弁財天

ゴフマン「専門家を信じるのではなく、自分自身で考えて判断せよ」

1億円の神奈川県職員がWHOに転職してしまうw update8

テドロスにスカウトされたんだろw、北島智子のような「店じまい」からの免責を条件にニコラスの裁判で証言するのでは?w

厚労省関東信越厚生局長の北島智子が精神薬テロで弟に殺害される。消される理由が多杉w。8月12日がメッセージになっている(2017年8月12日)

県が1億円超支出してWHOに派遣の職員、自己都合で退職し転職 2020/09/10 13:29
 神奈川県が、独自の健康増進政策を進めるために必要だとして、2016年からスイス・ジュネーブの世界保健機関(WHO)本部に派遣した女性技幹(46)が自己都合で退職し、WHOに転職した。県は女性の給与負担などで計1億円超を支出してきたが、目に見える成果は乏しく、「いずれは県に戻り、WHOで得た最新の知見を還元してもらう」という計画も頓挫した。県議会では当初から、派遣の効果に懐疑的な見方があり、それでも推し進めた県の責任が問われそうだ。(佐藤竜一)


 県によると、女性は医師で、16年6月に県に採用され、半年後の12月からWHOの高齢化部門に派遣された。病気になる手前の状態「未病」の改善と最先端医療技術を融合させると掲げ、黒岩知事が力を入れる「ヘルスケア・ニューフロンティア政策」。この独自政策に、WHOの知見を生かす狙いだった。
 ジュネーブのWHO本部への女性の派遣を巡っては、県議会で度々、取り上げられてきた。それだけの効果が見込めるのか、女性が県に復帰する保証はないのではないか。そう懸念する県議もいたからだ。
 18年11月の県議会決算特別委員会では、鈴木秀志県議(公明)の質疑に対し、県は「派遣期間が終了した後は県に戻り、WHOで得た知見、人材ネットワークを最大限に活用していただく」と答弁。県職員として働くのは「規定路線」だと強調していた。
 ところが、女性は先月までにWHOの採用試験に合格。今月から正規職員となった。派遣期間中、WHOの高齢者施策のガイドライン策定などに携わり、WHO側から昨夏、転職の勧誘があったという。女性は無断で話を進めたわけではなく、県に報告、相談しており、県側は本人の意思を尊重せざるを得なかった。
 派遣の成果について県は、3月から一般向けにサービス提供を始めた「未病指標」への女性の関与を挙げる。アプリを使い、自分がどんな「未病」の状態にあるかを数値で確認できるというもので、女性はWHO職員の立場から助言したといい、県の担当者は「それが県民に対する一番のフィードバックだ」と話した。
 ただ、こうした成果は県関係者でも一部しか把握しておらず、ある県幹部は「WHOに行ったことは知っているが、何をしていたかは知らない」と明かす。
 女性は今月7日付で県の非常勤顧問に就任。県は「引き続き連携はできる」としている。これに対し、複数の県議が「派遣した成果や県の対応について、今後、説明を求めていく」と追及の構えをみせている。

角 由佳(すみ・ゆか)
順天堂大学医学部附属浦安病院救急診療科先任准教授。日本救急医学会専門医・指導医。医学博士

大阪府生まれ。京都府立医科大学卒。大阪大学医学部附属病院特殊救急部(現大阪大学医学部附属高度救命救急センター)、大阪府立急性期・総合医療センターでの勤務、米国留学などを経て、現職。附属池田小事件、福知山線脱線事故、毒入り餃子事件など、数多くの事件・事故に救急医として携わる。

「附属池田小事件、福知山線脱線事故、毒入り餃子事件など、数多くの事件・事故に救急医として携わる。」w

順天堂大学医学部附属浦安病院→救急診療科 | 順天堂大学医学部附属浦安病院

2016.11.02 角由佳前先任准教授が、12月より世界保健機関(WHO:World Health Organization,Geneva,Switzerland)に派遣されることが決定致しました。

2016.06.13 角由佳先任准教授が神奈川県政策局ヘルスケア・ニューフロンティア推進本部室に異動となりました。

集中治療における静脈血栓塞栓症対策 角由佳 ICUとCCU; 2016;3: 217-222

日本版敗血症ガイドライン作成におけるアカデミック推進班の役割 江木盛時、井上茂亮、角由佳、林田敬、原嘉孝、福田龍将、松田明久、安田英人、矢田部智昭、山川一馬、山下和人、松嶋麻子、阪本壮、射場敏明、今泉均、垣花泰之、久志本成樹、小谷穣治、貞弘智仁、志馬伸朗、中川聡、中田孝明、布宮伸、林淑朗、藤島清太郎、升田好樹、松田直之、小倉裕司、西田修、織田成人、田中裕 第44回日本救急医学会総会・東京・2016年11月17日

日本版敗血症診療ガイドライン:血糖管理およびPICS・ICU-AWについて 井上茂亮、江木盛時、角由佳、林田敬、原嘉孝、福田龍将、松田明久、安田英人、矢田部智昭、山下和久、松嶋麻子、坂本壮、射場敏明、今泉均、垣花泰之、久志本成樹、小谷穣治、貞弘智仁、志馬伸朗、中川聡、中田孝明、布宮伸、林淑朗、藤島清太郎、升田好樹、松田直之、小倉裕司、西田修、織田成人、田中裕 第44回日本救急医学会総会・東京・2016年11月17日

敗血症患者に対する体温管理 久志本成樹、垣花泰之、松嶋麻子、松田明久、福田龍将、井上茂亮、射場敏明、今泉均、江木盛時、小倉裕司、小谷穣治、坂本壮、貞弘智仁、志馬伸朗、角由佳、林田敬、原嘉孝、中川聡、中田孝明、布宮伸、林淑朗、藤島清太郎、升田好樹、松田直之、安田英人、矢田部智昭、山下和人、西田修、織田成人、田中裕 第44回日本救急医学会総会・東京・2016年11月17日

敗血症に対する免疫グロブリン 今泉均、升田好樹、後藤孝治、早川峰司、安田英人、角由佳、井上茂亮、射場敏明、江木盛時、垣花泰之、久志本成樹、小谷穣治、貞弘智仁、志馬伸朗、中川聡、中田孝明、布宮伸、林淑朗、藤島清太郎、松嶋麻子、松田直之、西田修、小倉裕司、織田成人、田中裕 第44回日本救急医学会総会・東京・2016年11月17日

輸血、静脈血栓塞栓症(VTE)の予防と診断 松嶋麻子、角由佳、廣瀬智也、小倉裕司、西田修、井上茂亮、射場敏明、今泉均、江木盛時、垣花泰之、久志本成樹、小谷穣治、貞弘智仁、志馬伸朗、中川聡、中田孝明、布宮伸、林淑朗、藤島清太郎、升田好樹、松田直之、織田成人、田中裕 第44回日本救急医学会総会・東京・2016年11月17日

熱傷初期治療のプラスアルファを考える 井上貴昭、古川彩香、松本佑啓、小山泰明、榎本有希、下條信威、丸島愛樹、西野衆文、河野了、角由佳、田中裕 第44回日本救急医学会総会・東京・2016年11月17日

「助からない」ことに抵抗しない!?  1分1秒を争う救急医の驚異の判断力 ビジネス 公開日:2017/10/24
救急医 驚異の判断力 そのとき、医者、患者、家族は何を決断するのか
著: 角 由佳 出版社: PHP研究所 発売日: 2016/02/26
『救急医の驚異の判断力』(角由佳/PHP研究所)
 病気、大けが、中毒などによって急病で運ばれてくる患者の救急医療を任される救急医。患者の容体が急変するため、他の医師よりもスピーディで正確な判断と行動力が要求される職業だ。なぜ救急医は人の生死が関わる緊迫した状況で正確かつ迅速な判断を下すことができるのだろうか。『救急医の驚異の判断力』(角由佳/PHP研究所)では、現役救急医の角由佳さんが救急医の仕事を紹介しながら、その驚異の判断力について迫っている。

 私たちの人生は常に意思決定の連続であり、その素早さと正確性が人生を豊かにしていくと言っても過言ではない。明日、何か判断を下さなければいけない場面に出くわし、びくびくせず自信を持って立ち向かえるよう、ぜひ本書を参考にしてほしい。

■判断しないために準備する

 救急医の仕事は患者が救命救急センターに到着する前から始まっている。特に受け入れ前の5~10分は仕事が山積みで、そのほとんどがイメージトレーニングに費やしているそうだ。絶えずワーストケースシナリオを設定して、それに対応できる気持ちと備品の準備をしておく。

 研修医を指導する指導医でもある角さんは、研修医たちに具体的なイメトレの指示も出していく。患者が重症かそうでないか、患者に声をかける、酸素を投与する、エコー検査は誰がするのか、ひとつずつ口に出してチーム全体でシミュレーションを共有し、お互いの役割分担を決めていく。こうすることでいざ患者を目の前にしても「何をすればいいか分からない」と手を止めることもないそうだ。

 救急医に与えられている時間は限られている。だからこそできる限りイメトレをすることで、やるべきことを事前に仕込むことができ、患者を受け入れてからの行動が格段にスムーズになる。治療が始まってからの判断の負荷を減らせる。救急医の迅速な判断力の根底には、限られた時間の中で行われる圧倒的な準備があった。

■いつも通りにベストパフォーマンスを発揮

 救急医は、多くの死傷者が発生した事件や事故に対応することもある。角さんによると、緊急性の高い事件・事故を経験した医者は、それ以前と以後で、大きく変わるそうだ。「カオス」に対処する方法を身につけるらしい。

 たとえば、最善の結果を得るために患者の重症度に応じて治療対象者の優先度を決定する「トリアージ」と呼ばれる選別法がある。助からない患者、軽傷だから治療を後にする患者、一見元気そうで実は危ない患者を発見し、判断する能力が試されるのだが、この作業は患者が泣き叫ぶ戦場のような状況下で、平時のような冷静さを保ちながら挑む必要がある。非常事態に慣れていない医者ほど半興奮状態に陥り、「自分がなんとかしないと」という責任感から大声で指示したり、たった数秒が待てずに看護師の処置を急かしたり、現場を混乱させ、全体のパフォーマンスを下げるような行動に出がちだ。

 角さんは、災害時でも平熱を維持して治療ができる人、いつも通りにベストパフォーマンスを発揮できる人が強い医者だと断言している。これはまさしく、私たちが人生の大きな岐路に立たされたとき、誰かに大きな判断を任される状況に追い込まれたとき、ぜひ見習いたい心構えだ。

■救急医の生死観

 最後に、答えのない話をしたい。角さんが語る救急医の生死観だ。人の生き死にの瀬戸際に立ち会う救急医は、必然的に多くの患者の死を看取ることになる。角さんは自身が新米救急医だった頃と比べて、「助からない」ことに抵抗しなくなってきたそうだ。これは諦めとは違う。培ってきた経験と医学的な根拠によって、医療の限界を早めに察知するようになる。それは「命を救う」から「納得のいく最期を迎えられるようお手伝いをする」ことに意識を切り替える瞬間でもある。「痛みをとってあげよう」「家族が受け入れる時間を作ろう」「できるだけむくまないように、元気なときと変わらない顔にしてあげたい」。この意識の切り替えができず、最期まで死に抵抗してしまうのが若い医者や死と関わることの少ない科の医者だという。

 「奇跡が起こるかもしれない」と期待する家族もいる。こんなとき角さんは無理に説得することなく、「できる治療をやっていきましょう。ただ、ご本人に痛い思いをさせるのはやめましょう」と告げて、治療を続けるのだそうだ。患者の家族が患者を延命させるのも、延命させないもの正しい判断。その価値観をジャッジしないのが医者としての正しい姿勢ではないか。角さんはそう語りながらも、多くの医者は自身の生死について「延命してほしくない」と明言していることも本書で記している。しかし、いざ自分の子どもが同じ状況に陥ったとき、それが子どもではなく恋人だったとき、延命をするべきなのか? 延命は忌避すべきものなのか? 幸福なかたちの延命はないのか? 未だに自分の心の中で揺れ動いていることも吐露している。

 医療の発達によって、人は昔より生きている状態を長く維持できるようになった。だが、それは同時に無理やり生かされているように見えるときもある。人は死に逆らえない。だからこそ個人の生死観が尊重される時代になっており、それに寄り添う医者の姿勢も問われている。

 どんな人も人生を歩んでいるとドラマティックな瞬間が訪れる。そのとき私たちは自分の人生がより豊かになる正しい判断を下せるだろうか。あとで後悔しない決断を下せるだろうか。本書を読むと、否が応にも死について考えさせられる救急医の哲学が伝わってくる。辛い状況でも乗り越え、次の患者を救うために最善を尽くそうと日夜考え続ける彼らの姿がある。救急医から学ぶことは多い。私たちは自分のため、幸せにしたい誰かのため、人生というものを考え続ける必要があるのかもしれない。
文=いのうえゆきひろ

相模原の障害者施設に刃物男侵入。「県立津久井やまゆり園」は何やらあやしい施設(2016年7月26日)

横浜市が80代以上の老人50人を点滴に界面活性剤を混ぜて馬みたいに安楽死させた?国家公安委員長の仕事がぼんやりと見えてくるw(2016年9月25日)

金高雅仁が神奈川県警のディープステイトの臓器狩り体制で科捜研と外事課をヒントする…w(2019年4月24日)

神奈川県のポリシーには一貫性がある…w

【高齢者への出資は、「コスト」じゃない。「投資」だ。高齢者は「重荷」じゃない。社会に貢献する、大切な「資源」だ。】w

投資で資源w

WHOインターンで臓器移植分野を希望した筑波大の医学生みたいなブザンソンの世界…w

仏アルプスの町 #pontdebeauvoisin で結婚パーティーのさなかに9歳の少女が行方不明。ブザンソン事件の意味と目的がやっと判明する(2017年8月31日)

京都府警OBが山口組淡海一家「高山義友希(たかやまよしゆき)」総長の腎臓移植を京都府立医大に手配する国家とは?(2017年2月16日)

「康生会武田病院」と会津小鉄会系組員を不起訴。樋口文和京都府中京警察署長の天下りは虚偽の回答書で刑の執行を停止した報酬。いやいやそんな単純な話じゃないw。ついにボコハラムの司令塔が判明w(2017年6月23日)

樋口文和京都府中京警察署長が京都府立医大に天下っていた。京都精華大学大学生刺殺事件の捜査一課長だった。2017年のオレだとここで思考停止したw。被害者は京都精華大学マンガ学部マンガ学科1年だったんだよね…。2020年のオレだと京アニじゃん!と走る方向がまったく違うw

京都精華大学マンガ学部マンガ学科1年が滅多差しされたのは2007年1月15日。アニメ・イズ・デッド(2007年) by ヤマカン。2007年はヤマカンが言ってたオタクが兵器化された年だ…

【オタクの兵器化】ヤマカン研究。2007年にネット(2ch)にアニメ業界が屈した…(2019年7月30日)

投稿されたコメント:

コメント
コメントは無効になっています。