弁財天

ゴフマン「専門家を信じるのではなく、自分自身で考えて判断せよ」

VMwareのSEsparseスナップショットの「IO coalescing」とEMCのタイムファンダーw update2

日本電子計算「33自治体のデータがIaaSから消失」ファームウェアを更新したら1318の仮想OSの3割がディスクにアクセスできなり、さらに15%はバックアップも取れてなかったw。新たなコメディかw

公務員年金3千万円過払い プログラム誤り、未払いも
2019/12/17 12:02 (JST) ©一般社団法人共同通信社
 総務省は17日、自治体職員の年金を管理する「地方公務員共済組合」で、支給業務にミスがあったと発表した。640人に計3068万円を過払いしたほか、442人に計1713万円が未払いだった。システムのプログラムに誤りがあったことなどが原因としている。
 総務省によると、1人当たりの過払い額は最大で131万円、未払い額は95万円だった。9月に共済組合側から報告があり、問題が発覚した。
 過払い分は今後の支給額から差し引き、未払い分は追加支給する。高市早苗総務相は記者会見で「受給者に大変迷惑をかけた。おわびする」と述べ、再発防止に努める考えを示した。

何か証拠を隠滅するためにやっちゃったのでしょーかw、そうならこれからのサルベージ作業で判明していくのでしょーなw。報道されることはないのだろうけどw

全国53自治体でシステム障害続く データ復元不可能のおそれも 2019年12月17日 11時33分
東京の情報処理会社が自治体向けに提供している業務システムで今月4日から不具合が発生し、全国53の自治体に影響が出ています。完全復旧の見通しはたっておらず、自治体によってはデータが消え復元が不可能になるおそれもあるとしています。
システムを提供している東京 千代田区の「日本電子計算」によりますと、今月4日から全国53の自治体に提供している業務システムで不具合が続いていて、一時、住民票が発行できないなどの影響がでました。
この会社が管理する大量の情報を記憶する「ストレージ」と呼ばれる機器のプログラムに問題が見つかっていて、解消に向けて作業が続けられていますが、完全復旧のめどは立っていないということです。さらに、33の自治体では後期高齢者医療制度や学校関係のデータなどが一部、消えた可能性があり、復元もできないおそれがあるとしています。
このうち、東京 練馬区では、小中学校の通知表を作成するシステムに影響が残っていて、区立小中学校のすべての児童・生徒およそ4万6000人分の配付が今月25日の終業式に間に合わずに、年明けになる見込みとなっています。
「日本電子計算」は、「住民の皆様、関係者の皆様に多大なるご迷惑をかけ深くおわびします。引き続き全力を挙げて事態の収拾に努めます」としています。

「その不具合が起きたとき、ゲストのデータはいったいどんな壊れ方をするのか?」w
まぁこれが問題収集つかサルベージの焦点でしょーなw

docs.vmware.com→Snapshot Formats on VMFS
ディスクの差分を記録する技術…。

docs.vmware.com→Storage Space Reclamation
「SCSI unmap command」

さて日本電子計算(NTTデータ)のvmwareの1318のvmのデータは「論理的に」破壊されてしまったw。 コメディなのだろうから、庶民は笑うしかないw

さてオレ的にはどうしても主張したいことがある。

EMCのストレージにはタイムファインダーというディスクの差分を記録して戻す仕掛けがあり、 VMwareのSEsparseスナップショットもディスクの差分を記録して元に戻す仕掛けなのだ。

VMwareはどうしてEMCのタイムファインダー型スナップショット機能を開発しないの?w

EMCのストレージでVMwareのスナップショットを運用することに無意味な冗長さを感じるw

VMwareもEMCも別の会社だったがVMwareをEMCが買収、それをさらにDELLが買収した。 いまは同じ会社なんだろw。

投稿されたコメント:

コメント
コメントは無効になっています。