弁財天

ゴフマン「専門家を信じるのではなく、自分自身で考えて判断せよ」

台湾総統選に圧勝した蔡英文が香港区議会選挙の民主派圧勝と英議会選挙のBoJo圧勝に似てるとw update3

英議会選挙でBoJoが単独過半数で圧勝、つか労働党が1935年以来の大敗w

【観光バス投入】香港区議会(地方議会)選挙で民主派の議席数が7割超えで大逆転w

おぉぉ、関電社長の顔芸を体得したのかw

台湾総統選、圧勝の蔡氏を中国国営メディアが批判「汚い小細工」「まぐれ」 2020年1月12日 16:12 発信地:北京/中国 [ 中国 台湾 中国・台湾 ]
台湾総統選、圧勝の蔡氏を中国国営メディアが批判「汚い小細工」「まぐれ」❮ 1/7 ❯‹ ›
再選を果たし、台湾の台北市内の党本部前で支持者らに手を振る民進党の蔡英文総統(2020年1月11日撮影)。(c) Sam Yeh / AFP
【1月12日 AFP】11日の台湾総統選で与党・民主進歩党(DPP)の蔡英文(Tsai Ing-wen)総統が圧勝したことを受けて、中国国営新華社通信(Xinhua)は12日、蔡氏が不正行為などの「汚い小細工」を用いたと批判した。
 共産党の一党独裁を強める中国に対して、自らを台湾の自由主義的な価値観の擁護者としてアピールしてきた蔡氏は、過去最多得票で再選を果たした。中国は台湾の孤立化を図ったが、強い反発を招く形になった。
 新華社は英語版の論説で、「これはどう見ても正常な選挙ではない」と述べ、蔡氏と民進党が「不正行為や抑圧、脅迫などの汚い小細工を用いて得票し、身勝手で強欲、邪悪な本性を完全に露呈した」と付け加えた。11日には中国語版の論説でも、蔡氏が票の買収を行ったと非難し、圧勝には「外部の闇の勢力」が一役買っていると主張した。
 台湾統一に向けて武力行使も辞さないと公言している中国政府は、台湾を中国の一部とする「一つの中国」の原則を受け入れない蔡氏を嫌悪している。
 中国は過去4年間、経済・軍事・外交面で台湾への圧力を強め、有権者の不安をあおることで、蔡氏と反対の立場を取る野党の支持を高めようと図ってきた。しかしこうした強硬策が裏目に出て、蔡氏の民進党は支持を拡大した。
 反政府抗議デモが何か月も続き、一部が過激化している香港情勢も追い風になった。中国は台湾との統一にあたって香港と同じ「一国二制度」を適用する可能性を示唆しており、台湾の有権者の間で警戒感が高まっている。
 共産党機関紙系の環球時報(Global Times)は昨年末、蔡氏と民進党が「いわゆる中国本土からの脅威をいたずらにあおり」、対立候補で対中融和派の最大野党・国民党(KMT)の韓国瑜(Han Kuo-yu)氏の本土とのつながりを「中傷した」と報じていた。
 また、中国国営メディアは台湾総統選の結果について、台湾と中国本土の長期的なつながりにおける「例外」と一蹴。新華社は蔡氏の勝利を「まぐれ」と評した。
 環球時報は論説で、「中国本土が徐々に力を増す一方、台湾島が徐々に力を弱めているのは避けられない現実だ」「この現実を認めてそれに従うことが、台湾の平和的発展にふさわしい唯一の選択肢だ」と述べた。(c)AFP

As people of insight and the media on the island have said, this is obviously not a normal election. Tsai and the DPP used dirty tactics such as cheating, repression and intimidation to get votes, fully exposing their selfish, greedy and evil nature.

これね…w

投稿されたコメント:

コメント
コメントは無効になっています。