弁財天

ゴフマン「専門家を信じるのではなく、自分自身で考えて判断せよ」

【サプライ・チェイン攻撃】ウィプロ(Wipro)がハックされて、そのインフラを踏み台に顧客が攻撃されたらすいw update5

ウィプロが顧客にサプライ・チェイン攻撃されたことを認めたw
“[Victims] traced malicious and suspicious network reconnaissance activity back to partner systems that were communicating directly with Wipro’s network,” according to the sources.
「(犠牲者)は悪意がありつ疑わしいネットワークの偵察活動を、直接ウィプロのネットワークと通信している協力会社のシステムまで追跡した。」w

下請けや仕入先のサプライ・チェインを調べて商流を乗っ取るためにStuxnetを使うのかw。なんて悪質な…w。心当たりが…w

ギフハフ団で例えれば…、養豚のサプライ・チェインを死体の処分に使うためには、まずコントロール下に置かなければならないわけで、その下請けが言うこと聞かない場合はサイバー攻撃で事故を起こして業績を墜落させ買収してしまうわけですな。その後はエコフィードに使ったり、マネロンに使ったりw。

いやいや、犯罪に関わってなくても、仕入先がどこから仕入れているのかを調べて、上流と直接取引するのは商売の基本中の基本だからなぁ。

ふつうに経産省か?w

「すべての攻撃の半分の目的はサプライ・チェイン。今日の攻撃者は関連会社と供給会社を含むすべてのシステムを所有することを望んでいる。」w
最近どこかで聞いたよーなw。ファーウェイだわw。
アフリカ進出とIBMのコンサルで拡大したファーウェイ

工場に侵入してBMIテロを起こしていた人工知能(キュレーター/RPA/Robotic Process Automation)の目的はサプライ・チェインの破壊と乗っ取りw

Indian information technology (IT) outsourcing and consulting giant Wipro Ltd. [NYSE:WIT] is investigating reports that its own IT systems have been hacked and are being used to launch attacks against some of the company’s customers, multiple sources tell KrebsOnSecurity. Wipro has refused to respond to questions about the alleged incident.
Earlier this month, KrebsOnSecurity heard independently from two trusted sources that Wipro — India’s third-largest IT outsourcing company — was dealing with a multi-month intrusion from an assumed state-sponsored attacker.
Both sources, who spoke on condition of anonymity, said Wipro’s systems were seen being used as jumping-off points for digital fishing expeditions targeting at least a dozen Wipro customer systems.
The security experts said Wipro’s customers traced malicious and suspicious network reconnaissance activity back to partner systems that were communicating directly with Wipro’s network.

投稿されたコメント:

コメント
コメントは無効になっています。