弁財天

ゴフマン「専門家を信じるのではなく、自分自身で考えて判断せよ」

【九頭竜の起源】科技庁とハゲイと安倍晋太郎とライフサイエンス振興財団とジャパンライフ「35年来の知人だった可能性がある」w update6

ムサシの黒幕はハゲイ政権時代の安倍晋太郎外務大臣か?

【天下りのための等級ロンダリング】昭和60年(1985年)からの悪質マルチ商法の老舗「ジャパンライフ」を消費者庁が天下りとマネロン先にするまでw。カメと不正選挙と今井尚哉とケーサツのマルチ商法w

【検察側の罪人】ハゲイ大勲位が101才で死去w

やはりこいつかぁ…w

景気指数、5.6ポイントの大幅下落 2019/12/6 14:41 (JST)12/6 15:49 (JST)updated ©一般社団法人共同通信社
 内閣府が6日発表した10月の景気動向指数は、景気の現状を示す一致指数が前月比5.6ポイント下落の94.8だった。下落幅は東日本大震災があった2011年3月以来、8年7カ月ぶりの大きさ。

アベノミクスは大成功だ。あべちんGJw

立憲、ジャパンライフ会長と首相「35年来の知人だった可能性」指摘 毎日新聞2019年12月5日 20時44分(最終更新 12月5日 20時44分)
安倍晋三首相主催の「桜を見る会」をめぐる野党の追及本部のヒアリングで発言する国民民主党の原口一博国対委員長(中央左)=国会内で2019年12月5日午後4時31分、手塚耕一郎撮影
 立憲民主党は5日、2015年の「桜を見る会」に預託商法を展開していた「ジャパンライフ」の山口隆祥元会長が「首相枠」で招待された疑惑を巡り、安倍晋三首相と山口氏が「35年来の知人だった可能性がある」と指摘した。同党の黒岩宇洋衆院議員が野党5党による追及本部で取り上げた。
 首相の父、故・晋太郎元外相は1986年の衆院予算委員会で、外相当時の84年に国連総会で訪米した際、現地で山口氏と面会したことを認めている。
 首相は晋太郎氏の外相秘書官を務めていた。黒岩氏は追及本部で、首相がこの時、晋太郎氏に同行したか渡航記録を調べるよう外務省に要求。同省の担当者は「現在鋭意調べており、調査が終わり次第、報告する」と述べたが、野党側は「当時から首相と山口氏は知り合いなので、桜を見る会にも招待したのではないか」と追及した。
 首相は2日の参院本会議で「山口氏と個人的な関係は一切ない」と答弁している。【浜中慎哉】

「首相の父、故・晋太郎元外相は1986年の衆院予算委員会で、外相当時の84年に国連総会で訪米した際、現地で山口氏と面会したことを認めている。」w

wikipedia.org→山口 隆祥(やまぐち たかよし)

経歴
群馬県伊勢崎市出身[2]。高等学校卒業後に富士重工業で工員[2]を務めるが2年で退職して「ジェッカーチェーン」を設立[2]する。ジェッカーはマルチ商法であると批判が高まり、山口は1975年5月13日衆議院物価問題等に関する特別委員会に参考人として招致された[3]。ジェッカーは公正取引委員会の行政処分を受け、1976年に銀行取引が停止されて倒産した[2]。山口は詐欺罪で告訴され、1976年3月9日東京地方検察庁はこれを受理したが、1年以上捜査に着手されなかった[4]。
山口は行方不明と報じられたが、ジェッカー倒産前年の1975年に「ジャパンライフ」を創業して社長に就く[2][5]。1980年に財団法人ライフサイエンス振興財団を設立[5]する。
売上高が1980年は8億円、1983年は450億円[2]と急成長したジャパンライフは1982年に国税庁の査察を受けて6億円の所得隠しが発覚する。山口は1983年に法人税法違反で告発[2]されて社長から取締役へと退き、警察官僚を後任社長に迎え入れる[2]と相前後して健康産業政治連盟を設立し年1 - 2億円以上を与野党の大物政治家らに政治献金した[2]。東京国税局による告発を受け、1984年4月28日東京地方検察庁から起訴され、同年8月3日、東京地方裁判所から懲役2年、執行猶予4年の有罪判決を言い渡された[6]。1985年にジャパンライフによるマルチまがい商法が国会で何度も追及され、委託販売をやめると発表して山口は会長を辞任した[2]が、2007年に娘のひろみがジャパンライフ社長に就任すると同時に会長に就任した[5]。
群馬県伊勢崎(いせさき)市出身、横浜のは伊勢崎(いせざき)w
富士重工業で工員w

「山口は詐欺罪で告訴され、1976年3月9日東京地方検察庁はこれを受理したが、1年以上捜査に着手されなかった[4]。」w
東京地検だわw

gtia.jp→日加文化交流委員会

日加文化交流委員会 ふりがな にっかぶんかこうりゅういいんかい
団体名 日加文化交流委員会
所在地 372-0033 伊勢崎市南千木町1670 群馬県立伊勢崎高校内

設立年月日 1973.11.06
設立目的 日加両国の高等学校生徒が継続的な交友関係を結び、カナダの文化と社会への理解を深めるとともに、英語による表現力と理解力を高め、広くは日加国民の相互理解と健全な国際社会の発展に資する。
主な活動内容
①本県高校生カナダ派遣事業(2019年3月下旬~4月上旬:ナイアガラの滝、トロント市、カナディアンロッキー見学、B.C州サリー市でホームステイ) 
②カナダ高校生日本派遣事業(2016年3月中旬:日本の高校生活体験、日光訪問、本県高校生宅でホームステイ)  刊行物 ①日加文化交流誌(隔年発行)

伊勢崎高校、旧伊勢崎東高校(ほぼ男子校)、佐波郡(さわぐん)、旧境高校(ほぼ女子校)、山口県のは佐波郡(さばぐん)…

マルチ商法の開祖が安倍晋太郎外務大臣の国連表敬に同行?w

ゾックゾクしますなw


「人狩り」となw


投稿されたコメント:

コメント
コメントは無効になっています。