弁財天

ゴフマン「専門家を信じるのではなく、自分自身で考えて判断せよ」

東京医大の裏口入学ビジネスの売り上げは5年間で1億円w update1

【療養病床転換推進室(殺し屋部隊)】生きることも死ぬこともできなくなったALS患者のジレンマに、医者なのに殺し屋をやっている医系技官のジレンマが共感した…(2020年7月24日)

裏口入学で医者になっても療養病床転換推進室(殺し屋部隊)に入隊することになるのだろうな…

東京医大前理事長申告漏れ 保護者の入試謝礼1億円 2020.7.25 11:05
臼井正彦前理事長(東京医科大のホームページから)
 平成30年に発覚した東京医科大医学部の不正入試問題に絡み、臼井正彦前理事長(79)が東京国税局の税務調査を受け、18年までの5年間で計約1億円の申告漏れを指摘されていたことが25日、関係者への取材で分かった。取り計らいを依頼してきた受験生の保護者らからの謝礼を申告していなかったもようだ。
 鈴木衛前学長(71)も、同様に数百万円の申告漏れを指摘された。過少申告加算税を含む追徴税額は臼井氏が約4千万円、鈴木氏が数百万円で、いずれも既に修正申告したとみられる。関係者によると、東京国税局は、臼井氏が受験生の保護者らから、入試前後に1年当たり約2千万円の謝礼を受け取っていたと認定。臼井、鈴木両氏は大学からの報酬は申告する一方、保護者らからの謝礼は一切申告していなかった。

投稿されたコメント:

コメント
コメントは無効になっています。