弁財天

ゴフマン「専門家を信じるのではなく、自分自身で考えて判断せよ」

WILLCOM03をUSBモデム接続

WILLCOM03をモデム設定にしてFedora10にUSB接続する
USBデバイスは認識されるが、/dev/ttyUSB0が作成されない

usbserialモジュールにoption設定が必要らしい 参考

WILLCOM03のUSBベンダーIDとプロダクトIDを調べる

$ lsusb|grep Sharp
Bus 006 Device 006: ID 04dd:9242 Sharp Corp.
$

 

optionsを1行だけ書いた /etc/modprobe.d/usbserial ファイルを新規作成する

options usbserial vendor=0x04dd product=0x9242

 

visorとかipaqカーネルモジュール関連は無関係

rmmod visor
rmmod ipaq

 

usbserialモジュールをリロードする

rmmod usbserial
modprobe usbserial

 

dmesgの内容

usbcore: registered new interface driver usbserial
usbserial: USB Serial support registered for generic
usbserial_generic 6-2:1.0: generic converter detected
usb 6-2: generic converter now attached to ttyUSB0
usbcore: registered new interface driver usbserial_generic

 

/dev/ttyUSB0ができたか確認する

# ls -l /dev/ttyUSB0
crw-rw---- 1 root uucp 188, 0 2009-04-25 12:29 /dev/ttyUSB0
#

 

システム→管理→ネットワークで/dev/ttyUSB0を指定して
"prin"の名前でppp接続を構成 参考手順

Fedora10ではダイヤルアップ時の電話番号、ユーザID、パスワードは
/etc/wvdial.confに保存される
ppp起動は/etc/sysconfig/network-scripts/ifup prin
デバッグ関連のメッセージは/var/log/messages

投稿されたコメント:

コメント
コメントは無効になっています。