弁財天

ゴフマン「専門家を信じるのではなく、自分自身で考えて判断せよ」

ホームランド・チータ(یوزیلنگان وطن)の解読w。いまさらながら熊本市の西部方面情報隊、電子戦・サイバー対処部隊の復習w update10

ナタンツの地下濃縮施設が自分の組織名を打ち間違える「ホームランド・チータ(یوزیلنگان وطن)、地元が熊本の水前寺清子」によってアナログに破壊されたw(2020年7月2日)

慶応大学千野直一名誉教授が慶応大のBMI治療をボトックス注射の「20億円詐欺」だと実名告発するギャグのターゲットは古川亨。2004年のニイウスw(2018年9月30日)

2004年6月100%子会社・ニイウスメディカルシステム株式会社(純粋持株会社)を設立
2004年7月ニイウスメディカルシステム、医療系システム開発の独立系企業であった株式会社ハルク(2008年破産)の増資引受。ニイウスSEを株式会社ハルクシステム開発に商号変更
2004年9月株式交換によりハルクシステム開発がニイウスメディカルシステムの100%子会社となる
2004年12月資本金を53億4600万円に増資。ニイウスメディカルシステム、100%子会社・株式会社ハルク・マダムを設立 ←「ハルク・マダム」w、2018年9月末になって2004年のニイウスがなぜ突然医療業界に進出したのかやっとわかったw
2005年3月28日前身となる西部方面情報処理隊及び西部方面通信情報隊が健軍駐屯地において編成完結。
2006年6月29日ニイウス(割方美奈子)とスルガ銀行(岡野光喜)がコンビニエンスストア「スリーエフ」に設置されるATMの運営を行なうと発表。
2007年米議会はイラン核開発計画への秘密作戦の予算として4億ドルを承認。
2007年8月~スルガ銀行が日本IBMに開発中止と個別契約の解除を通知
2008年ごろ陸上自衛隊の秘密情報部隊「別班」を、特殊部隊「特殊作戦群(特戦群)」と一体運用する構想が2008年ごろから陸自内部で検討
2008年海兵隊のジェームス・カートライト大将がニューヨークタイムスに最初のStuxnet攻撃が行われた情報をリーク。後でFBIが逮捕。オバマが恩赦
2008年4月古川享(ふるかわすすむ)が慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科(KMD)の教授
2008年4月30日ニイウス民事再生法申請。負債総額は1140億円(ニイウス コー408億円、ニイウス732億円)
2008年5月ニイウス金融エンジニアリング・グループを新日鉄ソリューションズ株式会社へ譲渡(商号は旧来のものに戻される)←「9億5100万ドルへの2バイト」パッチw。Oracleサイバー兵器はNSOLにw
2008年7月ニイウスのディーラー事業をラックホールディングス株式会社へ譲渡←Oracle以外のサイバー兵器はラックに
2008年8月ニイウスの国際勘定系システム部門を住商情報システム株式会社へ譲渡←マネロンはSCSに
2008年9月ビックニイウスをキヤノンITソリューションズ株式会社へ譲渡←家電サイバー兵器(ボットネット)はキヤノンに
2008年8月岩井良行防衛省防衛参事官(総合取得改革担当)
2008年9月22日元東芝で東証の西室泰三が米IBMの取締役に就任
2008年11月スノーデンのNSAドキュメント「何十年もの間スパイゲームでNSAと日本は明らかに共謀していたが、あるレベルで信頼関係が壊れていた。」【日本がシグナルインテリジェンスで「非常な達成をした」が、 彼らはそれを秘密にしている】と当時日本に駐在していたNSAほぼトップの職員が不満を記述。
2008年12月17日飯島愛が死亡←サイバーエージェント?
2010年3月26日西部方面情報処理隊と西部方面通信情報隊を統合し編成完結。西部方面無人偵察機隊が飯塚駐屯地で新編。
2010年8月21日ブーシェフル(Bushehr)核施設の稼動予定日
2010年9月25日イランはブーシェフル核施設のコンピュータがスタックスネットに感染してることを確認。
2010年11月29日イラン大統領アフマディーネジャード(Ahmadinejad)が遠心分離器がスタックスネットで損傷したことを認めた。

陸自元課長ら数十人懲戒処分へ 天下りで防衛省 7/14(火) 10:03配信
共同通信
 陸上自衛隊の将官級(将、将補)の天下りあっせん疑惑で、防衛省が自衛隊法に違反したとして、陸上幕僚監部募集・援護課の元課長らの懲戒処分を検討していることが14日、関係者への取材で分かった。監督責任を問われる陸自幹部も含めると、処分対象は数十人となる見通し。
 関係者によると、防衛省は14日にも内閣府の再就職等監視委員会に調査結果を報告する。募集・援護課は、再就職の規定に反し、将官級の経歴や退職時期を企業側に伝えていた。課内で代々引き継ぎながら、組織的に天下りをあっせんしていたとみられる。
 防衛省は大臣直轄の調査チームを設置し、全容解明を進めていた。

ニイウスもストーリーに登場した東京三菱とUFJの合併がモデルの半沢直樹の特別編がなぜか放送されるw

wikipedia.org→西部方面情報隊

wikipedia.org→西部方面通信情報隊
2005年から熊本県熊本市東区東町1丁目の陸自健軍駐屯地で活動開始…

wikipedia.org→健軍駐屯地(けんぐんちゅうとんち)

沿革
三菱重工業工(官設民営工場)
1941年(昭和16年):三菱重工業・名古屋航空機製作所の分工場を建設(官設民営工場)
1944年(昭和19年):熊本航空機製作所が完成。四式重爆撃機・キ-67「飛龍」を製作(終戦まで42機生産)
1945年(昭和20年):工場名称を「第九製作所」に変更

陸上自衛隊

1954年(昭和29年)11月8日:健軍駐屯地が開設[2]
もとは三菱重工業・名古屋航空機製作所の分工場w、ボーイングの中部サプライ・チェイン。ビンゴだわw

ボーイングの中部サプライ・チェインがつなげてしまうものがビンゴ杉るw(2020年4月30日)

2020年の知識で考えるとActiveXからKernelCallbackTableを細工してFinSpyとかGALILEOみたいな実装か?w

フクイチのウイルスの送信元は本当にロシアか?Windowsのゼロデイを使った三菱製SCADA攻略ActiveXモジュールがハッキングチームのウィキリークスから見つかる。 #HackingTeam(2012年3月30日)

どーりでw、人吉市なわけだわw。たぶん広島で進行してる河井元法相夫婦の事件も関連して、さらに日産とボーイングのサプライ・チェインが交差する釜山までつながってるなw

フランスもw、ルノーかぁ…。

人吉市のアップライトピアノがとてもシュール…

「具体的には、岸田さん(文雄・政調会長)と溝手さん(顕正・元国家公安委員長)を指しているようです。まぁでもそのことを証明できるブツはないですからね、直接言われたのは菅さんだけじゃないですが、みんな当惑しきりだったとか」w

時期未定で第2電子隊に改編予定の西部方面通信情報隊w

中央日報→日本、「電子戦」部隊を九州に新設へ…「尖閣衝突」対応

日本、「電子戦」部隊を九州に新設へ…「尖閣衝突」対応 ⓒ 中央日報日本語版2020.06.29 10:306 글자 작게 글자 크게
日本が電磁波で敵の活動を無力化する「電子戦」部隊を来年創設すると、日本経済新聞が29日報じた。
報道によると、日本防衛省は電波や赤外線などで相手の通信装備やレーダーの使用を妨げて攻撃を防ぐ専門部隊を約80人規模で来年春に陸上自衛隊に設置する。
この部隊は熊本市の健軍駐屯地に拠点を置き、南西諸島などでの離島防衛任務を担当する。離島で作戦が展開される場合、陸海空部隊が通信網を利用して協力することが重要であり、敵の通信手段を無効にするのが防御に役立つというのが、防衛省の判断だ。
防衛省は電子戦専門部隊が長崎県佐世保市相浦駐屯地の離島奪還専門部隊「水陸機動団」と連携することを想定しているという。

朝礼はこれが流れるんだろ…w

あ、わかった。ふつうに九州工大だw

九州に電子戦部隊=南西諸島に地対艦ミサイル-離島防衛、西方シフト着々・陸自 2019年09月16日18時00分

 離島防衛で陸上自衛隊の西方シフトが着々と進んでいる。防衛省は2020年度末までに、電磁波を使って相手の通信などを妨害する電子戦部隊を、九州・沖縄を担当する西部方面隊の健軍駐屯地(熊本市)に新編する方針を決定。同駐屯地には今春、サイバー専門部隊が地方の部隊として初めて発足している。
 南西諸島では洋上の段階で離島侵攻を阻止するために、地対艦ミサイル部隊の配備計画が進む。防衛省幹部は「中国は巡航ミサイルの長射程化に加え、安全保障上の脅威が高まっているサイバー、電磁波の領域での攻撃能力を増している」と指摘。「自衛隊は指揮通信系統の防護や、脅威圏外からの迎撃に重点を置く」と話す。

陸上自衛隊の「富士総合火力演習」(静岡県御殿場市など)で公開された電子戦に使用される車両(手前)=8月25日
 電子戦部隊は80人程度で、離島侵攻の予兆があった場合には、相手のレーダーやミサイル誘導用の電波を妨害し、陸自の通信を防護。空中の司令塔とも呼ばれる早期警戒管制機の通信を無力化する外国製の対空電子戦装置の導入も計画しており、イスラエル製などが候補に挙がっているという。電子戦部隊新編は20年度予算の概算要求に盛り込まれた。
 同駐屯地には今年3月、サイバー攻撃に対処する方面システム防護隊(約40人)が発足した。有事に急派される離島防衛専門部隊の水陸機動団(長崎県佐世保市)や即応機動連隊(熊本市)に同行し、ネットワークを防護する。陸自幹部は「九州には有事の初動対処部隊が集約される」と説明する。

陸上自衛隊の「富士総合火力演習」(静岡県御殿場市など)で、公開された12式地対艦ミサイルの発射装置=8月25日
 一方、宮古島(沖縄県宮古島市)には艦船を攻撃できる12式地対艦ミサイル部隊と、航空機や巡航ミサイルを迎撃する地対空ミサイル部隊が20年3月末までに配備される。両部隊は奄美大島(鹿児島県)に既に常駐。駐屯地建設中の石垣島(沖縄県)にも将来、配置される。
 有事には島内を移動しながら対艦、対空ミサイルを発射するが、敵の巡航ミサイルが飛来、着弾する武力攻撃事態も想定される。

陸上自衛隊宮古島駐屯地。3月に新設され、警備部隊が常駐している=8月19日、沖縄県宮古島市
 奄美大島の人口は約6万人、宮古島市は約5万5000人。救難物資や島外避難の輸送手段確保に自衛隊の支援は欠かせない。国民保護法に基づき自治体と自衛隊が緊密に連携し、住民の安全を確保できるかが問われる。

「電子戦・サイバー対処部隊(熊本市)」w

「サイバー空間での防御戦や電子戦とも密接に関わる西部方面情報隊」w

陸自情報隊長、部下に下着洗わせる 公用車でスナックも 有料会員記事
田中久稔
2020年3月15日 3時00分
写真・図版 陸上自衛隊西部方面情報隊=同隊のインスタグラムから
 陸上自衛隊西部方面隊の作戦に必要な情報収集を担う西部方面情報隊(本部・熊本市)の隊長で50代男性の1等陸佐が、公用車を私的に利用したり、部下にパワーハラスメントをしたりしたとして、陸自が調査していることが、複数の関係者への取材でわかった。
 関係者らによると、1佐は2018年8月、部隊がある健軍駐屯地(熊本市東区)を一般市民に公開する夏祭りの後、副隊長ら幹部2人と隊長専属公用車の四輪駆動車に乗って駐屯地を出発。約1キロ離れたスナックに向かい、飲食したという。公用車は出退勤にも使われるが飲食は業務ではなかった。
 駐屯地を公開する行事の後は、命令に基づき、各部隊が不審物などが残されていないか探索し、指揮官が安全を確認することになっている。だが1佐は当時、探索作業が終わるのを見届けずに駐屯地を出ていた。
 1佐は18年3月に隊長として着任。慣例で認められていないにもかかわらず、公用車の運転手の隊員に指示して下着のパンツやシャツを職場で洗濯させていたという。職場の机の上で乾いた下着を畳む運転手の姿が複数人から目撃されており、問題視した別の隊員の指摘で18年11月ごろ行為は止まった。
 陸自では、部下が指揮官の迷彩服を洗ったり、ブーツを磨いたりすることはあるが、下着の洗濯は慣例で認められていない。
 19年6月には、九州の演習場…

人吉市のパチンコ店の駐車場から店に車が突っ込み1人死亡…(2020年6月29日)

投稿されたコメント:

コメント
コメントは無効になっています。