒコールの声は官邸にも届いている」と発言していた。 

シリアの反政府勢力を支援してるは米主導の西側勢力。この「アレッポで戦闘に巻き込まれて死亡した」というのはどこまで本当なのかわからないな。

2013年8月29日新潟県知事外国特派員協会で会見
2013年9月9日トルコのカッパドキアで新潟大女子大生殺傷事件発生
これと似たような展開か。
カッパドキアの新潟大女子大生殺害と泉田口封じと三菱重工の原発とサリン。そして安倍晋三首相

2012/08/21 に公開
President Obama made a surprise appearance during Jay Carney's White House briefing. Speaking to a packed press room, he raised a smile as he traded banter with them before launching into the serious issue of Syria and chemical weapons.
アサドがシリアで化学兵器を使ってオバマが驚いたというニュース。これからシリアの化学兵器のストーリーがスタート。ちょうど1年後の2013年8月21日シリア、ダマスカス近郊で化学兵器(サリン)攻撃。少なくとも子ども426人を含む1429人が殺害される。

Obama Says Chemical Weapons Use by Syria ‘Red Line’ for U.S. (2012/8/21)

あー、これだ。ちょうどシリア紛争で化学兵器作戦を開始した時だったのか。

oshiete.goo.ne.jp→ジャーナリスト山本美香さん殺害の謎(2012年8月24日)

No.8ベストアンサー20pt 0 件 回答者:lilact 回答日時:2012/08/24 01:10

佐藤さんが撮影した映像から
 佐藤さんは銃声がした瞬間から必死で逃げて、奥の方のビルの中に入っています。
 そして、騒ぎがおさまるまでそのビルの奥の方に隠れていました。
 倒れた山本さんの方を見たり振り返ったりは一切しないで逃げて、隠れたビルは銃撃があった広場は一切見えないところにあります。

銃撃のきっかけ
平和そうな雰囲気で、民間人みたいな太った中年男性が近くの道路まで来た時、後ろの政府軍?に向かって「日本人だ」と叫び、山本さんたちを指さしました。その瞬間山本さんが撃たれました。
この中年男性は政府軍のスパイのようにも見えます。

山本さんのカメラは撃たれても録画が続いていたようで、その後は騒ぎの後の仲間の会話が入っています。

ぐげ。紛争勃発の為の生贄か。1年後のサリン攻撃のエピソードから振り返ると 「この中年男性は政府軍のスパイのようにも見えます。」の中年男性は政府軍ではなく米か英のスパイですな。 しかし1年後のサリンの後も軍事介入は起きなかった。

傭兵のパスポートを没収してUKからシリアへの渡航禁止
法律家で政治家であるローランド・デュマス(ミッテラン政権で1984-1986と1988-1993外相だった)が昨年ケーブルテレビのフレンチチャンネルLCP(La Chai^ne Parlementaire)に出演して以下のように発言した。

「言っておくが。私はシリア暴動の2年前に別の仕事で英にいた。(2009年の話か) 私は英の高官と会って、シリアで何か用意していることを告白された。 英での話で米での話ではない。英はシリア侵略の為の反政府軍を組織していた。 私は既に外相ではないのに彼らは私に参加しないか聞いてきた。もちろん私は断った。私は仏人でそんな話に興味はない。」 デュマスは続けた。 「この作戦は昔から計画されていた。用意され、予め考えられ、計画されたのだ。【番組のホストのアーナウド・アードインに遮られる。】… 「地域で知っておく重要なことはシリア政権は非常に反イスラエルの立場だった。」

日経→英BBC、山本さん死亡異例の扱いで報じる(2012年8月22日)

2012/8/22 11:38
 【ロンドン=共同】英BBC放送は21日、ジャーナリストの山本美香さんがシリアで死亡したことについて、ニュース番組で2分以上の時間を割いて報道した。英国人や英メディアの記者以外では異例の扱い。山本さんの父親や、行動を共にしていたジャーナリストの佐藤和孝さんの様子も放映。BBCは「山本さんはイラクやアフガニスタンの紛争地帯も取材し、何度も命の危険を冒した記者だった」と死を悼んだ
ほぼ自白?

投稿されたコメント:

コメント
コメントは無効になっています。