弁財天

ゴフマン「専門家を信じるのではなく、自分自身で考えて判断せよ」

誰のサリンか? update2

シリア軍の化学兵器弾頭にはセンサーが仕掛けれていてサリンを充填すると信号を発するようになっていた。センサーからの信号はNROの衛星で監視されていた。そしてサリンが撒かれて3日後にセンサーが反応。これがシリア軍がサリン攻撃に関与してない証拠になる。

NROのセンサーが動いたのはサリン攻撃の3日後だったのに、9月10日オバマが米情報機関が3日前にサリン弾頭の準備を始めたと演説。え?そなのか。シーモア・ハーシュはピュリッツアー賞を受賞したジャーナリスト。

Whose sarin?Seymour M. Hersh

The Post report also provided the first indication of a secret sensor system inside Syria, designed to provide early warning of any change in status of the regime’s chemical weapons arsenal. The sensors are monitored by the National Reconnaissance Office, the agency that controls all US intelligence satellites in orbit. According to the Post summary, the NRO is also assigned ‘to extract data from sensors placed on the ground’ inside Syria. The former senior intelligence official, who had direct knowledge of the programme, told me that NRO sensors have been implanted near all known chemical warfare sites in Syria. They are designed to provide constant monitoring of the movement of chemical warheads stored by the military. But far more important, in terms of early warning, is the sensors’ ability to alert US and Israeli intelligence when warheads are being loaded with sarin. (As a neighbouring country, Israel has always been on the alert for changes in the Syrian chemical arsenal, and works closely with American intelligence on early warnings.) A chemical warhead, once loaded with sarin, has a shelf life of a few days or less – the nerve agent begins eroding the rocket almost immediately: it’s a use-it-or-lose-it mass killer. ‘The Syrian army doesn’t have three days to prepare for a chemical attack,’ the former senior intelligence official told me. ‘We created the sensor system for immediate reaction, like an air raid warning or a fire alarm. You can’t have a warning over three days because everyone involved would be dead. It is either right now or you’re history. You do not spend three days getting ready to fire nerve gas.’ The sensors detected no movement in the months and days before 21 August, the former official said. It is of course possible that sarin had been supplied to the Syrian army by other means, but the lack of warning meant that Washington was unable to monitor the events in Eastern Ghouta as they unfolded.

The sensors had worked in the past, as the Syrian leadership knew all too well. Last December the sensor system picked up signs of what seemed to be sarin production at a chemical weapons depot. It was not immediately clear whether the Syrian army was simulating sarin production as part of an exercise (all militaries constantly carry out such exercises) or actually preparing an attack. At the time, Obama publicly warned Syria that using sarin was ‘totally unacceptable’; a similar message was also passed by diplomatic means. The event was later determined to be part of a series of exercises, according to the former senior intelligence official: ‘If what the sensors saw last December was so important that the president had to call and say, “Knock it off,” why didn’t the president issue the same warning three days before the gas attack in August?’

Obama admin 'cherry-picked intelligence' to justify Syria strike
オバマ政権はシリア攻撃の判断に情報をチェリーピッキングした。

チェリー・ピッキング (英: cherry picking) とは、数多くの事例の中から自らの論証に有利な事例のみをならべたてることで、命題を論証しようとする論理上の誤謬、あるいは詭弁術。

スノーデンがアサドがサリン攻撃の命令だしたとか、シリア軍上層部の決定的な会話をNSAがもはや傍受できないというリークがあった。これもアサドの攻撃というオバマの根拠がぐらつく理由なのか。

アサドが先に化学兵器の武装解除をしてしまったことで、シリア国内でサリンを製造できるのはヌスラ戦線(al-Nusra Front)とイスラム教徒達だけになった。なので反政府勢力がサリンを使用をやめる可能性があるのだとさ。

NSAもNROもソースの情報機関職員も毎年10%ずつ軍事予算カットされてる人達でもあるからなー。ハーシュ自身もリークされたデータを信じてはいない。しかし反政府側がサリン製造可能であることをオバマが無視して戦争に導いたことを問題視してる。

シリアにサリンが撒かれ偽情報で戦争を起こそうとしたのは8月。1月は北京の300個の核弾頭と地下トンネル網の攻略方法を検討とかやってた。これって今年あった話だけど日本だけ切り離して考えるというのは才能か。まぁでも放射能だって自分だけは大丈夫と思ってたわけだし。そんなもんか。

NRO Releases Redacted Budget Book for FY2013
The budget document says the funding request for the NRO Inspector General was cut by 37% this year. 37%も予算カットされると政権に対して自爆テロみたいなことをするのかな。

スノーデンにNSAはシリア軍上層部の会話を何も傍受できないと指摘された。ハーシュも膨大な傍受記録を再検索してもアサドがサリン攻撃を命令した証拠は見つけられなかったと指摘。

アサドがやったとか反政府勢力がやったとか両陣営が根拠にしたのはYoutubeやSNSやブログなどオープンソースだった。そして情報機関が提出した証拠は証拠と呼べるような代物ではなかった。こういうのは新しい展開。機密とか秘密になればなるほど信ぴょう性としてソッポ向かれるという。

シーモア・ハーシュの記事が原因?やっぱそうだろうな。NROがシリア軍の化学兵器にセンサーを仕掛けていて、それが反政府軍の仕業であることを証明してしまった。そりゃー追い出されるわな。

投稿されたコメント:

ヌルサじゃなくてヌスラ

投稿者 nomo 投稿日時: 2013年12月16日 午後 12:11 JST) #

コメント
コメントは無効になっています。