弁財天

ゴフマン「専門家を信じるのではなく、自分自身で考えて判断せよ」

フォート・デトリック→ウィニペグ→武漢ウイルス研究所(Wuhan Institute of Virology)… update6

2019年6月28日
〜8月27日
「米で200人以上の肺線維症(pulmonary fibrosis)による呼吸不全で死亡するケースが報告されているが、この症状を肺線維症で説明することはできない」台湾の薬理学教授・潘懐宗w、CDC報告(2019年9月5日) 「アメリカでは6月末以降、原因不明の肺疾患にかかる10代から20代の若者が多発し、8月末までに215人にのぼっています。多くが入院し人工呼吸器などを使っての治療が必要な重い症状だったとのことで、その中でイリノイ州の30歳の男性が死亡しました。」w
2019年7月5日邱香果博士(Dr.Xiangguo Qiu)とスタッフがウィニペグの国立微生物学研究所(National Microbiology Laboratory)を規定違反で解雇される【武漢封城作戦】邱香果博士(Dr.Xiangguo Qiu)が2019年7月から準備w。ウィニペグの国立微生物学研究所(National Microbiology Laboratory)…
2019年8月2日CDCの安全性検査不合格閉鎖命令(7月)で、フォート・デトリックの米陸軍感染症医学研究所(U.S. Army Medical Research Institute of Infectious Diseases)が閉鎖される
2019年9月16日シベリアのウィルス研究施設が爆発炎上…←ノボシビルスク と東側ルートかぁ、どーりでギフハフ団の昆虫兵器とか日産とかでてくる訳だわw。日産、武漢、ノボシビルスクを経由してキプロスまでいって対岸のヨルダンとカタール。日産のゴンとキャロル・ナハスのマネロンルートはフランス、レバノン、ブラジルまでつながるw
COVID-19はHIVの部分コードを6ヶ所も切り貼りされているw
2019年10月3日「中国のレベル4実験室のスタッフを訓練してカナダ政府の科学者が捜査対象になる。」 2017年から2018年に少なくとも5回中国に旅行してレベル4実験室の科学者や技術者を訓練していたとーかw

新型コロナ“対中陰謀説”追及にフランスも参戦か!? マクロン大統領「私たちが知らないことが明らかにある」 (1/2ページ)
2020.4.18
空母「シャルル・ドゴール」でも感染が広がり、さすがのマクロン大統領(写真)も言わずにはいられないか(ロイター)
地中海に展開するフランスの原子力空母シャルル・ドゴール=2019年3月(ロイター)
2日、米ホワイトハウスで記者会見するトランプ大統領(AP)
習近平氏(AP)
 新型コロナウイルスの世界的大流行(パンデミック)をめぐり、エマニュエル・マクロン大統領率いるフランスが、米国に続いて「中国・武漢の生物研究所から流出」「中国政府による情報隠蔽」といった疑惑の検証・追及に乗り出す可能性が出てきた。自国内で感染者や死者が多発しているからだ。フランスが誇る原子力空母「シャルル・ドゴール」の艦隊でも多数の感染者が確認されている。
 「起きていながら、私たちが知らないことが明らかにある」
 マクロン氏は、新型コロナウイルスの感染拡大についてこう語り、中国政府による情報隠蔽を示唆した。英紙フィナンシャル・タイムズ電子版が16日、インタビューを報じた。
 世界保健機関(WHO)のデータ(17日)によると、フランスの感染者は10万7778人、死者は1万7899人。欧州では、イタリア(同16万8941人、同2万2172人)や、スペイン(同18万2816人、同1万9130人)の被害に匹敵する。
 特に、フランスが誇る原子力空母「シャルル・ドゴール」を含む艦隊で感染が広がっていることは深刻だ。軍衛生部門幹部は17日、艦隊での感染確認は全約2300人の約4割に当たる940人に増加したことを明らかにした。
 シャルル・ドゴールは、全長261・5メートル、全幅64・4メートル、満載排水量4万3182トン。米海軍以外で唯一の原子力空母で、戦闘機「ラファールM」や、攻撃機「シュペルエタンダール」、早期警戒機「E-2Cホークアイ」などを搭載する。核兵器の運用も可能。同艦隊での感染拡大は、フランスや欧州の安全保障にも影響しそうだ。
冒頭のインタビューでは、「死のウイルス」への対応で、欧米の民主国家は、中国のような強権的な政府に比べて弱さを示したのではないか-という質問があった。
 これに対し、マクロン氏は、情報が自由に流れ、市民が政府を批判できる国と、真実が隠される国では比較にならないと指摘し、「中国の方がうまく対応したというのは、あまりに無邪気だ」と主張した。
 新型コロナウイルスについて、複数の米国メディアが、中国・武漢市の生物研究所から流出した可能性が高いと報じた。中国政府が偽情報工作まで展開したという報道もあるが、中国政府は否定している。
 米紙ウォールストリート・ジャーナル(日本語版)は18日、米軍制服組トップのマーク・ミリー統合参謀本部議長が「多大なる関心を持って情報当局が調査を実施することに、驚きは全くないはずだ」と記者団に語ったと報じた。
 フランスは科学技術で中国と協力関係にあったとされる。もし、米国主導の疑惑検証に加われば、「中国の闇」が明らかになるかもしれない。

まぁ中国の数字で議論するなら韓国と日本はどうなのかということになるのだよw )マクロンw

イランが、新型コロナ遺伝子情報連鎖の解明に成功 4月 18, 2020 15:28 Asia/Tokyo
イランによる新型コロナ遺伝子情報連鎖の解明
イラン人研究者らが、国内で初めて新型コロナウイルスの遺伝子情報(ゲノム)連鎖と、これまで不明だった遺伝子での解明に成功しました。
イラン生物工学協会のゼイノリー会長は17日金曜、「現在までに、およそ4000通りの決定的な遺伝子連鎖が確認され、その大半は米国のものだ」とした上で、「イラン人研究者らは、制裁の厳しい条件下で新型コロナウイルス遺伝子情報連鎖の解明に成功した」と述べました。
また、学術機関および一般社会における“新型コロナウイルスの突然変異”というテーマに触れ、「新型コロナウイルスがイラン国内で突然変異し、しかも常に変異を起こしているする説がある」とし、「だが、イランおよび他の場所でのウイルス遺伝子連鎖の種類が確認されたことから、この説は否定された」としました。
さらに、「新型コロナウイルスの遺伝子連鎖パターンが解明されたことで、この情報をこのウイルスのワクチンや医薬品を製造する際にすべての国が活用でき、特定の国や社会が独自のワクチンを製造する必要はなくなった」と語りました。
生きている細胞やウイルスはすべて、その生存に関わる遺伝子構造を有しています。新型コロナウイルスの遺伝子構造はRNA型になります。
このウイルスは、人間の細胞の内部に侵入したとたんに増殖し、類似したウイルスを生産、新たに作られたウイルスが排出された後にはそれぞれのウイルスがほかの細胞を攻撃するという仕組みになっています。

イランがウイルスが米国製であることを突き止めて、さらに複数バージョンも存在しないのでワクチンはひとつ開発すればいいと言っている…

ペルシャやるなーw

たぶんワクチンはレムデシビルだ。スピン・ウイルス感染ならラムズフェルドのワクチンで治るはず。 問題は北極にオゾンホールがあるかぎり北半球で肺炎で死んでしまう患者は消えないてこと…

ペルシャは隣国カザフのBN350廃炉で経験してるのだろう。

まったく世の中って知らない方がいいことばかりだ…

ワールド2020年4月18日 / 08:30 / 9時間前更新 情報BOX:資金拠出停止に直面するWHO、どんな組織なのか Kate Kelland 2 分で読む
[ロンドン 16日 ロイター] - 世界保健機関(WHO)にスポットライトが当たっている。新型コロナウイルスとの地球規模の闘いを支える一方で、米トランプ政権からの資金拠出停止に直面しているためだ。
WHOとは何か、何をしているかについて主な点をまとめた。
<WHOとは何か>
1948年に発足した国連の専門機関。世界の保健衛生レベルの向上を目指す。150カ国にある事務所と6つの地域機関、本部ジュネーブで総勢7000人以上が働く。
事務局長は現在、エチオピア出身のテドロス・アドハノン氏。任期は5年で、テドロス氏の任期は2017年7月1日に始まった。
<何をしているか>
設立目的に「保健健康を促進し、世界の安全を維持し、弱い者に奉仕する」を掲げる。
各国・地域の政府に対し保健政策を強制する権限はないが、助言役として活動。疾病予防と保健改善に向けた最善の実践について指針を提供する。
主なものは3つある。
・あらゆる国で、だれもがアクセスできる保健衛生を目指す
・保健衛生の緊急事態を予防し、発生した場合は対応する。
・すべての人への健康と安心を促進する。
<WHOが行わないこと>
多くの国際機関と同様、WHOは活動の範囲や使える資源について誤解を受けている。
WHOは「世界の医師」ではない。治療行為や疾病の監視はしない。ただし、そうした事柄について、各国当局ならびに国際的な当局に助言する。
制裁を科す権限はない。発表する情報も、加盟国や専門家から得るデータや専門知識を照合し、発表しているだけだ。
<加盟国の状況>
加盟国は現在194カ国。リヒテンシュタインは国連には加盟するが、WHOには加盟していない。
WHOの世界保健総会は各加盟国が任命する代表で構成し、年1回開催、WHOの諸方針を定める。総会で毎年改選される執行理事会が実行する。
<誰が拠出するのか>
拠出金には義務的な「分担金」と、自発的な「任意拠出金」の2種類がある。WHOの予算は2年制だ。2020-21年予算は約48億5000万ドルで、その前の2年間から9%増えた。
分担金は、加盟国の富や人口など経済規模に応じて計算される。
 4月16日、世界保健機関(WHO)にスポットライトが当たっている。写真はスイス・ジュネーブで撮影されたWHOのロゴ。1月30日撮影(2020年 ロイター/Denis Balibouse) 任意拠出金は、拠出者がしばしば、特定の地域ないし、ポリオ(小児まひ)やマラリア、貧困地域の乳幼児死亡といった特定の疾病・症例への対応を目的に決める。
慈善活動財団や、欧州連合(EU)の欧州委員会といった多国間で構成される機関も主要な拠出者だ。
米国は分担金と任意拠出金と合わせて最大の拠出国で、19年末までに18─19年分として8億ドル超を拠出した。
米マイクロソフト創業者ビル・ゲイツ氏と妻の慈善団体、「ビル・アンド・メリンダ・ゲイツ財団」の拠出額が2番目に多く、3番目は英国だ。
<過去の主な成功と失敗>
WHOが広く信頼を勝ち取ったのは、1970年代に行った10年に及ぶ天然痘根絶の活動だ。ポリオ根絶の世界的な取り組みも主導しており、これは最終の段階に差し掛かっている。
ここ数年は、コンゴ(旧ザイール)のエボラ出血熱やブラジルのジカ熱に対しても調整役を担っている。
現在の新型コロナでは、WHOの指導力は多方面から称賛されているが、トランプ米大統領からは、中国寄りで、拡大の初期段階に間違った助言をしたと非難されている。
トランプ氏は今週、WHOが「基本的な職務に失敗した」とし、米国の拠出停止を表明した。この発表は世界の多くの指導者から批判を呼んでいる。
WHOは過去に、09─10年の新型インフルエンザ流行に過剰反応したとして非難されたことがある。14年の西アフリカでのエボラ出血熱発生に対しては、十分に迅速な対応をしなかったとの批判が広がった。このときのエボラ出血熱死者はその後、1万1000人を超えた。
私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
【米マイクロソフト創業者ビル・ゲイツ氏と妻の慈善団体、「ビル・アンド・メリンダ・ゲイツ財団」の拠出額が2番目に多く、3番目は英国だ。】w

WHOは中国ではなくビル・ゲイツの傀儡だったのだw

これでCOVID-19事件の全貌が判明したことになる…

「昨年11月に米中の首脳は知っていた」軍医学情報所(NCMI)が武漢で謎の肺炎が流行していると2019年11月後半に報告…

フォート・デトリックからウィニペグを経由して武漢にバイオテロ兵器は輸送された。

2019年7月から武漢封城を準備していたのはオゾンホールが北半球に出現したからだ。

この作戦の実行を決めたのはG20大阪だろう。すし詰めの会議室でG20リーダー達にワクチン感染させた…
BoJoは漏れたw

【COVID-19自爆テロの動機】南極から北極にオゾンホールが移動した。大気のイオン化をスピン…

真相が表面化すればバイオ兵器の方が北半球に出現したオゾンホールよりまだマシだと思いはじめるだろう…

まずこの騒動を理解するにはハイテーブルやIAEA、WHOがやってきたことを理解する必要がある。

バイオテロ兵器だったのだからラムズフェルドの会社がワクチンを持ってても不思議はない…

投稿されたコメント:

コメント
コメントは無効になっています。