弁財天

ゴフマン「専門家を信じるのではなく、自分自身で考えて判断せよ」

山口組と住吉会をつなぐ田中英寿JOC副会長と日本大学。シャブの効果をプロ野球とオリンピックで世界にアピール。 update10

日大理事長辞任求め署名、提出へ 752人分、教職員組合
 日本大アメリカンフットボール部の悪質な反則問題で、日大教職員組合は11日、学校法人のトップである田中英寿理事長の辞任など上層部の一新を求めた要求書に賛同する教員らの署名が8日までに752人分集まったと発表した。11日中に大学側に提出する。
 組合によると、署名活動は、組合が要求書を大学に出した5月31日から始め、約7千人の教職員がいる日大と付属高のうち、組合員がいる職場を中心に募った。署名した人の大半は大学や付属高の教員で、元教員も含む。報復人事の恐れがあるとして、大学側に提出する際に氏名を公開して良いかを一人一人に確認した。
2018年06月11日月曜日

11月9日 12時07分
日本大学名誉教授 山口組元幹部から2000万円借金

日本大学の名誉教授が指定暴力団山口組の元幹部から海外での投資に充てる資金として2000万円を借り、今も返済していないことが、NHKの取材で分かりました。日本大学は「教育に携わる立場にもかかわらず極めて遺憾だ」として、名誉教授が担当している大学院の授業を休講にするとともに内部調査を進めています。

これは、金銭トラブルを巡って山口組のナンバー3だった元暴力団組長がさいたま地裁越谷支部に起こした民事裁判の中で明らかになったものです。
NHKが入手した裁判記録によりますと、日本大学の77歳の名誉教授は、去年8月、この裁判に元組長側の証人として出廷し、10年ほど前、海外での投資に充てる資金として、当時、現役だった元組長から2000万円を借りたと証言していました。
名誉教授は取材に対し、金を借りた相手が山口組の幹部だと認識していたとしたうえで、「日頃からつきあいがあり、軽い気持ちで借りた。これまで返済を求められていないので借りたままだが、そのうち返すつもりだ。反社会的勢力だからすべてが悪いというのはおかしいと思う」と説明しています。
名誉教授は現在、大学院法学研究科で英米法などの授業を担当しているほか、総務省の委託を受けて国の機関に対する国民の苦情や相談に応じる行政相談委員の東京の協議会会長も務めています。
日本大学は、本人への聞き取りで元組長からの借金が確認できたとして、9日までに大学院で担当している授業を休講にする措置を取りました。そのうえで、内部調査を進めることにしていて、「大学で教育に携わる立場にもかかわらず暴力団関係者と交際していたことは極めて遺憾だ。さらに詳細に事実関係を確認し、厳格に対応していきたい」としています。

山口組元幹部とは

日本大学の名誉教授に2000万円を貸していたのは西日本に本部を置く山口組系暴力団の初代の組長で、現在82歳です。関係者によりますと、現役当時は資金力が強く、企業経営者などを集めて不動産取引や投資話の会合を頻繁に開く「経済ヤクザ」として知られた存在だということです。また、警察関係者によりますと、山口組の組織内では、5代目組長の時代に「中四国・九州ブロック長」を、平成17年に6代目組長の体制になって以降は「組長」「若頭」に次ぐナンバー3の「顧問」を務め、3年前、高齢を理由に引退しました。

NHKが入手した裁判記録には

NHKが入手した裁判記録には、日本大学の名誉教授が山口組の幹部だった元暴力団組長から2000万円を借りた経緯などが詳しく書かれています。
去年8月に行われた証人尋問で、名誉教授は『元組長からお金を借りたことはありますか』と弁護士から質問され、『あります。2000万円』と答えたうえで、「海外の案件なんです。お借りしてその経費として使わせていただいた」と述べ、投資目的の借金だったとしています。
また、借りた時期について、裁判官から『10年以上前ですか』と尋ねられると、『そのくらいになります』と答え、返済については『まだ具体的に始まっているわけではない』と述べて、全く返済しないまま借り続けていることを明らかにしました。 さらに、借用書について、『私から進んでお金を借りる以上、いくら友人の間でもきちんとしておきたいと申し上げ、みずから書きました』と説明していました。
裁判記録では、元組長が裁判の原因になった別の投資話を知人に持ちかけられた場に名誉教授が同席していたとされ、この理由について、元組長は法廷で『私より知識が高いと思っているから。名誉教授の肩書きから言ってもそうなので立ち会ってもらった』と証言していました。

学生は

日本大学の学生からは批判や戸惑いの声が聞かれました。 法科大学院3年の男子学生は「法律に携わる者がそういった金に絡んだのはよくない。暴力団などの反社会的勢力に関する判例も積み重ねられているなか、そういう金のやり取りがあったことについて大学側は事情を聞いてしっかり調べてほしい」と話していました。また、法学部3年の女子学生は「ショックです。山口組とはびっくりです。なぜそういう人が名誉教授になっているのか、監視の目はなかったのかと思う。信頼が持てないので、大学には教授一人一人を調べてほしい」と話していました。
また、名誉教授の授業を受けたことがあるという大学院の女子学生は「とても優しく授業も分かりやすかった。豪快でパワフルないい先生だったので信じられない。うそであってほしいが、本当ならショックだ」と話していました。

【名誉教授は現在、大学院法学研究科で英米法などの授業を担当しているほか、総務省の委託を受けて国の機関に対する国民の苦情や相談に応じる行政相談委員の東京の協議会会長も務めています。】w

【名誉教授は取材に対し、金を借りた相手が山口組の幹部だと認識していたとしたうえで、「日頃からつきあいがあり、軽い気持ちで借りた。これまで返済を求められていないので借りたままだが、そのうち返すつもりだ。反社会的勢力だからすべてが悪いというのはおかしいと思う」と説明しています。】w

【日頃からつきあいがあり、】w
うんうん。そうだろうね。

【「法律に携わる者がそういった金に絡んだのはよくない。暴力団などの反社会的勢力に関する判例も積み重ねられているなか、そういう金のやり取りがあったことについて大学側は事情を聞いてしっかり調べてほしい」】
法律に携わる者が2000万円の報酬で山口組に対し、どんな便宜を図ることができたのかを考えるべき。

過去に辞検が山口組の弁護士になったことあったけど、その理由を深く考えてほしい。

これって大学の教授が名誉教授になって、もっと出世すると山口組の幹部になるっていう種明かしなんだろーな。じゃぁ文科省の幹部と山口組の幹部て同一人物なんじゃね。

文科省は不登校児に心療内科や精神科を紹介して向精神薬を飲ませてる。これって山口組のヤクザがシャブ売って儲けてるのと一緒やーん。と思ってたんだけど、そういうことなんだろ。

文科省はスポーツ使って北朝鮮に出入りしてる。ヤクの文科省ルートがあるんじゃね。きっとあるわな。核兵器と精神薬と山口組と文科省。たぶんこの他にサイバー兵器というのもあるんだろ。

とゆーわけで安倍政権の丁寧な説明は続いている。

最先端の薬治験、治療法ない重篤患者受け入れ…来年から


 厚生労働省は来年早々にも、有効な治療法のないがんや難病などの重篤な患者らが、未承認薬の治験(臨床試験)に人道的見地から参加できる制度を創設する。別の持病があるなど治験対象外の患者でも参加でき、患者の経済的負担も軽くすむ点が特徴だ。患者は最先端の治療薬に回復の望みを懸けることが可能になる。

 同省は年内に関係省令を改正する。新制度の対象は、最終段階の治験が行われている未承認薬。初期段階の治験で、副作用に関する安全性や効果などが一定程度確認されているためだ。

 新制度では、治験の情報を独立行政法人「医薬品医療機器総合機構」のホームページで原則的に公開させる。現行の治験は、製薬会社と担当医らしか知らないケースも多い。治験情報を入手した患者らは、主治医を通じて参加希望を伝え、主治医が担当医と協議し、製薬会社が治験参加を判断するという流れだ。治験は、未承認薬と偽薬を使って効果を比べるのが一般的だが、人道的治験では偽薬を使わないことを基本とする。
(2015年11月9日 読売新聞)

そして同じ日に、王禅寺の人体実験を再開のニュースがポダムから。

人道的な国家が、核兵器を原発で擬装したり、何年もかけて安全装置を1つずつ外していき4基メルトダウンさせたり、不登校になった生徒に向精神薬を服用させて精神薬テロの実験をしたり、イスラム国を勃発させたり、サイバー兵器で世界中で不正選挙をやったりはしないでしょーな。

決して人道的ではない土人が人道的なんて言葉を使うとこがキモいですなぁ。

米メディアが衝撃報道 「東京五輪はヤクザ・オリンピック」
2014年2月14日 (デーリービーストHPより)

「The Yakuza Olympics」――。月間1500万の読者を抱える米国最大級の老舗ニュースサイト「デーリー・ビースト」が、こんなタイトルのリポートを掲載し、世界に衝撃を与えている。東京五輪のキーマンと広域暴力団のつながりにスポットを当て、6年後に対する懸念を示したものだ。

 そのひとつが、JOC副会長の田中英寿氏(日大理事長)と指定暴力団住吉会の福田晴瞭会長の関係。〈田中英寿氏は福田会長と過去においてよい友人であった。また彼が山口組のボスの少なくとも1人、さらにはほかの暴力団の構成員とも友人関係を維持していることを示す書類もあった〉と紹介している。

 また、組織委員会会長に就任した森喜朗元首相についても、〈以前にヤクザとつながりがあったと日本の報道機関(毎日新聞、週刊文春など)が報じている〉〈森氏は犯罪組織のボスの息子の結婚式に出席したし、ヤクザが支援する右翼団体のリーダーと親しかった〉と指摘。〈警察筋によると、この両名が過去にどの程度ヤクザと関わりを持っていたか、そして犯罪組織と現在つながりがあるかについて、調査中であるとのことだ〉と書いた。

さらに、2020年のオリンピックの建設費用が38億ドルと推定されているとした上で、〈田中氏、あるいは森氏さえもが犯罪組織を五輪へつなげる口利きの役割を果たしているかも知れない、と警察は心配している〉と続けているのだ。

 もちろん黒い交際は昔のことかもしれないし、暴力団への利益供与を考えているかも不明である。だが、「スポーツを実践することを通じて若者を教育し、平和でよりよい世界の建設に貢献する」(オリンピック憲章)という哲学にかなう人物とも思えない。

 リポートを書いた「デーリー・ビースト」の調査報道記者、ジェイク・アデルシュタイン氏が、改めてこう言う。

「日本の広域暴力団は米国政府のブラックリストに載っています。米国内の資産は凍結され、米国内の企業との取引も禁止されている。今も付き合いがあるのかどうかは分かりませんが、少なくとも彼らがJOCの副会長や組織委員会の会長を務めるのは、米国の政府にとっても選手にとっても良くないこと。五輪に関与することには疑問があります」

 米ニュースサイトの報道について、JOCは「特にコメントしない」としたが、このまま開会式を迎えれば、日本は世界の恥さらしになってしまう。

日本大学名誉教授と山口組。 (2016年5月19日)電通は東京五輪招致汚職の中心にいた。 住吉会とJOC副会長。

リンク先がエラーw

しかしすごい写真ですなぁ。 田中英寿JOC副会長(日本大理事長)が住吉会と山口組に二股かけてる。 PL学園出身の清原のシャブにつながるわけか。

オリンピックは文科省の統制下にある。PL学園のシャブ、清原、シャブばばぁ、大学病院、暴力団、日本大学。 ここまでくるとシャブが国策ではないと言うほうがおかしいでしょ。

暴力団の正体は警察だな。文科省はプロ野球とオリンピックでシャブの効果を世界にアピールしてる。

ジャーマンウィングの副操縦士を操ったのも向精神薬だった。

【GW速報】日大に撒かれたファクタ記事

日大の危機管理学部は官僚とヤクザの司令塔やるのか?w

【田中氏と6代目のツーショットが問題になった直後、文科省幹部は「田中副会長の続投は有り得ない」と語っていたが、「偽物かもしれない」という竹田恆和JOC会長の判断により、責任うやむやの「続投」を許した経緯がある。】w

竹田恆和JOC会長が電通を擁護するのは当然だった。

國松孝次元警察庁長官w

警視庁広報課長時代に発生したあさま山荘事件の際には広報担当幕僚として長野県警に派遣され、取材陣の対応にあたった。1994年、中学、高校、大学の先輩にあたる城内康光の後任として警察庁長官に就任。在任中はオウム真理教事件といった難局を迎えた。1995年3月の警察庁長官狙撃事件で何者かに銃撃され、一時危篤状態となったが、回復し2ヶ月半後に復帰した。
うわー、「あさま山荘」と「オウム」w
そうだった。オウムに尻を撃たれたんでしたなw

関連する知識がないと、この記事の意味はわからない。 この日大に巻かれたファクタの記事が土人国家の全体像の裏付けになっている。

警察官僚亀井静香を政治家に転向させた「浅間山荘」事件の背景【5】

文藝春秋6月号。「三島由紀夫自決からあさま山荘事件まで」の特別企画の証言に亀井静香代議士が登場、当時、警視庁警備局公安第一課課長補佐として「あさま山荘」事件の作戦に加わっていたことに衝撃を受けた。
あぁ、わかった。
それで法務省の公安調査庁から日大の危機管理学部に天下っているんだ。
亀井静香のホラッチョ劇団型危機管理学部かぁw

このブログで「あさま山荘」といえば神保玲子ですなw

投稿されたコメント:

コメント
コメントは無効になっています。