弁財天

ゴフマン「専門家を信じるのではなく、自分自身で考えて判断せよ」

「最も驚き、怒りを感じたのは教員によるいじめ」update2

教員によるいじめに「最も怒り」 高2自殺、両親が会見 棚橋咲月、藤牧幸一 2019年2月6日12時54分
 山口県周南市で2016年、県立高校2年の男子生徒(当時17)が自殺したのは、いじめが主な要因だったとする県の調査検証委員会の報告書が公表されたのを受け、男子生徒の両親が6日会見した。父親は「学校の対応がきちんとしていれば息子は亡くならずにすんだ。報告書を重く受け止めて」と訴えた。
 男子生徒は16年7月、駅構内で貨物列車にはねられ死亡した。いじめの有無を調べていた県の調査検証委員会は、LINEメッセージによる仲間はずれなどのいじめや、教職員によるいじめに類する行為があったと認定し、自殺の主要な要因になったと結論づけた。
 会見に臨んだ父親は時折声を震わせながら、「最も驚き、怒りを感じたのは教員によるいじめ。子どもたちへの接し方をいま一度問い直してほしい」と要望した。母親は「報告書が出て終わりではない。再発防止に向けてどう行動に移していただけるか見つめていきたい」と話した。(棚橋咲月、藤牧幸一)
「LINEメッセージによる仲間はずれなどのいじめや、教職員によるいじめに類する行為があったと認定」w

生徒間のグループラインだけでなく教職員へのメールにも介入していた。

投稿されたコメント:

コメント
コメントは無効になっています。