弁財天

ゴフマン「専門家を信じるのではなく、自分自身で考えて判断せよ」

【パナマ文書】イオン(Aeon Assets Ltd.)とウラジーミル・ツルーポフ(Vladimir Touloupov) update2

20140123版で再検証してみたw
(206728)Vladimir Touloupov

...[Master Client/秘书公司/EI]OFFICER & MASTER CLIENT(111293)[Credit Suisse, Singapore]ENTITY(164938)[Aeon Assets Ltd./Aeon Assets Ltd. Portcullis TrustNet Chambers P.O. Box 3444 Road Town, Tortola BRITISH VIRGIN ISLANDS/Portcullis TrustNet Chambers P.O. Box 3444 Road Town, Tortola BRITISH VIRGIN ISLANDS]
うわー。
(111293)[Credit Suisse, Singapore]ENTITY(164938)[Aeon Assets Ltd.]かぁw
おい、岡田克也w

ADDRESS(288706)[Vladimir Touloupov Marusaka Bldg., 4F 2-Chome 1-6 Shinkawa, Chuo-ku Tokyo, Japan] ENTITY(206728)[British Virgin Islands][Toyo Seafoods Corporation]
ADDRESS(288706)[Vladimir Touloupov Marusaka Bldg., 4F 2-Chome 1-6 Shinkawa, Chuo-ku Tokyo, Japan] ENTITY(206728)[Japan][Toyo Seafoods Corporation]
OFFICER(20928)[International Administrators Limited] MASTER CLIENT(297886)[Japan][Vladimir Touloupov]
ENTITY(232915)[Polmak Limited] MASTER CLIENT(297886)[Japan][Vladimir Touloupov]
ENTITY(206728)[Toyo Seafoods Corporation] MASTER CLIENT(297886)[Japan][Vladimir Touloupov]
ADDRESS(271809)[Marusaka Bldg., 4F 2-Chome 1-6 Shinkawa, Chuo-ku Tokyo Japan] MASTER CLIENT(297886)[Japan][Vladimir Touloupov]
ADDRESS(288706)[Vladimir Touloupov Marusaka Bldg., 4F 2-Chome 1-6 Shinkawa, Chuo-ku Tokyo, Japan] OFFICER(59868)[Taiwan][LIANG Wei-Fu]
OFFICER(21127)[Company Kit Nominees Inc] ADDRESS(288706)[Japan][Vladimir Touloupov Marusaka Bldg., 4F 2-Chome 1-6 Shinkawa, Chuo-ku Tokyo, Japan]
ENTITY(210030)[R & K INVEST LIMITED] ADDRESS(288706)[Japan][Vladimir Touloupov Marusaka Bldg., 4F 2-Chome 1-6 Shinkawa, Chuo-ku Tokyo, Japan]
パナマ文書の「Toyo Seafoods Corporation」「Vladimir Touloupov」を調査。
$ grep -i "Vladimir Touloupov" *
nodesNW.csv:"206728";"ENTITY";"Toyo Seafoods Corporation";"Toyo Seafoods Corporation Vladimir Touloupov Marusaka Bldg., 4F 2-Chome 1-6 Shinkawa, Chuo-ku Tokyo, Japan RT BVI";"Z";"Dead";"STD";"Standard Company under IBC Act";"Mon Jul 08 00:00:00 CST 2002";"Fri May 01 00:00:00 CST 2009";"";"";"Vladimir Touloupov Marusaka Bldg., 4F 2-Chome 1-6 Shinkawa, Chuo-ku Tokyo, Japan RT BVI";"2";"BBC";"BVI Business Company"
nodesNW.csv:"288706";"ADDRESS";"Vladimir Touloupov Marusaka Bldg., 4F 2-Chome 1-6 Shinkawa, Chuo-ku Tokyo, Japan";"Vladimir Touloupov Marusaka Bldg., 4F 2-Chome 1-6 Shinkawa, Chuo-ku Tokyo, Japan ";"";"";"";"";"";"";"";"";"";"";"";""
nodesNW.csv:"297886";"MASTER CLIENT";"Vladimir Touloupov";"Vladimir Touloupov ";"";"";"";"";"";"";"";"";"";"2";"";""
$ 
東京?東洋?シーフーズ?のウラジミール・ツルーポフ

一般財団法人「東京水産振興会」のサイトにツルーポフ氏発見。
シンポジウム「道東沖のサンマ・サバ・イワシ漁の動向をさぐる」

太平洋サンマの資源動向と来遊予測~サンマ水揚でめざそう!三陸のさらなる復興~
ウラジーミル・ツルーポフみつけた。

うはは。このPDFファイル暗号化してあってコピペできない。
しょーがないなー、Google DriveでOCR変換w
shokutoryou19.txt



「ロシアおよび台湾のサンマ事情と来遊動向」
ウラジ ミル ツル ポフ ロシアサプサングル プ アジア シフィック)
________________
Touloupov Vladimir Nikolaevich ツル ポフ ウラジ ミル ラ ビッチ)
ロシア生まれ ロシア沿海州ウラジオストック極東国立総合大学東洋学科卒業 1988 年か
ら日本に滞在 東海大学交換留学生として日本経済を専攻、東京外国語大学の地域研究専
攻 1991 年から日露水産貿易に携わり、北方魚貝類を幅広く扱ぅ サケ マス、マダラ、
カレイ類、 ビ、カ 、 シン、サンマなど) ロシア水産大手 AKROS、NPCIVOSTOK1 グル
プの日本代表を務め、2008 年からはロシア缶詰メ カ 大手 SAPSAN グル プの日本代表
として、ロシア の日本産サンマ輸出に励んでいる
ツル ポフ:まず、本日は主催者ならびに関係者の皆さん、お招きいただきましてありが
とぅございます 震災前から、気仙沼の方々に 2 年続けてお世話になっています
今は東京の新橋にある、アジア シフィックサ ビスといぅ会社に所属していま
す ロシアの缶詰メ カ で、水産加工と、あとサンマ船を 2 隻 日本で水産を
勉強しているグル プです
震災前の 2 年で、約 6 万トンのサンマが日本からロシアに輸出されています
私のグル プも、気仙沼からはもちろん、日本から約 1 万トンを買っています
ロシアではほとんど缶詰の原料として利用されています
今、東日本大震災から、ロシアでは日本からの消費者向けのサンマが輸入禁止
となっています 放射能の問題で否定されています
ここでサンマではないお話をします 情報交換をしている中で、私たちは皆、
情報化社会といぅ言葉を毎日耳にしています 般的には ンピュ 夕、携帯電
話、イン夕 ネットの普及で情報伝達が速くなっていると、そぅ思われています
38
________________
元々、情報社会といぅ概念はおおよそ 1960 年代に発想されました その情報はど
ぅいぅものかといぅと、情報は速いだけでなく、それによって実際の今の世界、
今の人間の文化や政治などが変わるものです 経済にとって情報は何か 経済に
とって情報といぅのは希少資源です サンマは海の資源です 同じよぅに、情報
も資源、個々の資源なんです 先ほど、小林さんがサンマの資源をどぅ有効利用
していくかといぅことをお話しされていました 同じよぅに、情報といぅ資源を
どぅ利用すればいいか、といぅことはとても大事です
また、競争概念は今の社会で
変化してきています といぅの
は、競争は競争です ただ、特
に水産技術や科学の分野では、
競争といぅより、情報を隠そぅ
としても、その情報はすぐに知
られてしまいます 伝えられて
しまぅ しかし、隠せないとい
ぅのであれば、自分の研究をい
ち早く発表する そぅすると、競争相手はそれに改良を加えて変えてきます
たとえば夕ブレットの夕ッチスクリ ン ネル 携帯電話から ソ ン、いろ
いろなものが売られています しかし、そもそも Apple といぅ会社がなければ、
こぅいぅものは発明されていません 今はソ やサムソンからも同じよぅな製
品が出されていますが、元々Apple からこぅいぅ技術や商品の発表があって、他社
はそれにさらに研究を重ねて出しているわけです
先ほど、外国船のお話がありましたが、台湾船、中国船、韓国船、他にも外国
船はありますが、ロシア船も同じよぅにサンマを獲っていますので、日本だけで
はなく、極東地域のサンマに対して当然関心があります
台湾船と中国船のサンマ漁によって、世界にサンマが広がっていっています
最近、中国では日本と同じよぅにサンマを焼いて食 るよぅになっています ノ
ルウェ 、アイスランドでは、マグロの餌としてサンマが獲られています どぅ
して餌かといぅと、台湾船が沖合でずいぶん多くのサンマを獲っているから、人
間の食用としてではないのです そぅいぅ、餌としての利用といぅ形ですが、世
界に広がっているわけです ですから日本の情報は世界からも注目されている
当然、200 海里の問題がありますが、サンマ資源をどぅ管理して、どぅ利用して
いくかといぅことが非常に大事です ロシアから見れば、やはり日本はサンマが
たくさん獲れます 先ほど申し上げたよぅに、ロシアはほとんどが缶詰用です
サイズ的には 60 100 グラム、もしくは 120 グラムまでの小さい魚がよく利用さ
れています しかし、ロシアの海域で獲れるサンマは大型のサンマが多い です
39
________________
から、ロシア海域で獲れた大型のサンマは日本に輸出して、その代わり日本で獲
れた小さなサイズのサンマは日本からロシアが買いたい そのよぅな要望があり
ます
もし 200 海里に出るとすれば、そこで日本船が獲ったサンマをロシア船が受け
て缶詰用として輸入できるのかどぅか、そぅいぅ課題もあります 本当はもっと
韓国や中国や台湾の方々とも 緒に、いろいろ情報を交換しながら、同じ資源を
どぅ利用するか、情報をどぅ伝えるのかといぅ場を積極的に設けていただきたい
と思います
また、皆さんに強くお願いしたいことがあります 震災後、特に放射能の問題
で、ロシア政府は今、青森県から千葉県までの水産物に対して、 時的にロシア
の輸入中止といぅ措置をとっています 私は銚子の皆さんと共に水産庁を訪問
したり、大日本水産会や全さんまの方々とも何度もお会いしました 日本のサン
マ、日本で獲れる水産物は大丈夫ですと、水産庁や外務省経由で強く訴えていか
なければならないことです 皆さんの意見や熱意が日本政府まで届いて、日本政
府が強く動かなければ、ロシアからあえてこの規制を解くことはないと思います
当然ロシアは責任をとりたくないですから ロシアのサンマ需要からすると、早
く日本からサンマを買いたいと思っています 皆さんも、おそらくサンマを早く
ロシアに売りたいといぅ希望があると思っています 本日この場に日本のそぅい
ぅ輸出を考えている会社の方がいらっしゃるのであれば、ロシアはそのよぅな要
望を持っているといぅことを、是非聞いていただきたいと思います
結局、日本でいぅ 鳴くまで待とぅホトトギス」ではいけません 鳴かせるよ
ぅに、どんどんやらなければならないと思います 私はロシア大使館にも行きま
すから、彼らの立場がよくわかります また、ロシア側の希望もよくわかってい
ます 日本の生産者の皆さんも、是非、日本で獲れている魚は日本で流通してい
ますと、ロシアに出しても問題ありませんといぅことを強く言っていただきたい
と思います
この震災後の 2 年間、結局ロシアでサンマはそれほど獲れていません もとも
とロシアのサンマの漁獲量は多くて 11 万から 12 万トン程度です この 4 年間の
漁獲が約 6 万トンといぅことは、まだまだ必要といぅことです 今回、日本から
買えなくなった分は、今は台湾からある程度買っています ただ、台湾のサンマ
はサイズ別で、船内凍結されるので高いです だから買おぅと思ってもそんなに
買えないのです 缶詰での利用であれば、そこまで細かく選別する必要もないし、
キレイに並 る必要もありません 北海道のサンマは大型ですが、三陸沖で獲れ
るサンマが 番ロシアに向いています 銚子で獲れるサンマは、単価的には安く
ても若干脂が落ちていますので、三陸沖が最も適しています 普通に考えれば 2
4 万トンを三陸からロシアに送ることができるのではないかと思っています 今
40
________________
すぐには無理としても何年かのぅちには、是非実現して欲しいと思います
今後の課題になりますが、ロシアでは今、新船の建造はあまりありません 実
際に出漁しているのは去年が 36 隻、今年もそのぐらいの数が出るかどぅかといぅ
ところです 新しい船を造っていない分、台湾や中国から購入しています 漁場
はロシアの 200 海里外には行きません 色丹あたり、ロシア海域でサンマがたく
さん獲れます 1 日 1 回給油してサンマが獲れるので、あまり遠い漁場まで行く必
要はありません もともと台湾で買った船が 1 隻、台湾の本船と 緒に 160 度以
東まで出漁していますが、おそらくそこで獲れても調査用にしかなりません ロ
シア側に近い漁場で獲れるのであれば、それで十分です
小林さんがお話しされたよぅに、これから台湾船や中国船は多く出漁してくる
でしょぅ 台湾船は今年 90 隻ぐらい、もしかしたら 91 隻くらいになるかもしれ
ません その中で中国船はこれまで 5 隻程度でしたが、今年は 10 隻、11 隻になり
ます 今、中国で造船されているのは 25 隻です 2 年前、中国政府は 100 隻の造
船計画に OK を出しました その 100 隻は日本の大型船に相当する漁船ですから、
今後ますます公海での漁業は問題を抱えることになります
今後は公海に関して、日本やロシア、韓国、台湾、中国を含めた国際会議の場
で、小林さんがおっしゃったよぅなノルマを考えざるを得ない時代になってくる
でしょぅ そぅいぅことまで考えざるを得ない時代になってきます
日本は現在情報公開をしていますが、日本は国際的な場でサンマの資源管理や
有効利用について意見を言わなければいけません また、日本の水産庁やロシア
の漁業省など、全員で関係性をもたなければなりません 今、わかっているのは
そぅいぅ情報です 情報
は資源です 情報がわか
っているのであれば早い
ぅちに、その情報資源を
無駄にしないよぅに、主
導権をとらなければいけ
ないと思います いろい
ろとご質問があればお受
けしたいと思います

露との水産資源取引でネックになってるのは水産庁ではなく外務省だとツルーポフ氏 うーむ。ただの貿易商ではなさそー。ツルーポフ氏の先にラブロフやプーチンがいるのかすら?

投稿されたコメント:

コメント
コメントは無効になっています。