弁財天

ゴフマン「専門家を信じるのではなく、自分自身で考えて判断せよ」

米入管システム(US Customs and Border Protection computer system)が原因不明にダウン…update1

デンマーク国税庁舎爆破事件の解読。6日午後10時(日本時間7日午前5時)w

復旧した…w

全米各地の空港で入国管理システム停止 2019年8月17日 7時22分
アメリカ各地の空港で、入国管理を行うための処理システムが停止する障害が発生しました。システムは徐々に復旧しつつあるということですが、空港には手続きを待つ人々の長い列ができるなど影響が出ています。
アメリカの税関・国境警備局によりますと、16日午後、ニューヨークやロサンゼルスなど、全米各地の空港で入国管理を行うための処理システムが停止する障害が発生したということです。
このため、入国審査に必要なコンピューターが使えない状況となり、担当者が手作業で手続きを行うなどの対応に追われたということです。
システムは徐々に復旧しつつあるということですが、各地の空港では手続きを待つ大勢の人々の長い列ができるなど、影響が出ています。
障害の原因について、税関・国境警備局が調べていますが、これまでのところ、サイバー攻撃などを示すものは見つかっていないということです。
ロイター通信によりますと、アメリカ全土の空港では1日当たり35万人余りが入国の手続きを受けているということで、空港の利用者からは不満の声が相次いでいました。

英ロンドン証取で一時システム障害 取引開始遅れる 金融機関 ヨーロッパ 2019/8/16 20:48
【ロンドン=篠崎健太】英ロンドン証券取引所で16日朝、株式の売買システムに障害が生じ、主要銘柄の取引開始が遅れた。問題が起きたのは大型株指数「FTSE100」と中型株指数「FTSE250」を構成する銘柄で、午前8時(日本時間午後4時)の寄り付きから売買できなくなった。障害は9時40分にすべて解消し、1時間40分遅れて取引を開始した。
画像の拡大 1時間半あまり取引できなくなった(英ロンドン証券取引所)=ロイター
ロンドン証取は何らかの技術的な問題が生じたとして原因を調べている。同証取では2011年2月、寄り付きから4時間強にわたり取引できなくなるシステム障害があった。取引停止の長さとしてはその時以来の規模になったとみられる。
ロンドン証取でも障害…

cbp.gov→CBP History March 2015 | U.S. Customs and Border Protection


投稿されたコメント:

コメント
コメントは無効になっています。