弁財天

ゴフマン「専門家を信じるのではなく、自分自身で考えて判断せよ」

訴訟対策用WBC update4

19歳以上も検査無料 ひらた中央病院のホールボディーカウンター

平田村のひらた中央病院でホールボディーカウンター(WBC)による内部被ばく検査をしている公益財団法人震災復興支援放射能対策研究所(佐川文彦理事長)は26日から、WBCの検査料を無料にする。県民以外を含め希望者全員が対象。既に無料だった4歳~18歳に加え、新たに19歳以上も検査料が不要になる。

 健康管理に役立ててもらうため、検査を気軽に受けられるようにする狙い。また、2度目以降の検査を受ける人が少ないため、無料化で定期的な健康観察につなげる。現在使用している2台のWBCを使う。検査費用は寄付などで賄う方針。

 研究所は平成23年10月からWBCによる内部被ばく検査を開始し、これまでに一般住民や除染作業員ら県内外の希望者延べ約4万人を調べた。このうち2度目以降の検査を受けた人は1%程度にとどまっている。これまでは、研究所と協定を結んだ県内外28市町村の19歳以上の住民は6千円、結んでいない市町村は1万2千円で検査していた。

 研究所は内部被ばく検査の他、甲状腺検査も無料で実施している。問い合わせは同研究所 電話0120(06)4771へ。


なんと。アレバのマークじゃまいか。

なんかbit.ly/MZ49が消されてるのでさがしてみた。

Canberra FASCTSCAN

3ページの記述のことらしい。

Even more important is an increasing trend of lawsuits by radiation workers (or just plain workers) at nuclear facilities. Because of the large expense in defending these (radiologically insignificant) cases, and because of the lengthy period of several to tens of years between the dosimetry record (whole body count) and the litigation, it is important that a well documented and easy to interpret record exist of the count, even if there is no activity found.

被曝労働者の訴訟が増加傾向にあるので明確なNDの記録をとっておくことが訴訟対策。 つまりNDの記録が残ってれば訴訟に勝てるというふうに受け取れちゃうけど。

やっぱWBCを導入するのならアレバのじゃなくって文科省の線量計の細工に反発した 「アルファ通信」社製じゃないとダメなんじゃね。

またしてもbit.ly/Lcdz7nの先が消されてるので捜してみた。

Internal Dosimetry of K-40 and I-131 in Egyptian Radiation Workers
Radiation Dosimetry in Cases of Normal and Emergency Situations

21/30ページ body index(the ratio of flesh to bone in case of females being slightly less than that of males).のことですな。 骨に対する肉の比率www なんでしょうか、このbody indexで細工するのでしょうか。

WBC検査の前に、サーベイメーターで衣服が汚染されていないことを確認しておきながら、 実は衣服が汚染されていたことになる。 16番目のコメント

日本は絶滅したくなかったら携帯型WBCを開発して内部被曝量を低く抑えるしかない。 「あ、昨日食べ過ぎちゃったから水飲んで薄めないと。」とか。 「お、旨そうな寿司ですね、じゃ食べに来るので、それまで内部被曝量減かなきゃ。」とか。そんな未来。

こういうのってふぐの肝を食べる人達の感覚か。食べたいのだけど、あまり食べるとシビれて死んでしまう。微妙に舌がシビれるくらいでやめとこうとか、シビれるのが通みたいな。

オレ達日本人は世界で一番器用な奴隷なんだから、こんな今の状況にも適応してしまうのだろうな。

投稿されたコメント:

コメント
コメントは無効になっています。