弁財天

ゴフマン「専門家を信じるのではなく、自分自身で考えて判断せよ」

「戦争は神。人間に犠牲を要求する神。 その見返りに戦争は人に目的、意味、出世するチャンスを与える…取るに足らない死ぬ運命の自分を超えさせ勇敢で高潔で元気にする!」update2

ニセの右傾化はヒトを消耗品に仕立て上げるため
の続き。


「…同じ過ちはけっしてしない」
Mankind is another story altogether. What one does when faced with the truth is more difficult than you think. I learned this the hard way. A long, long time ago. And now, I will never be the same.


男「パーティーを楽しんでいますか?」
Enjoying the party?


女「私たちがお祝いするものが何か分からないのですが」
I confess, I'm not sure what it is we're celebrating.


男「もちろんドイツの勝利です」
A German victory, of course.


女「勝利ですか?」
Victory?


女「しかし平和がとても近くなったと聞きますが」
When I hear peace could be so close.


男「平和?」
Peace?


男「ただの休戦だ」
There's only an armistice


男「終わりのない戦争のなかの」
in an endless war.


男「トゥキディデスが…(古代ギリシャの歴史家)」
Thucydides.


女「古代ギリシャ語を知っているのですか?」
Ah! You know your Ancient Greeks.


男「彼らは知っていた…」
They understood


男「戦争が神だということを」
that war is a god.


男「人間に犠牲を要求する神」
A god that requires human sacrifice.


男「その見返りに…」
And in exchange,


男「戦争は人に目的を与え、」
war gives man purpose,


男「意味、出世するチャンスを与える」
meaning, a chance to rise above


男「彼の取るに足らない死ぬ運命の小さな自分を超えさせ」w
his petty, mortal, little self


男「勇敢にして」
and be courageous,


男「高潔に、元気にする!」w
noble, better!


女「神々の中で1人だけがそのような信念を持っていました」
Only one of the many gods believed in that.


女「彼は間違ってた」
- Mmm.
- And he was wrong.


女「あなたは神々について何も知らない」
You know nothing of the gods.

モサドが想像するダークサイドは「ひえもんとり」までは逝ってない気がする。
薩摩藩の「ひえもんとり」と台湾と中国の「臓器狩り」

なんと。レバノンまでステマで映画のヒットに協力w。でもモサドの分析は正しいと思うぞ。

庶民としてはこっちのシーンが好き。

For all his talk of shooting,


he cannot shoot.


Not everyone gets to be what they want to be all the time.


Me, I am an actor.


I love acting.


I didn't want to be a soldier.


But I'm the wrong color.


Everyone is fighting their own battles, Diana.


Just as you are fighting yours.

投稿されたコメント:

コメント
コメントは無効になっています。