弁財天

ゴフマン「専門家を信じるのではなく、自分自身で考えて判断せよ」

「ホワイト国」除外延期 "We will encourage them to find a path forward" w update17

【サイバー在日特権】7payのパスワードと残高がリセットされて出口詐欺(Exit Scam)が確定したとーかw

サプライ・チェインでコントロールされない自立国を目指す韓国。これが周辺国が最も恐れている事態w
でも半島が統一されるのならHuaweiみたいな奇蹟が可能かもw

「経済報復と証明された」 安倍首相発言に韓国主張 カテゴリ:ワールド 2019年8月7日 水曜 午前6:10
日韓関係をめぐる安倍首相の発言について、韓国外務省がコメントを出し、輸出管理の優遇対象国、いわゆる「ホワイト国」からの韓国除外が、「過去の問題に起因した経済報復だと証明された」と主張した。
安倍首相は6日の会見で、日韓関係について聞かれた際、いわゆる徴用工問題を念頭に、「韓国が一方的に日韓請求権協定に違反する行為を行っている」などと述べた。
この会見に対して、韓国外務省の第1次官がコメントを出し、安倍首相の発言を根拠として、「優遇対象国」からの韓国除外が、「過去の問題に起因した経済報復だと証明された」と主張した。
「安全保障上必要な見直しだ」との日本の主張をあらためて否定したものだが、安倍首相の会見では、この輸出管理への具体的な言及自体なかった。

2019.08.06 15:30 安倍総理「韓国が国際条約を破っている」
安倍総理大臣は6日、広島市で会見し、対立が激化している日韓関係について、「韓国が、日韓請求権協定に違反する行為を一方的に行い、国際条約をやぶっている」と述べ、韓国側の対応に原因があると指摘しました。
韓国を輸出優遇国から除外する閣議決定を行ってから、安倍総理が日韓関係に言及するのは初めてです。

中間財で韓国に依存するソニー、日韓経済戦の結果は「共倒れ」? Record china配信日時:2019年8月6日(火) 15時20分
5日、韓国・朝鮮ビズは、日本と韓国が互いにホワイト国からの除外を決め、両国企業は打撃を免れない状況となった中、「日本ICT産業のプライド・ソニーも韓国の輸出報復に焦っている」と伝えた。
写真はソニーのロゴ。
日本と韓国が互いにホワイト国(輸出優遇国)からの除外を決め、両国企業は打撃を免れない状況となった中、韓国・朝鮮ビズが5日、「日本依存度の高い素材を使う韓国企業だけでなく、韓国ICT(情報通信技術)の中間財を使用する日本企業も打撃は免れない」と報じた。「ソニーまでも韓国の輸出報復に焦っている」と伝えている。
電子業界によると、ソニーはゲーム機、テレビ、スマートフォンという主要製品にサムスン電子、SKハイニックス、LGディスプレー、サムスンディスプレーなど韓国企業のDRAMとOLED(有機EL)を使用している。記事は「どちらも韓国が世界市場を席巻している代表的なICT中間財だ」と説明している。
ソニーの「プレイステーション」は世界のゲーム機市場でシェア半分を占める。プレイステーション4には高性能グラフィック用DRAM(GDDR5)が使用されており、そのほとんどをサムスン電子、SKハイニックスが納品しているという。市場調査会社の調べでは、今年1~3月期、世界DRAM市場のシェアはサムスン電子とSKハイニックスを合わせて72.6%に達している。
ソニーはテレビでは「ブラビア」シリーズを展開し、8K有機ELなど高度な技術力でプレミアム市場を攻略。有機ELテレビ市場シェアは1~3月期が19.6%で、LG電子(62.4%)に次ぐ2位となっているが、テレビの中核となるディスプレーパネルは全て韓国製だという。テレビ用大型OLEDパネルはLGディスプレーしか生産しておらず、8K以上の高解像度LCD(液晶ディスプレー)市場シェアは4~6月期にサムスンディスプレーが76.3%を占めている。
スマートフォンでは「エクスペリア」を展開しているが、サムスン電子、SKハイニックス製のDRAMが使われているほか、OLEDも電子業界関係者によると「スマホ用OLEDは事実上、全量を韓国から輸入している」という。モバイル用小型OLED市場は、サムスンディスプレーが1~3月期に世界シェア88%を獲得している。
さらに記事は「日韓貿易戦争拡大のリスクはソニーの株価にも反映されている」と伝えている。日本の対韓国ホワイト国除外発表の前日と当日では、ソニーの株価が顕著に下がったという。
最後に記事は「日本の輸出制裁が韓国のDRAM、ディスプレー生産に支障を来す可能性はあるが、ソニーもその余波を免れない構造」だと指摘。電子業界関係者も「日韓の『サプライチェーン』は緊密につながっている。経済制裁の被害は両国企業とも免れない。貿易戦争が続けば結果は共倒れしかない」と警鐘を鳴らしているという。
この記事に、韓国のネットユーザーからは「韓国は必ず勝利する。不買運動を生活化しよう!」「かつてソニーが世界を掌握しサムスンは見向きもされなかった。世の中、変わったものだな。サムスンの企業精神は嫌いだが、応援するよ」「日本の心配をしてやるほど、われわれは暇じゃない」「韓国が製品を売らないことより、もっといい復讐方法がある。メモリやOLEDの生産量を一部減らせば、国際価格が上がるはず。するとソニーや日本企業は高く買わなくてはいけなくなる。日本電子メーカーには打撃となり、韓国メーカーはもうかってうれしい。一石二鳥だ!」などの声が寄せられている。
また、「日本は韓国が経済報復をする前に6カ月は持ちこたえられるだけのDRAMとOLEDを輸入してあるらしい。ソニーにも、他の家電メーカーにも、影響はないと思う。こんな記事を書くなよ」という声がある一方、「共倒れ?日本は滅びるが韓国は違う。適当なことを言わないでほしい」「ソニーを心配してるのか」といった批判の声も多い。(翻訳・編集/麻江)
まさかのターゲットはソニーw

【グローバルアイ】「仲裁しようというワシントンの要人はいなかった」=韓国 [ⓒ 中央日報/中央日報日本語版] 2019年07月30日 08時10分
写真拡大 安倍晋三首相、トランプ大統領、文在寅大統領
日本の「ホワイトリスト(輸出優遇国)」除外という貿易戦争の拡大が迫っている。我々は米国を説得するために総力を傾けた。政府・国会・民間代表団20人余りがワシントンを相次いで訪れた。
兪明希(ユ・ミョンヒ)交渉本部長通商産業本部長、金鉉宗(キム・ヒョンジョン)青瓦台(チョンワデ、大統領府)国家安保室第2次長と丁世均(チョン・セギュン)元議長を含めた国会代表団、対外経済政策研究院など民間代表団が米政府・議会・シンクタンクを全方向から接触した。結論は終始一貫していた。「米国が介入や仲裁をすることはない。両国がうまく解決してほしい」だった。
マーク・ナッパー国務副次官補代行(日本・韓国担当)は25日に会った韓国議員にややつっこんだ内心を見せた。ナッパー副次官補代行は「日本政府と企業からかなり以前から韓日葛藤について聞いていた。韓国政府と企業家にも会って両国の立場は十分によく知っている」と話した。また「米国がどちらか片方に立って仲裁をすればもう片方の同盟と関係が損なわれかねない。米国ができる最善のことは韓日両国が対話できるように環境づくりをすること」と話した。米国の役割は韓日対話を促したり環境を整えたりする程度だという意味だ。トランプ式表現では「文大統領も良くて、安倍も特別な人」だからだ。
ある議員は「米国が仲裁に出るべきだという人は誰もいなかった」とし「米国が望んでいるのは韓日葛藤の渦中にサムスン電子や現代車が工場を米国に移転させることかもしれない」と話した。日本が輸出規制を発表する前日に訪韓したトランプ大統領がサムスン電子半導体工場を見て「一体あれは何だ。実にものすごい規模の建物」と言いながら、羨ましがる様子を隠そうともしていなかった様子が思い出されるためだ。
米国が同盟国の危機を利用するのではないかという心配は現実的に可能性の低い杞憂になり得る。半導体工場の立地選びは10年前から計画されていなければならない。むしろナッパー副次官補代行のように韓日葛藤を見慣れた者にとっては「韓日問題への介入は一筋縄ではいかないうえに、良い結果を見ることもない」という考えが固定化している。今年初めから多方面のチャネルを通じて韓日関係に対する懸念を伝えていたにもかかわらず、事態だけが悪化したことに対する疲労感も根底にある。
結局、我々は日本の戦争拡大に一人寂しく対抗しなければならない。日本のホワイトリスト除外が現実化される場合、年間200億ドル(約2兆1800億円)の被害対策から用意しなければならないだろう。文在寅(ムン・ジェイン)大統領が明らかにしたように損失を甘受しても日本依存を脱離する輸入先の多角化と国産化も避けられない。感情的な対応だけでは耐えることはできない現実だ。事態の根本的解決のための政治的決断も我々の役割だ。
チョン・ヒョシク/ワシントン特派員

前向き(path forward)の解釈が違っていただけw

はじまったな。こんどは何がひっかかるのやらw

経産相、韓国除外方針は変わらず 「ホワイト国」巡り
2019/7/31 19:26 (JST)7/31 19:37 (JST)updated ©一般社団法人共同通信社
記者団の質問に答える世耕経産相=31日午後、経産省
 世耕弘成経済産業相は31日、安全保障上の輸出規制で優遇措置を与える「ホワイト国」から韓国を除外する政令改正について「引き続き粛々と手続きを進めていく」と述べ、除外方針に変更がない考えを改めて強調した。経産省で記者団の質問に答えた。
 政府は8月2日にも政令改正を閣議決定する方向で調整している。世耕氏は、今回の対応は安全保障上の貿易管理に関する国内運用の見直しだと重ねて指摘。「関係各国にもしっかりと説明してきている」と述べ、米国などの理解を得られているとの認識を示した。
 日本は2004年に韓国をホワイト国に指定した。

日韓が貿易規制で揉めてることが前向き(path forward)な状況w

31日 17時14分 6時間前 2分17秒
日韓に「双方が前に進めるよう」、米国務長官仲介に意欲
 依然、対立が続く日韓関係です。「双方が前に進めるよう」アメリカが仲介に乗り出す姿勢を見せていますが、事態打開に繋がるのでしょうか。
 「日韓双方が前に進めるよう促すつもりだ。両国は我々にとって重要なパートナーだ」(ポンペオ国務長官)
 ASEAN地域フォーラムに向かう機内で、日本と韓国の仲介に意欲を見せたアメリカのポンペオ国務長官。日米韓外相会談を行うと明らかにしました。
 またロイター通信は、アメリカが日韓両国に対し、輸出管理の強化や徴用工訴訟の問題などについて話し合うため、“新たな措置はとらず現状維持を促した”と報じましたが。
 「報道は承知しておりますが、ご指摘のような事実はありません。引き続き、韓国側には適切な対応を強く求めていく、その考えに変わりはありません」(菅義偉官房長官)
 菅官房長官は報道内容を否定。政府は来月2日にも、輸出管理上の優遇措置が得られる「ホワイト国」から韓国を除外することを閣議決定する方向で、調整を進めています。
 アメリカ発の仲介の動き。政府関係者は、韓国トップの働きかけが背景にあると指摘します。
 「文大統領からお願いされた以上、アメリカも何も動かない訳にはいかないだろう」(日本政府関係者)
 こうした中、韓国の国会議員団が来日。与野党の議員と「ホワイト国除外」の問題をめぐり、激しい議論が交わされました。
 「ホワイト国から韓国を排除することになれば、韓日間は厳しい状況になると伝えた」(韓日議連 カン・チャンイル会長)
 「向こうは向こうで、自分たちの考えを述べ、すれ違い」(日韓議連 河村建夫幹事長)
 当初目指していた日韓の議員による共同声明は31日、見送られたということです。
 「共同声明となると、文書できちんとお互いの了解も得なければならないし、それだけの時間もなかったということ」(日韓議連 額賀福志郎会長)
 一方、韓国側の関係者によりますと、議員団が「予定していた」とする31日の自民党の二階幹事長との面会は、1日になる予定だということです。

米の日韓仲介提案、菅長官「そのような事実ない」 11:39
 菅官房長官は31日の記者会見で、米国による日韓両国への仲介の提案について「そのような事実はない」と否定した。菅氏は「米国との間で、日本の考え方を累次、伝達している。今後も日本の立場に対して正しい理解を得られるように努めていく」と語った。
 外務省幹部は31日、米国の仲介案について「何も聞いていない。日米韓外相会談で何らかの提案があるかもしれない」と述べた。同省は、日米韓外相会談を8月1日にバンコクで開催する方向で調整している。

“We will encourage them to find a path forward,” Pompeo told reporters on Tuesday aboard the plane en enroute for Bangkok.

“They’re both great partners of ours. They’re both working closely with us on our effort to denuclearise North Korea. So if we can help them find a good place for each of the two countries we’ll certainly find that important for the United States.”

米、日韓対立仲介の意向 ホワイト国除外延期促す 政治 朝鮮半島 北米 2019/7/31 5:54 (2019/7/31 11:05更新)
タイなど3カ国歴訪に出発するポンペオ米国務長官=ロイター 画像の拡大
【ワシントン=中村亮】米政府高官は30日、輸出規制や元徴用工訴訟問題で対立が深まる日韓両政府に対し、一定期間は新たな対抗措置を取らない「休止協定」への署名を検討するよう提案したと明らかにした。日本政府は8月2日にも、輸出管理上の信頼関係があると認めた「ホワイト国」から韓国を除外する政令改正を閣議決定する方向で調整しており、延期をうながす内容とみられる。
ロイター通信が伝えた。同高官は協定に関して、日韓が協議する時間を稼ぐことが目的だと説明した。協定の有効期間は定めず、日韓が抱える問題を根本的に解決するものではないとも指摘した。北朝鮮や中国への対応に向けて強固な日米韓同盟が必要だと判断し、仲介に乗り出したとみられる。
ポンペオ米国務長官が近く、ASEAN地域フォーラム(ARF)が開かれるバンコクで、日本の河野太郎外相と韓国の康京和(カン・ギョンファ)外相と会談することも明らかになった。ポンペオ氏は両国外相と会い、関係悪化を食い止める糸口を探るとみられる。
ポンペオ氏は30日、バンコクに向かう機内で記者団に対し、日韓両国について「両国はすばらしいパートナー国だ」と指摘した。そのうえで「前進する道を見つけるよう勧める予定だ」と語り、仲介に乗り出す意向を示した。「両国にとって望ましい落としどころが見つかるよう手助けができれば、それは米国にとっても明確に重要なことだ」とも述べた。
トランプ政権は当初、歴史問題などがからむ日韓問題への関与に慎重な立場をとっていた。だが日韓関係の悪化に拍車がかかると、米国務省高官は26日に「両国の緊張を懸念している」と語った。ボルトン大統領補佐官(国家安全保障担当)も7月下旬に日韓を訪れていた。
トランプ大統領は19日、日韓の緊張緩和に向けた仲介を韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領から依頼されたと明らかにし、日本からも要請があれば仲介を検討する考えを表明していた。

米、日韓対立で仲介を提案 「ホワイト国」除外の延期促す 毎日新聞2019年7月31日 08時07分(最終更新 7月31日 08時17分)
河野太郎外相、ポンペオ米国務長官(ゲッティ=共同)、韓国の康京和外相
 米政府高官は30日、日本による対韓輸出規制強化など一連の日韓対立を巡り、現状を維持し新たな措置は取らない状態で交渉する協定への署名を求める仲介案を提示したと明らかにした。事実上、日本に安全保障上の輸出管理で優遇措置を取る「ホワイト国」から韓国を除外する手続きの延期を促す内容で、一層の対立激化を回避させたい考えとみられる。ロイター通信が伝えた。
 ポンペオ国務長官は8月1日にタイ・バンコクで予定する日米韓外相会談で、河野太郎外相と韓国の康京和外相と仲介案について協議する見通し。(共同)

ホワイト国から韓国を外すと規制対象品目は7payのような闇取引になるはずw。

課税できないアンダーグラウンド経済になってしまうので韓国政府は反対する立場。

このまま劇団型に日韓が揉めていけば、馬暁紅のディープステイトのマネロン・ルートが表面化するはずだと… (誰の意見?w

在日のディープステイトが崩壊するまで続けるw

投稿されたコメント:

コメント
コメントは無効になっています。