弁財天

ゴフマン「専門家を信じるのではなく、自分自身で考えて判断せよ」

Win10のWi-Fiが使えなくなったときの復旧方法。

古いノートPCのWin10をいじくってたら、なんと無線LANが使えなくなった。 ハードの問題かと思って外付けUSBハードディスクからFedora25を起動すると何も問題がないことを発見。 しかもFedora25だとブラウザもネットもサックサク動いてしまうw。 どうも無線LANのドライバとWin10が噛み合わなかったみたいだw。

「Qualcomm Atheros AR5BWB222 Wireless Network Adapter」のWin10のドライバが動かなくなってる。

どういう状態かとゆーとSSIDの一覧が一件もでない状態。
デバイスマネージャーではワイヤレスデバイスは動いてるよーに見える状態。

C:\WINDOWS\system32>netsh wlan show network

インターフェイス名 : Wi-Fi
ワイヤレス ローカル エリア ネットワーク インターフェイスの電源が切断されているため、要求された操作はサポートされません。



C:\WINDOWS\system32>

C:\WINDOWS\system32>netsh wlan show network

Interface name : Wi-Fi
The wireless local area network interface is powered down and doesn't support the requested operation.



C:\WINDOWS\system32>


  1. スタートを右クリック
  2. 「デバイスマネージャー」を起動
  3. 「ネットワークアダプター」の中
  4. 「Qualcomm Atheros AR5BWB222 Wireless Network Adapter」を右クリックで「無効 」
  5. 「Qualcomm Atheros AR5BWB222 Wireless Network Adapter」を右クリックで「削除」
  6. 「ハードウェア変更のスキャン」
  7. 管理者のコマンドプロンプトでnetsh wlan show networkでSSIDの一覧が表示されるのを確認。

ドライバを最新に更新したら無線LANが動かなくなったので「無効」にして「削除」して Win10付属のドライバにダウングレードしたってこと。

投稿されたコメント:

コメント
コメントは無効になっています。