弁財天

ゴフマン「専門家を信じるのではなく、自分自身で考えて判断せよ」

1998年11月24日に三重県伊勢市で行方不明になった辻出紀子記者と渡鹿野島(わたかのじま)とミキモト真珠でのアッキーGJ update1

【驚いたのは三重県の辻出紀子さんが特定失踪者に入れられたことだ。「以前から拉致された疑いが濃厚」は事実ではない。県警のターゲットは日本人だ。】w


【閲覧注意】売春島から17年帰ってこない女性、、、辻出紀子さん失踪事件<森下左京の事件ファイル>
森下左京w

「辻出紀子さんは学生時代から、東南アジアで女性や子供への虐待現場を取材…不法入国(密輸)ルート…が三重県の渡鹿野島(わたかのじま)だというのです。…渡鹿野島では、古くから売春行為が行われていることで知られていました。紀子さんは島への潜入調査を計画するとともに…」


あら?近くに志摩スペイン村がw
いやいや、ミキモト真珠と志摩スペイン村と渡鹿野島(わたかのじま)なんだw

「トランプ大統領夫人メラニア氏は安倍昭恵さんのご案内で銀座ミキモトへ 日本の真珠は世界が賞賛する宝飾品。…御木本幸吉がアコヤガイで真円真珠の養殖に成功した歴史はあまりにも有名。」
なんだー。アッキーGJだったのか。気付かなかったw


昭和34年(1959年)12月25日「三重県水産学部では原研の原子炉で真珠を黒真珠化するテストをしていたが、十四臼黒色というよりもむしろ玉虫色の美しい…天然真珠に毎秒1平方センチあたり約1千億個の中性子を4週間続けて与えた結果、ごくわずか含まれている炭酸マンガンが中性子で変化したもの。」w

ハゲイと第一原子力グループとミキモト真珠と渡鹿野島(わたかのじま)。辻元紀子記者は、後藤忠政の伊香保温泉みたいな管理売春、臓器狩りビジネスに近づいて消されたな。ミイラ取りがミイラに。女性記者が臓器狩りに。

tsujidenoriko.jp→辻出紀子写真展 -旅のあしあと-
「1993年4月 立命館大学法学部(政治行政コース)入学」

mikaiketsu.9.tool.ms→辻出紀子(当時24歳、女)三重・伊勢市

辻出紀子(当時24歳、女)三重・伊勢市
【1998/11/24 辻出紀子(当時24歳、女)三重・伊勢市】
http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/080908/plc0809080200001-n1.htm
http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/080908/plc0809080200001-n2.htm

【拉致新疑惑】捜査当局が拉致事件で再捜査 10年前に失踪の辻出さん MSN産経ニュース(2008.9.8 02:00)
 平成10年に三重県伊勢市で失踪(しつそう)した女性が、 北朝鮮に拉致されているとの情報が中朝関係筋から 政府に寄せられていたことが7日、複数の政府関係者の話で分かった。 女性は政府認定の拉致被害者や特定失踪者リストにも含まれておらず、 捜査当局は拉致事件での立件を視野に再捜査を開始する方針を決めた。 当時、現場近くに不審船の出入りがなかったかどうかなどを洗い直す。 政府の拉致問題対策本部もこうした情報を把握、強い関心を示している。 この女性が拉致されていることが確認されれば、18人目の拉致被害者になる。
 北朝鮮の金正日総書記は昭和60年代以降の拉致を否定しており、 この拉致疑惑が事実であれば、北朝鮮の主張がまた一つ根底から 崩れる可能性が出てきた。
 女性は宮崎県生まれで、伊勢市の地域雑誌「伊勢志摩」の編集記者をしていた 津市の辻出紀子さん=失踪当時(24)。 辻出さんは平成10年11月24日深夜に退社した後、行方不明となった。
 三重県警は、辻出さんが知人男性から伊勢市内の損害保険会社駐車場に 呼び出されていたことを把握、事情聴取したが
「当日夜に会ったが、付近の県道で車から降ろした後は知らない」などと話し、 捜査は「迷宮」入りとなっていた。
 しかし、今年春ごろに政府関係者が北朝鮮事情に詳しい中朝関係筋から 「辻出紀子さんという方が北朝鮮にいるのではないか」との情報が寄せられていた。 この際、日本側は「辻出さんの『つ』の字も出さなかったのに、先方から辻出さんの 名前をフルネームで言った」(関係者)という。
 辻出さんに関しては、平成18年夏にも「北朝鮮で似たような人を見た」 との情報が脱北者から寄せられたが、日本のNGOが調査した結果、 別人と判明したこともあった。
 ただ今回、辻出さんの拉致情報が別ルートからも寄せられたことで、 三重県警などは拉致事件の可能性を含め捜査を洗い直す方針だ。 政府関係者は「第三国の人間が、拉致被害者や特定失踪者にもなっていない人の 名前を知っているのは不自然だ」として高い関心を寄せている。
 北朝鮮による拉致事件をめぐっては、金総書記が小泉純一郎首相(当時)との 平成14年9月の日朝首脳会談で日本人拉致を認めた上で、関係者の処罰や再発防止を約束。今年8月の日朝実務者協議では北朝鮮がすべての拉致被害者の再調査を行うと約束した。
 北朝鮮側は1日の福田康夫首相の辞任表明に伴い、再調査のための 調査委員会設置を延期すると日本政府に通告したが、辻出さんの新たな 拉致疑惑が浮上したことで、今後の日朝協議にも影響を与えそうだ。
-------------------------------------------------------------------------------------------------------------
午後11時過ぎ伊勢市神田久志本町の出版社「伊勢文化舎」に上着を残したまま退社、 その後行方不明に。翌日会社近くの損保会社の駐車場で所持品の残されていない 車だけが見つかる。
当夜午後11時過ぎ、取材で顔見知りの30代の男性に呼び出されていたことがわかるが 男性は事情聴取に
「取材に関するやり取りで行き違いがあり、直接謝りたかったので呼び出した、  損保会社の駐車場で落ち合い、自分の車に乗せて1~2時間話をした  その後駐車場から少し離れた県道沿いで降ろした。別れてからの彼女の行動は何も知らない」 と供述。目撃者や物証が見つからず、男性にはアリバイがない。
http://www.police.pref.mie.jp/onegai/search/03_noriko.html
http://www.tsujidenoriko.jp/flow.html(辻出紀子写真展、事件の経緯)
http://web.archive.org/web/20031024061927/
http://www.koide.net/~nishimuta/tm/cub-hpnikki/cub-8shou/cub-8shou1.htm(辻出さんとそのボーイフレンドをよく知る人の手記)
http://www.tv-asahi.co.jp/telechika/contents/sos/0016/index.html#f1
【今年(2008年)春ごろに政府関係者が北朝鮮事情に詳しい中朝関係筋から 「辻出紀子さんという方が北朝鮮にいるのではないか」との情報…日本側は「辻出さんの『つ』の字も出さなかったのに、先方から辻出さんの名前をフルネームで言った」(関係者)】w
よせばいいのに臓器狩り殺人被害者を拉致被害フィクションに仕立てているw

【彼女の名前は辻出紀子さん(当時24歳)。主に地域のレジャー情報を扱う雑誌の記者でした。】
「風化させては絶対にいけない。なぜ彼女が巻き込まれなければいけなかったのか。」

tablo.jp→【未解決事件の闇11】女性編集者失踪・容疑者Xの知られざる真実
【「辻出さんとは車内で話をした後、セックスをして別れました。一緒にいたのは1~2時間ぐらいで、後のことは知りません」…母親である美千代さんは「なんで毎回、紹介する男の子が違うのか」と不満そうに語った…そのことから紀子さんは異性との交際が派手だったことが見て取れる。加えて、信用した人間に対しては性別関係なく誠意をもって付き合う彼女の性格が異性に勘違いさせる傾向、つまり惚れられやすい傾向があったことも事実である。】w
東電OLみたいな売春スピンかぁw。

matome.naver.jp→伊勢市女性記者行方不明事件まとめ
「それどころか、99年2月に東京都港区の女性を監禁したとして、"別件逮捕"(東京で起きた事件にもかかわらず三重県警が拘留)されたが、裁判では無罪。逆に警察が訴えられる始末となり、それ以降は所轄が手出しできない状況になっているのだ。」

2ch→【売春島】 辻出紀子さん失踪事件 【北朝鮮】 (284)

201 名無しさん@お腹いっぱい。
2013/11/10(日) 08:42:20.71 ID:??? 
犯人はタイからの帰国を待ってた訳ですよね 

カンボジアのオギャとか、後藤忠政とか、経団連とか、インラックとか、エダノとか、光通信とか、理研とかw…いつものヤツらだなw。

maribon.co.jp→Maribon公式サイト | キャラクター制作・版権・管理

有限会社 MARIBON
(伊賀上野NINJAフェスタ実行委員会公認 伊賀流忍者萌えキャラクター作成事務局)
(三重県志摩市非公認 伊勢志摩海女萌えキャラクター作成事務局)
(えびの市観光協会公認 ご当地萌えキャラクター作成事務局)

〒510-0961 三重県四日市市波木町218-4
E-mail : info@maribon.co.jp

ibm.com→「お客様を知る」ためにIBM Bluemixで、素早くアプリケーションの開発/デプロイ/修正を短いサイクルで繰り返し、アイデアを育てる環境を構築

株式会社本田技術研究所
「お客様を知る」ためにIBM Bluemixで、素早くアプリケーションの開発/デプロイ/修正を短いサイクルで繰り返し、アイデアを育てる環境を構築

Hondaの四輪車開発を担う株式会社本田技術研究所(以下、本田技術研究所)四輪R&Dセンターは「お客様を知る」ことで、お客様の期待を超える価値を持つクルマをつくり出そうと取り組みを進めています。本田技術研究所ではお客様を知るために、アイデアやデータ取得、分析の仕組みを試すことができる環境をIBM Bluemixで実現。開発、デプロイ、修正を短いサイクルで繰り返し、短期間で開発したIoTアプリケーションの1つである「安全性・運転技量診断」は社内のテストドライバー育成に利用され、鈴鹿サーキット交通教育センターでの活用に関する研究が進められています。本田技術研究所は今後、IBM Bluemixを基盤に、IBM Bluemixで提供されるさまざまなAPIを活用し、お客様を知る活動をさらに高度化していきます。
“IBM Bluemixは少ない投資ですぐに使え、スピード感を持って試してみて、思いついたアイデアを育てることができる“砂場”のような環境が実現できると実感しています”
—株式会社本田技術研究所 四輪R&Dセンター 商品・感性価値企画室 主任研究員 小川 努氏,

Business Challenge story
消費者が多様化する中で、本田技術研究所はお客様との接点を増やし、さまざまな情報を収集して、お客様の行動や感情を分析することによって、お客様を正しく知り、お客様に選ばれるクルマづくりに取り組もうとしています。クルマの設計を専門にしてきたエンジニアが「好き、嫌い」という消費者の主観的な判断を分析する統計的な手法に慣れるためには、試行錯誤を重ねながら、思いついたアイデアやデータ取得、分析の仕組みを育てていける “砂場”のような環境が必要であると考えました。

Transformation
本田技術研究所はお客様を知るためのデータを集める過程で、IBM Bluemixを活用して、開発/デプロイ/修正を短いサイクルで繰り返して、アイデアを試し、育てる環境を構築することが可能であることを知りました。IBM Bluemix 上でNode-REDを使えば、情報を取得するAPIとクラウド・データベース・サービス、IBM Cloudantなどを電子ブロックのようにつなぐことで、IBM SPSS Modelerによる分析環境との連携も含めて、素早く、開発、デプロイ、修正を短いサイクルで繰り返して、IoTアプリケーションを開発することができます。さらに、IBM Bluemixを利用すれば、アプリケーション開発用のサーバー構築や運用などの労力にとらわれずに、プログラミングに集中することが可能になります。本田技術研究所ではこの環境を活用して、短期間でさまざまなアプリケーションを開発しています。

Benefits
IBM Bluemix上で開発したIoTアプリケーションの代表例が個人の運転の安全性や運転技量を定量的に把握する「安全性・運転技量診断」です。このアプリケーションはクルマにスマートフォンを載せて、GPSや加速度センサーなどの機能を活用して、運転行動および車両挙動のデータを取得、運転シーンの推定や挙動の判定分析をIBM SPSS Modelerで行い、ドライバーの技量を統計的に得点として表示します。 このアプリケーションを車両評価を行うテストドライバーの育成にも使い始めています。今まで、クルマの運転のうまさはベテランのテストドライバーがその経験から判断していました。しかし、このアプリケーションでクルマの挙動データを集めて分析し、数値化する作業を続けていくことで、運転技能を早く身につけ、成長することができるようになります。そのため、企業向けに安全運転研修を行っている鈴鹿サーキット交通教育センターでもその可能性と活用の仕方について、研究が進んでいます。 本田技術研究所では、IBM Bluemixを使って、アイデアを育てるためのさまざまな試みとして、お客様を知るためにIBM Watson Personality InsightsなどのAPIサービスをほかのアプリケーションで利用しています。そして将来的には自分たちの知識やノウハウを取り入れたサービスを作り、お客様のHondaの製品への評価や要望を理解するために活用していくことを構想しています。
お客様名
→株式会社本田技術研究所(外部サイトへリンク)
製品・サービス・技術 情報
当事例で使用されている主な製品・サービスは下記の通りです。
IBM Cloudライト・アカウント, IBM Watson Machine Learning, IBM Cloudant, IBM SPSS Modeler, Node-RED
Solution Category IBM Cloud
本田技術研究所、鈴鹿サーキット交通教育センター、IBM SPSS Modeler、IBM Watson Personality Insights…w

投稿されたコメント:

コメント
コメントは無効になっています。