弁財天

ゴフマン「専門家を信じるのではなく、自分自身で考えて判断せよ」

「相手を壊してこい」「やるなら出してやる」「最初のプレーで相手のQBにけがをさせる。何か言われたら『監督の指示』と言っていい」 update1

山口組と住吉会をつなぐ田中英寿JOC副会長と日本大学。シャブの効果をプロ野球とオリンピックで世界にアピール

日大、内田前監督と井上前コーチの解雇決定 2018年07月30日 16時39分
 日本大アメリカンフットボール部の選手による危険タックル問題で、日大は30日に開いた臨時理事会で、いずれも同大職員の内田正人前監督と井上奨前コーチを解雇することを決めた。

「相手を壊してこい」 日大監督が試合前に発言 アメフト問題 5月17日 19時07分
日本大学のアメリカンフットボール部の選手が、関西学院大学との定期戦で重大な反則行為を行った問題で、日大の内田正人監督が試合前、この選手に対し、「相手を壊してこい」と話し、反則行為を促すような発言をしていたことが関係者への取材でわかりました。
今月6日、都内で行われた日大と関西学院大の定期戦で、日大の選手が無防備な状態だった関西学院大の選手に後ろからタックルし、関西学院大の選手は右ひざなどのケガで全治3週間と診断されました。
日大アメリカンフットボール部の関係者によりますと、関東学生連盟が反則行為をした選手に対外試合出場禁止の処分を出した今月10日以降に、日大の複数の選手やスタッフに話を聞いたところ、いずれも内田監督が試合前にこの選手に対し、「相手を壊してこい」とか「やるなら出してやる」といった反則行為を促すような発言をしたと話したということです。
この問題で日大広報部によりますと、内田監督は学内の調査に対して「反則行為を意図的に指示したことはない」などと話しています。
「相手を壊してこい」「やるなら出してやる」w

「…高橋さんが、内田監督の『親分』である田中英壽・日大理事長の逆鱗に触れてクビを切られたという話が、まことしやかに伝わっています。高橋さんは大学事務局の職員だったのですが、そこも左遷されました」(日大関係者)
内田監督の『親分』である田中英壽・日大理事長w

ハクブン、田中英寿日大理事長、山口組弘道会てブルーグループじゃまいかw。

ターゲットは田中英寿日大理事長と山口組弘道会と住吉会かぁ。たどり着けるのか?w

日大の闇と言っても、その闇は底なしだ。山口組弘道会、住吉会、亀井静香、警察庁、ハクブン、ブルーグループ、臓器売買、シャブ…。ほんとうに底なしなのだw。
免疫力が下がってしまうよーな闇を国民に覗かせるわけにはいかないw。
なので大衆向けのフィクションの闇が必要になるw。

投稿されたコメント:

コメント
コメントは無効になっています。