弁財天

ゴフマン「専門家を信じるのではなく、自分自身で考えて判断せよ」

twemoji "GRINNING FACE WITH SMILING EYES" のリストはどこなの? update1

postgresql.org→Re: can postgresql supported utf8mb4 character sets ?
postgresql.org→22.3. Character Set Support

Table 22-1. PostgreSQL Character Sets
NameDescriptionLanguageServer?Bytes/CharAliases
UTF8Unicode, 8-bitallYes1-4Unicode

qiita.com→Perlで絵文字を使ってみる

#!/usr/bin/perl
use strict;
use warnings;
use utf8;
use Encode;
print encode('UTF-8', "笑った目のニヤリ顔 \N{GRINNING FACE WITH SMILING EYES}\n");

my $emoji = "\N{GRINNING FACE WITH SMILING EYES}";
my $c = unpack("C*", $emoji); 
my $msg = sprintf("\N{GRINNING FACE WITH SMILING EYES} is %x\n", $c);
print encode('UTF-8', $msg);
などとやるとLinuxの端末エミュレーター(MATE端末)にもふつうに絵文字が表示される時代になったw。


このツイッターで入力可能な絵文字のリストはどこにあるの?

ここがオープンソースの場所。 しかし😁 が \N{GRINNING FACE WITH SMILING EYES}で1f601であるリストはないw。

それがたぶんこれだ。→emojipedia.org/twitter/
😁 Beaming Face With Smiling Eyes
GRINNING と Beaming が混乱してるw。

HTMLのソースをみると

<img src="https://emojipedia-us.s3.amazonaws.com/thumbs/72/twitter/141/grinning-face-with-smiling-eyes_1f601.png" srcset="https://emojipedia-us.s3.amazonaws.com/thumbs/144/twitter/141/grinning-face-with-smiling-eyes_1f601.png 2x" alt="Beaming Face With Smiling Eyes" title="Beaming Face With Smiling Eyes" width="72" height="72">
ネットでは2015年ごろから Smiling Faceではない Grinning Face と Beaming Face の微妙な表現に挑戦してるらすいw。 アップルとHTCでは明らかに意味が違うと思うぞw。 相手とスマホやPCのメーカーやOSが違うと間違った意味が相手に伝わってしまうリスクがあるw。 こういうワナに何百万人がハマってしまったのだろうな。 いやいや、どんなに貧乏な学生でも高価なiPhoneを使っている理由は、こんなくっだらない理由なのかもw。

\N{GRINNING FACE WITH SMILING EYES}はvianameで絵文字にアクセスする表記で、 HTMLのコードを見てるとpngファイル名がgrinning-face-with-smiling-eyes_1f601.pngとなってる。 grinning-face-with-smiling-eyesが1f601なんだろw。で、これが一覧に使えるのだろうw。微妙にvianameが違う気もするがw。

#!/usr/bin/perl

use strict;
use warnings;
use utf8;
use Encode;
use HTML::TokeParser::Simple;

while(<>) {
	my $line = $_;
	if (/emojipedia-us.s3.amazonaws.com/) {
		my $parser = HTML::TokeParser::Simple->new(string => $line);
		my $img;
		while ( $img = $parser->get_tag("img") ) {
			my $src = $img->get_attr("src");
			my @src_a = split(/\//, $src);
			my $fn = $src_a[$#src_a];
			my @fn_a = split(/_/, $fn);
			my $fn_title = $fn_a[0];
			$fn_title = uc $fn_title;
			$fn_title =~ s/-/ /g;
			my $title = $img->get_attr("title");
			$title = uc $title;
			$title =~ s/:/ /;
			$title =~ s/,/ /;
			$title =~ s/-/ /;
			my $code = "print encode('UTF-8', \"\\N{".$title."} \");\n";
			eval($code);
			print "# $title $src_a[$#src_a]\n";
			if ($title ne $fn_title) {
			$code = "print encode('UTF-8', \"\\N{".$fn_title."} \");\n";
			eval($code);
			print "# $fn_title $src_a[$#src_a]\n";
			}
		}
	}
}

プラットホームが違うとぜんぜん噛み合わないw。野放し状態。 サイバー兵器「Shift_JIS」が絵文字になって帰ってきたかんじを否定できないw。 ここがキュレーターの攻略ポイントなのだ。
サイバー兵器「Shift_JIS」と「BIG5(繁体字中国語)」

投稿されたコメント:

コメント
コメントは無効になっています。