弁財天

ゴフマン「専門家を信じるのではなく、自分自身で考えて判断せよ」

GE日立のPRISMとNSAのPRISM update11

スノーデンが暴露したNSAのシステム名はPRISM。DOEが350万ドル投資するGE日立の「もんじゅ」そっくりのナトリウム冷却の高速増殖炉もPRISM。つまりスノーデン騒ぎはスピンだ。 連日元CIAのスノーデンのNSAのPRISMのニュースが溢れ、GE日立のPRISM高速増殖炉の話が覆い隠される。

GE Hitachi Nuclear Energy (Wilmington, N.C.) — GE Hitachi’s project will develop high temperature insulation materials and robust analysis tools to help design and manufacture electromagnetic pumps for liquid-metal-cooled nuclear reactors. Electromagnetic pumps have less moving parts than traditional mechanical pumps – improving reliability and safety, while reducing maintenance needs.

Westinghouse Electric Co. (Pittsburgh, Pa.) — Westinghouse’s project will conduct analysis on sodium thermal hydraulics to support advanced nuclear reactor design. The project will provide analytical tools to help quantify heat exchanger performance and improve component engineering for sodium-cooled reactor designs.


Are Fast-Breeder Reactors A Nuclear Power Panacea?
英セラフィールドはプルトニウムが120トン保管。世界最大量で他国のような使用済み燃料の形状ではなく二酸化プルトニウムの粉として保管されてる。英のセキュリティリスクでもある。高速増殖炉向けに粉にしたものでGE日立のPRISMはこれを効率よく処分する(=燃やす)ために提案された。

英はフルMOXのABWRが可愛く思えるようなとんでもリスクをセラフィールドに抱えてる。ドラム缶に保管されているそうだけどアメリシウムに崩壊して強力なガンマ線で自然発火しないのだろうか?

理論上セラフィールドの120トンの二酸化プルトニウムの粉は高速増殖炉で全部燃やすことができ英のエネルギーグリッドを500年支えることができるはず。←あーダメだわ。もんじゅの悪夢が再燃してるわ。

高速増殖炉は1)プルトニウムの破壊用途2)発電用途3)プルトニウムの増殖用途に使うことができる。PRISMはセラフィールドのプルトニウムの破壊用途で運転し5年で処分することを計画。

英はMOX燃料の生産には成功したが採算が取れないのでMOX工場は閉鎖。GE日立のPRISMに5年のライセンスを与えて2020年までにセラフィールドの二酸化プルトニウム粉末を処分する。

英がセラフィールドのプルトニウムの処分を決めたのは原発の放出する放射能が異常気象の原因になることを認めたからだった。プルトニウム処分技術であるPRISMを米は躊躇せず英に輸出許可。合衆国の輸出入銀行は財政援助も行う。MOXを燃やす方針は終わりだ。

英はプルトニウムのストックを5年かけてPRISMで処分するけど、日本は原発再稼働とプルサーマルとかMOXとか言ってるんだからなー。土人の官僚や政治家をなんとかしろよー。

ML1012305321/508ページ

The PRISM is an advanced sodium-cooled reactor, which is a necessary component to destroy (i.e., "fission") transuranics or disposition weapons grade plutonium as fuel in the reactor to close the nuclear fuel cycle and/or reduce proliferation concerns to minimize storage needs and impacts for spent nuclear fuel.
PRISMは進化したナトリウム冷却炉で 炉の燃料の(例えば核分裂性の)超ウラン元素や兵器級プルトニウムを破壊するためにはなくてはならない存在。 核燃サイクルを終了させ、核拡散懸念を減らし、使用済み核燃料の廃棄場の最小化する。

Global Nuclear Energy Partnership Technology Demonstration Program Dave Hill
Deputy Director, Science and Technology Idaho National Laboratory August 10 2006

8ページの注から
TRU: transuranic elements (Pu: plutonium, Np: neptunium, Am: americium, Cm: curium)
TRU:超ウラン元素(Pu: プルトニウム、Np:ネプチニウム、Am:アメリシウム、Cm:キュリウム)

12ページ
Fast reactors can effectively destroy all transuranics
-- Proliferation issue
-- Waste issue

高速炉は全ての超ウラン元素(TRU)を効果的に破壊することができる。
-- 非核拡散問題
-- 核廃棄物問題

U.S. Moves to Abandon Costly Reactor Fuel Plant

the idea of making reactor fuel “may be unaffordable,”
オバマ政権「核燃料を生産するアイデアが受け入れられない。」

英米はPRISMに舵を切った。核弾頭をMOX燃料にするShawアレバのMOX工場は不要になった。 さらに使用済み核燃料の放射能(Pu/Np/Am/Cm)をも破壊可能にする。 MOXとかプルサーマルの時代は終わりだ。

こうなるとだ。土人ムラは早く燃やさないと英米にMOX燃料を取り上げられてPRISMで処分されちゃうと思ったか? だからプルサーマル基をすべて再稼動申請してる。ばっかだなー。

サウス・キャロライナのShawアレバのMOXプラントがポシャる。六ヶ所MOX工場も不要だな。 アレバが中国に再処理プラントを建設することになってるけど中国の退役核弾頭をMOXにする必要はもうないだろ。

大間原発:MOX燃料稼働に慎重姿勢 田中規制委員長 毎日新聞 2013年06月26日 18時32分(最終更新 06月26日 23時27分)

大間原発は、全てMOX燃料を使う「フルMOX原発」。制御棒の利きがウラン燃料に比べて悪いなど、特有の問題点が指摘されている。MOX燃料を使う発電は「プルサーマル」と呼ばれ、日本は使用済み核燃料から取り出すプルトニウムを活用するため2009年に導入した。

PRISMによる核廃棄物処理の話は1990年の論文としてNRCに登場。 ML040060188の50/299ページ
(11). M. L. Thompson, "The Modular ALMR (PRISM) Fuel Cycle', Trans. Amer. Nuc. Soc., V 62, pp 78, Nov. 1990.

S-PRISM Fuel Cycle Studyの3ページ。

Since the fission products have short half-lives compared to the plutonium and minor actinides that are recycled, the length of time that the waste remains more toxic than the original ore is reduced from millions of years to less than 500 years as illustrated in Figure 3 reducing the risk of releasing highly radioactive materials to the environment.

PRISMを使って使用済み燃料のプルトニウムのようなアクチノイドを破壊しても 数百万年の半減期を約500年に減らせるだけ。

4.2 海外の研究開発は「増殖炉」ではなく、プルトニウムや 放射性廃棄物の削減のために開発しているのではないか?
「もんじゅ」を駆使しても数百万年を約500年にしか減らせない。やっぱ「もんじゅ」は廃炉だ。


廃液を六ヶ所と東海再処理工場で冷却ちうのFP(核分裂性)が500年で減るグラフは高速炉を使って最も理想的に廃棄物処理に成功した場合の話なのか。本当は高レベル核廃棄物(HLW)は数百万年そのままだ。

甘利 使用済み燃料のリサイクルは、燃料の有効利用とは別の側面がもう一つあります。 それは、厄介な部分は分離して燃やしましょう、ゴミを減らしましょうというものです。 ウラン燃料というのは、1回装填して使い終わると、プルトニウムが発生します。これは 半減期がかなり長いのです。このまま捨てると長い半減期を保管しなければならないので すが、プルトニウムは燃料になりますから、取り出して燃やすと、なくなるわけです。量 で言うと、再処理によって高レベルの廃棄物は、2 分の1 か2.5 分の1減ります。その作 業を連続的に行うのがもんじゅです。もんじゅが本格的に稼動すると、厄介なゴミは燃え てしまいますから、ものすごく管理が楽になるということなのです。

大嘘だな。

GE社の核燃サイクルのページ
Frequently Asked UK PRISM Questions
Q.英政府はMOXによる処分を好んでないのか?
A.2013年5月プルトニウム再利用コンサルへの英政府の返答「最終的な原子炉の選定は決まってない。別の技術を検討中。」バロネス・ベルマDECC(エネルギー・気候変動省)は慎重との答え。

PRISMは1994年にNRCは評価済み。 NUREG-1368Preapplication Safety Evaluation Report for the Power Reactor Innovative Small Module (PRISM) Liquid-Metal Reactor

The Integral Fast Reactor
PRISMのことをIFR(Integral Fast Reactor)とかSMR(Small Moduler Rector)とかいろいろ呼び方を変えてる。

2ページ。use pyroprocessing to prevent bomb making
乾式は爆弾を作ることはできないから安全という理屈だけど、本当は爆弾より不安定で暴発リスクのある燃料を使うと言うこと。

4ページ(注。これがオバマ政権の意思なんだとか。 Why We Still Need Nuclear PowerObama exploring sale of TVA

4ページ。ユッカマウンテン閉鎖と反核メンバーをアサインしてTVAも売却。 サウスキャロライナでそんな話があったのか。しかしMOX工場も予算カットされたし、このプレゼンでもPRISMに予算が付くことなどないだろうと。

The Integral Fast Reactor by ugya

10ページ。Purex法は核弾頭からプルトニウムを分離する方法で再処理プルトニウムの分離では使えないんだ。これが六ヶ所再処理工場で東芝がPurexに工程を追加してる理由。
Separating bomb-grade Pu would require PUREX reprocessing – inspections insure PUREX plants not being used

10ページ。ここでも再処理燃料の放射性が非常に強い事が懸念事項。 Fuel reprocessing done remotely in hot cell ? extremely radioactive; therefore, fissile material self-protecting

13ページ。やはりABWRでフルMOXは無理なんだろ。だからもっと危険な高速炉を提案。
GE-Hitachi proposal to UK: plutonium stockpile ‘disposition’ instead of MOX, no upfront costs

Prism Reactor Can Solve UK’s Plutonium Problem, Says GE-Hitachi
In Energy News, UK Nuclear News / by NucNet / on October 14, 2013 at 4:12 pm /
GE-Hitachi’s Power Reactor Inherently Safe Module (Prism) Generation IV reactor design could be an efficient and cost-effective way to manage the UK’s plutonium stockpile, a conference in Brussels has heard.

David Powell, vice-president of European sales at GE-Hitachi, told the Nuclear Spent Fuel Strategy Forum Europe that if the UK government decides to dispose of its stockpile of plutonium by re-using it as fuel for a nuclear reactor, the Prism design will move from concept to a specific design and then to the market stage of development.

The UK’s current stockpile of plutonium is about 112 tonnes and costs the government approximately 80 million pounds (94 million euros) a year to be stored and protected.

GE-Hitachi’s Generation IV Prism reactor is a modular fast reactor design with a maximum electrical output of 311 megawatts (MW). It uses plutonium and uranium recycled from used nuclear fuel to sustain a nuclear reaction. In this way, it will turn “nuclear waste into fuel,” Mr Powell said.

Mr Powell said the nuclear plant design GE-Hitachi is working on will incorporate two Prism reactors of 311 MW each connected to one turbine to produce a total of 622 MW of electricity. Three such installations would bring the nuclear station’s total output to 1,866 MW.

It could be located at Sellafield, where most of the UK’s plutonium is stored, Mr Powell said. “It could become the centre of excellence for Generation IV reactors.”

The station would also incorporate an advanced recycling centre using a novel electro-metallurgical separation process. It would extract uranium, plutonium and all other transuranic elements from used fuel elements produced by other UK nuclear plants and prepare the residuals for deep geological disposal. One benefit of this is that extracting and recycling transuranics (elements heavier than uranium) from the used fuel cuts the radiotoxic lifetime of the waste from 300,000 years to 300 years.

In August 2013, the UK’s Nuclear Decommissioning Authority discussed options for dealing with its stockpile. It concluded that “the reuse of plutonium as MOX (mixed oxide) fuel is the best available option to manage the UK’s plutonium”.

The US authorised the building of Prism in 1992 and has approved its export to the UK for plutonium disposal. The Export Import Bank of the US has expressed interest in financing Prism.

GE日立はセラフィールドのプルトニウム処分に1つ311MWのPRISM炉を2つ連結して1つのタービンを回す622MWを3セット建設して1866MWの発電を提案。

こりゃまたとんでもない事を提案してるし。

さらに再処理方法として新電気冶金分離法(novel electro-metallurgical separation process)を提案。これって六ヶ所で東芝がやってたやつか?セラフィールドに小型もんじゅと六ケ所再処理工場ができる。ほぼ実験プラント状態。

核廃棄物の半減期を30万年から300年に縮めるとか。どこかで聞いたようなホラ話をセラフィールドでも吹いてるし。

英の原子力廃止措置機関(UK’s Nuclear Decommissioning Authority)は2013年8月にセラフィールドのプルトニウム処分のベストの方法はMOX燃料にして燃やす事と結論した。

あ!やっぱABWRでフルMOXだめなんじゃね。だから小型「もんじゅ」であるPRISMに六ヶ所の再処理方法をセットでGE日立は提案してる。

Progress on approaches to the management of separated plutonium

01 August 2013

The NDA has shared with the Department for Energy and Climate Change (DECC) the conclusions of the work we have recently undertaken regarding the management of the UK's separated plutonium stocks.

This work consisted of:

  • an updated assessment of the Government's preferred option, which is the implementation of reuse of plutonium as MOX fuel
  • consideration of the credibility of alternative reuse proposals, for which the NDA has engaged GE-Hitachi and Candu to provide further information regarding their PRISM and Enhanced CANDU 6 (EC6) reactor proposals respectively
  • an outline of what further work is required including developing our approach to Justification.

DECC is currently considering our conclusions and we expect to be able to provide further information in the autumn.

Revealed: UK Government's radical plan to ‘burn up’ UK’s mountain of plutonium
セラフィールドに実績なしのGE日立の小型「もんじゅ」ができる。

兵器級プルトニウムの処分に困っていて、テロリストが狙うかもで、放射性が強く健康に有害だからといってMOXにしたりCANDUやPRISMで燃やすという英NDAとDECCの論理は破綻してる。燃やせばもっと有害なプルトニウムが増えるだけだ。

The original "preferred option" was to convert the plutonium into a form of nuclear fuel called mixed oxide (Mox) and then to burn this in conventional nuclear reactors. However, serious questions have been raised about this proposal in the light of the expensive failure of a previous £1.4bn Mox plant at Sellafield, which had to be closed in 2011.

Two other options are now on the table, according to the NDA report. One involves a Canadian nuclear power plant called a Candu reactor which will burn a simpler form of Mox fuel. The other more radical proposal is to burn the plutonium directly in a fast reactor built by GE-Hitachi.

「当初優先された選択肢はプルトニウムを便利なMOX燃料に加工して原発で燃やす案だった。 しかしながら、以前の2011年に閉鎖された14億ポンドのセラフィールドのMOXプラントの高価な失敗のおかげで、この提案に深刻な疑問がわきあがった。」

「NDAの報告によれば別の方法が2つ選択肢になってる。1つはMOX燃料より単純に燃やせるカナダのCANDUと呼ばれる原発。もう1つはプルトニウムを直接燃やすことができるGE日立の高速炉だ。

なぜ英NDAがこんな判断になったのかと言うと。セラフィールドのプルトニウムをMOX燃料に加工するのがいちばん高コストで、次にカナダのCANDU炉とその加工燃料はMOX程ではないとか。そして最後にプルトニウムを加工することなく直接燃やせるのがGE日立のPRISM高速炉と言う判断をしてる。

セラフィールドのプルトニウムをMOX燃料にする方針が当初案で、仏アレバが30億ポンド(約5000億円)でMOX燃料工場を新設することになってた。コストを考えた時CANDU+専用燃料工場か、プルトニウムを燃料加工しないでPRISMで直接燃やすかの3つの選択肢になったようだ。英は2015年までに決めてストライクプライス契約する予定。

MOXにしてもCANDOで燃やしてもPRISMで燃やしても兵器に使える比較的安全なPu239が減るだけで、中性子線ガンマ線アルファ崩壊熱の強い不安定なPu240/Am2421/Pu238ができてしまい今以上に処分に困る事を英NDAは隠してる。

投稿されたコメント:

コメント
  • HTML文法 許可