弁財天

ゴフマン「専門家を信じるのではなく、自分自身で考えて判断せよ」

ダウンブレンドの輸出許可証 update3

GE日立GLEを調べたときにショウ・アレバ・MOXサービス(Shaw Areva MOX Service)が露のHEUをダウンブレンドしてLEUにしている事実が判っている。なので米のアレバ社が輸出するウラン燃料はダウンブレンド。

XSNM3724 泊1号機と3号機へ アレバ社製LEU4.85% 11,467kg ペンディング
XSNM3717 高浜12/美浜3へ アレバ社製LEU4.65% 6,650kg 2012年6月21日輸出完了
XSNM3721 玄海2 アレバ社製LEU4.85% 5,419kg 2012年6月28日輸出完了
PWRのウラン燃料はダウンブレンドか。

ML12192A432

XSNM3627/02 三井物産/Mitsui & Co. (U.S.A.), Incが申請した4.95%のLEUの輸出先がフクイチ6号機から柏崎刈羽1-7に変更になってペンディング状態(Date to Exec Br 2012/7/23) 。 このLEUはML100560487からオーストラリアとカナダのウラン鉱石をEURATOMで濃縮したものであることが判明。 BWRは過酷事故時に冷却できなくなるのでさすがに使ってないのだ。
ML12268A089

フクイチ3号機と同じ「実験的」な燃料だったらどうなるのだろう。またキノコ雲になるのか。 アレバに問い合わせれば「ウランはウランで性質は変わらない。同位体の比率が違うだけだからテストは必要ない。」と言うだけなのだろうな。

投稿されたコメント:

コメント
  • HTML文法 許可