弁財天

ゴフマン「専門家を信じるのではなく、自分自身で考えて判断せよ」

イランの核開発を提案したのはデトロイト・エジソンのシスラー(Walker L. Cisler)。イスラエルの核武装をイランで正当化。日本の闇の核武装を北朝鮮で正当化w update4

もんじゅの模擬燃料が少なすぎる。「もんじゅはエンリコフェルミみたいに燃料溶融してませんよね?」もんじゅ事故は報復?西村成生総務部次長みたいな暗殺?からシスラーを切り出し。


昭和31年(1955年)8月5日 「日米原子力産業会議の交歓」 「米・シスラー会長を迎えて」 「菅会長に親善の贈物」 「増殖炉型原子力発電所の模型を」
「シスラー氏が社長を勤めるデトロイト・エヂソン会社で設計し建設計画中の原子力発電所の模型を贈った。」

デトロイト・エジソン(Detroit Edison)のシスラー(Walker L. Cisler)は原産新聞の1955年の創刊号から登場。 この時既にエンリコ・フェルミの模型が写ってる。エンリコ・フェルミ炉が米で炉心溶融して、米を追い出されて「もんじゅ」になるわけですな。


昭和34年(1959年)5月25日 「エンリコ・フェルミ原子力発電所(10万KW高速増殖炉)」 「デトロイト・エジソン社」 「名づけ親はシスラー社長である。」
デトロイト・エジソンのエンリコ・フェルミ。今のGE日立だったんだ。


昭和46年(1971年)10月21日 「堀、小田嶋両氏遭難」
「デトロイト社の幹部も飛行機事故で」
「フェルミ炉派遣団団長としてデトロイト在住中の小田島氏とともに、 高速増殖炉の最終設計に関する打ち合わせのためにデ社のシスラー会長に会いに行く途中、 この惨事となったもの。」
がーん。消されたのか。

TAIWAN FORMALLY INAUGURATES FIRST NUCLEAR POWER PLANT←ウィキリークス電文
1979年11月8日「台湾が公式に最初の原発を認可」

1. TAIWAN POWER FORMALLY INAUGURATED ITS FIRST NUCLEAR
POWER PLANT ON NOVEMBER 4 WITH AN IMPRESSIVE CEREMONY
AT THE GRAND HOTEL BEFORE SOME 1,000 GUESTS. PRINCIPAL
SPEAKERS WERE PREMIER Y. S. SUN, MINISTER OF ECONOMIC
AFFAIRS, K. S. CHANG, TAIPOWER CHAIRMAN L. K. CHEN,
AND WALKER L. CISLER, 80-YEAR OLD CHAIRMAN OF THE
THOMAS ALVA EDISON FOUNDATION AND FORMER CHAIRMAN
OF DETROIT EDISON. GENERAL ELECTRIC, WESTINGHOUSE
AND EBASCO -- WHICH SUPPLIED EQUIPMENT AND DESIGN
SERVICES FOR THE 1,272 MEGAWATT STATION -- WERE WELL
REPRESENTED.
台湾最初の原発建設に関与したのもシスラー

SUBJ: SOVIET COMMERCIAL VISITORS: DETROIT EDISON←ウィキリークス電文
1977年10月19日ソビエトの5人からデトロイト・エジソンへの1ヶ月の滞在VISAを請求されて完全に困惑するシスラーと国務省w。

「過去に生きるのはやめろ。」プーチンがビビを叱る。

SUBJECT: REELECTRIFICATION OF RIYADH←ウィキリークス電文
1975年6月10日のサウジの「リヤドの再電化」のキッシンジャー国務長官(1975年)電文で物凄い事実が判明する。電文の最後にKISSINGER署名w。

3.  ON BASIS OF FOREGOING UNDERSTANDING OF REQUIREMENT,
WE HAVE OBTAINED AGREEMENT, SUBJECT TO SAG CONFIRMATION,
OF WALKER CISLER, PRESIDENT OF OVERSEAS ADVISORY
ASSOCIATES, DETROIT, MICHIGAN, TO ORGANIZE AND LEAD
EXPERT APPRAISAL/ADVISORY TEAM.  CISLER IS FORMER
PRESIDENT OF EDISON ELECTRIC INSTITUTE AND FORMER
PRESIDENT OF DETROIT EDISON COMPANY.  HE IS MOST
EXPERIENCED U.S. AUTHORITY ON ELECTRIC POWER DEVELOPMENT
PLANNING, AND HAD BEEN PLANNING VISIT TO SAUDI ARABIA
IN JULY AT REQUEST OF MINISTER YAMANI.  OVERSEAS
ADVISORY ASSOCIATES IS NON-PROFIT PUBLIC SERVICE
ORGANIZATION WHICH DRAWS ON RETIRED EXECUTIVES AND
TECHNICIANS OF U.S. AND EUROPEAN POWER COMPANIES, BOTH
PRIVATE AND PUBLIC, TO UNDERTAKE SHORT-TERM ADVISORY
SERVICES.  IT DOES NOT COMPETE WITH PRIVATE ENGINEERING
FIRMS.  FOR EXAMPLE, IRAN'S NUCLEAR POWER DEVELOPMENT
PROGRAM ORIGINATED WITH CISLER'S RECOMMENDATIONS.
CISLER BELIEVES HE CAN ASSEMBLE GOOD TEAM IMMEDIATELY,
BUT NO FIRM UNDERSTANDINGS ON NUMBERS OR TIME OF DEPARTURE
REACHED PENDING MEETING HERE AT 1600 GMT WEDNESDAY.
げ。イランの核開発を提案したのはシスラーだった。

あー、そっか。イスラエルの核武装を正当化するためにイランを核武装するってか。 これって日本の闇の核武装を正当化するために北朝鮮を核武装したのと同じじゃーん。

困ったもんですなー。ここからすべて始まったのか。
ホラッチョ朝鮮戦争、 北朝鮮をイラン同様に核武装、 THAAD、 ディアスポラな真光とちんたろう、 カミオカンデの地下式原発、 サイバー兵器、 不正選挙、 裏金と総務部長殺害、 元ライブドアの沖縄の割腹殺害、 イスラム国™、 PS4の暗号化チャットでテロリスト養成とスカウト、 ボコハラム、 ホリエモンミサイル、 ナイジェリアの人さらいと臓器売買、 人工知能によるテロ計画w、 自動車税とカジノとバイナリーオプション取引を使ったマネロン、 …と転げ落ちて逝った。

警察官8万人がヤクザをやる国家なんてありえないだろ。 もしこの土人国家が戦争を起こそうとしているのなら、 その動機は過去の国家犯罪を揉み消すためだろう。

高市早苗が入閣してネオナチ内閣がスタート

国連が法規制を求める「ヘイトスピーチ」は、もはや「ネットの娯楽」では済まされない!

14年3月23日、東京・西葛西で行われた「ネオナチデモ」ではハーケンクロイツ旗が掲げられた(撮影:秋山理央)

日本でネオナチデモw キエフのマイダン広場からはるばるやってきたのか?

これってユダヤに対するメッセージだったんだw

で、そんなあべちんの視点からこの記事のあべちん政策を再考してみるとw
シリア原子炉空爆と安倍晋三辞任。311後のIAEA天野のシリア原子炉結論とUK元IAEAピーター・ジェンキンスの疑念。
【パナマ文書】イスラエルのシリア原子炉空爆の半年前にあべちんがシリア支援の強いメッセージ。兵器級濃縮ウランとプルトニウム製造装置を積んだ北朝鮮の貨物船が米潜水艦の魚雷で撃沈。

【中国が北朝鮮への圧力を強める代わりに、将来の朝鮮半島からの米軍引き揚げを保証する「大きな取引」を検討しているかとの問いに対し、同氏は「中国が北朝鮮問題を解決しないなら、我々がやる。今言えるのはただそれだけだ」と述べた。】

米国務長官:イランとの核合意は失敗-破棄の可能性強く示唆 Nick Wadhams、Nafeesa Syeed 2017年4月20日 09:49 JST
ティラーソン米国務長官は19日、イランとの2015年の核合意を厳しく批判した。合意は大量破壊兵器の保有というイランの野望の実現を遅らせただけであり、テロ支援や諸外国の不安定化でイランが果たしている役割を考慮しなかったと指摘した。
  ティラーソン長官は急きょ行われたワシントンでの記者会見で、「この合意は過去の同様な失敗をしたアプローチそのものだ」と指摘。「トランプ政権は将来の政権に責任転嫁するつもりはない」と表明した。ただ同長官は18日、核合意について90日ごとに実施する順守状況の議会報告で、現時点では合意は履行されていると述べていた。
  19日の発言は、トランプ米大統領がイランとの核合意を破棄する可能性をこれまでで最も強く示唆するコメントとなった。トランプ大統領は今週、国家安全保障会議(NSC)に対し、イランがテロ支援を続けていることを踏まえて、核合意の下で緩和した対イラン制裁を再び科すべきかどうか検討するよう命じた。ティラーソン長官は声明で、この検討作業は、制裁停止が「米国の安全保障上の国益に不可欠」かどうか判断するものだと説明した。
原題:Tillerson Faults Iran Nuclear Accord as U.S. Plans New Review(抜粋)

投稿されたコメント:

コメント
コメントは無効になっています。