弁財天

ゴフマン「専門家を信じるのではなく、自分自身で考えて判断せよ」

トリチウムの湖水効果で降雪が起きる udpate16

東京都心で初雪観測 11月では54年ぶり 11月24日 6時45分
気象庁によりますと、東京の都心で23日午前6時15分にみぞれが降り、気象庁は「東京の都心で初雪を観測した」と発表しました。東京の都心で11月に初雪を観測したのは、昭和37年以来54年ぶりです。
東京・立川市のJR立川駅では、降り続いていた雨が午前6時半ごろから本格的な雪に変わりました。出勤する会社員や登校する高校生などが傘をさして足早に駅に向かう様子が見られました。
会社員の20代の女性は、「交通に影響が出ると思い、ふだんよりも30分早めに家を出ました。雪が降り続いて電車が止まらないか心配です」と話していました。また、男子高校生は、「駅を降りたら雪が降っていてびっくりしました。1時間早く家を出ましたが、遅れなくてよかったです」と話していました。
前回は昭和37年(1962年)かぁ。
1961年(昭和36年)12月川崎市王禅寺 東急五島育英会研究炉 (MITRR) 東京都市大学(旧武蔵工業大学)が臨界。1989年(平成元年)12月まで運転。
1961年(昭和36年)12月25日川崎市王禅寺の日立研究炉 (HTR)が臨界。1975年(昭和50年)まで運転。
1962年(昭和37年)3月13日川崎区浮島東芝研究炉 (TTR-1)が臨界。2001年(平成13)2月まで運転。
1963年(昭和38年)12月川崎区浮島東芝研究炉 (BWR)が臨界。2014年も運転中。
前回の降雪の原因は浮島だな。川崎の実験炉

ペンシルバニア州で甲状腺がんが増える。
原因は明らかにこれ↓だな。

ペンシルバニアにある原発の排気が雪を降らせる様子が気象レーダに映ったらしいwww
"Nuke Effect" snow? Pennsylvania power plant spawns "nuclear" snow plume

ボクがこれを見たときに思ったこと。
気象学者は何10年も前から原発からの熱と蒸気の放出が風下に雲を発生させ雨を降らせることを知っていた。
今、その現象がドップラーレーダーに映った。
「核の効果による降雪」
ペンシルベニア州のシッピングポートの近くにあるビーバーバレー原発で 寒空に排気する熱と蒸気が「核の効果」を起こし風下に雪を降らせた。 最大1インチの積雪が観測された。地域的な降雪現象。
以下はピッツバーグの原発の排気が風下に降雪させてるドップラーレーダー画像。

左側のマップ見るとペンシルベニア州全体を横切って500km先のニューヨークまで届いてる。 ただの熱と蒸気なら500km先まで届かないんじゃね。ひょっとして希ガスの影響か。


異常気象の原因はCO2だと断言してるけど、そのCは炭素14なんじゃね。さらに原発が放出してる水蒸気のH2OのHはH3(トリチウム)なんだろうな。こんなのがちょっと大気中に存在するだけで気象が大きく変動する。電離層を透過し僅かに到達する宇宙線で雲ができるくらいなのだから当たり前か。←クリプトン85が露点を低下させる効果があることが判ってる。気温上昇の原因。

ワシントン・ポストを使ってムラがレイクイフェクトだとすぐに反論。
TheWashingtonPost/ Nuclear power plant produces snow in southwest Pennsylvania

しかし、Hobart & William Smith大学物理学部のSteven Penn教授がNRCに送ったメールに原因が書いてあった。 これはレイクイフェクトに似たトリチウム水(TOH)効果なのだ。

ML092100271

1) Tritium exposure: US Pressurized Water Reactor (PWR) release between 400-800 Curies/year of tritium. At Nine Mile Point this tritium would be released into Lake Ontario or from the cooling tower in the form of tritiated water (TOH). In the winter months this water, because of its higher relative temperature, would evaporate, cool, crystalize and fall back to earth as snow. The colder the outside air, the shorter distance this water would travel before being deposited as snow. Thus it would seem that during the winter the deposition pattern of tritium would mirror the prevailing lake-effect snow patterns. But the colder the winter the more concentrated the tritium levels. Can you please construct a conservative model to estimate the maximum tritium annual deposition and compare this level to the allowed US dose limit for tritium.

1) トリチウム被曝:
米のPWRは400-800キュリー/年のトリチウムを放出してる。 このトリチウムは9マイル先のオンタリオ湖に溶けるか 冷却塔からトリチエイティドウォータ(TOH)として放出される。

冬季このトリチウム水(TOH)は相対的に温度が高いために蒸発、凝縮、氷結し降雪する。 外気が冷たくなればなるほど、近くのトリチウム水は雪になる前に漂ってくる。 このような理由で冬季のトリチウム排気は湖水効果雪(lake-effect snow pattern)のような現象を起こす。

しかし、冬が寒くなればなる程トリチウム濃度は上昇してしまう。

君達(NRC)、トリチウムの年間最大放出量と米の被曝規制値を比較した推測モデルを組み立ててくれないか。

冬はトリチウムがH2Oならぬトリチウム水(TOH)の形状になってPWR周辺を漂って、 寒くなる程濃度が上がるというNRCのドキュメント見つけちゃったけど大飯原発もPWR。

このようなトリチウム水(TOH)の性質から合衆国のトリチウム被曝限度を超えるかどうか 推測モデルを作ってくれというNRCへの依頼みたいだ。土人のクニの規制庁や環境省は対応してくれないよな。

ちなみに、ビーバーバレー原発はPWR

やっぱ寒い冬はトリチウム水飲んで大飯原発を応援しよう。えんぴつ持ったらみらい。コップを持ったらトリチウム水。

寒い冬はトリチウムの濃度が高くなるから、冬の水爆実験は控えるように。→核融研

再処理工場 B系溶融炉の固化体試験終了 (2013/01/05 09:01)デーリー東北新聞社

六ケ所村の使用済み核燃料再処理工場で実施中のガラス固化体(高レベル放射性廃棄物)製造試験について、日本原燃は4日、二つある溶融炉のうちB系統の試験を終了したと発表した。トラブルなどはなく順調に進んだとしている。春ごろをめどに残るA系統の試験を行い、国の検査などを経て10月に工場を完成させる計画だ。

2013年1月東京の積雪の原因は1月4日に六ヶ所再処理工場でガラス固化を実行してトリチウムを大量に放出したからだな。「トラブルなどはなく順調に進んだ」なんて、東京の積雪はトラブルだろ。

寒くなるとトリチウムが濃度が上がる。このレイクイフェクトの性質を応用すればトリチウムを分離除去できるはず。 六ヶ所は次回再処理実行までにトリチウム除去プラントを開発すべき。 問い合わせ先は、Hobart & William Smith大学 Steven Penn [penn@hws.edu]

放射能の川と雨:原発からのトリチウム水の定期的な放出
Radioactive Rivers and Rain: Routine Releases of Tritiated Water From Nuclear Power Plants

PWRからトリチウムが発生する理由は、PWRの冷却水にホウ素とリチウムが混ぜてあるから。中性子が衝突してトリチウムが発生。以前PWRの釜フタを腐食させた反応速度制御用のホウ酸水だ。リチウムも崩壊速度制御用に混ぜてある。

BWRの冷却水にはホウ素もリチウムも混ぜてないので中性子と反応は起きない。だからBWRからトリチウムは発生しないのかと言うと違う。BWRの核燃料の核反応でトリチウムがやはり発生する。でもPWRのトリチウム放出のほうが多い。

NRCは全米の原発が放出してる放射能の量を公開してる。2004年の統計でPWRのトリチウム放出量は0~972キュリーで、BWRは0~281キュリー。PWRはBWRに比べ約3倍のトリチウムを放出するけど、発電能力が大きければ放出量も多くなる。

PWRの希ガスは再稼動させて安定するまでと、止めて釜を開けるときに大量に放出されるらしい。大飯原発の再稼動反対でサンバ隊が雨の中でデモやったけど、あれはトリチウムの雨だわ。原発の近くでデモするのはやめよう。被曝しちゃう。とくにPWR。

Rainfall episodes that occur during gaseous discharge events result in the rainfall becoming contaminated with tritium. Such contamination could reach high levels under certain weather and tritium release conditions.
「降雨の話は気体排出の際に結果的にトリチウムで汚染された雨になって起きる。 このような汚染は特定の気象条件とトリチウム排出条件では高レベルに達する。」

Tritium Releases to Air and Water from Nuclear Power Plants - Tables of Release Data from 2004 or 2005 -

Hobart & William Smith大学物理学部のSteven Penn教授が「トリチウム水の温度は高い」と言ってるの温度とは Triple-point temperature三重点温度 のこと。
カナダ原子力安全委員会「大気中のトリチウムの環境動態の解明 - トリチウム研究プロジェクト」 ML102990100の24ページ

Table 3.2: Thermodynamic Properties of the Oxides of Hydrogen Isotopes (Bigeleisen, 1962; Jacobs, 1968; Smith and Fitch, 1963).

Thermodynamic PropertyOxide of Hydrogen Isotope
H2OD2OT2O
Boiling point (℃)100.00101.42101.51
Triple-point temperature (℃)0.0103.824.49
Triple-point pressure (mmHg)4.585.024.87
Heat of vaporization at the boiling point (kcal/mole)9.729.910.1
Entropy (at 298 K)16.7518.919.0
水(H2O)は0.010℃に対してトリチウム水(T2O)は4.49℃

ネーチャー誌の2012年12月号に掲載された論文
Concentration of 3H in plants around Fukushima Dai-ichi Nuclear Power Station

フクイチ20kmで167Bq/Lのトリチウム濃度。311前は1.5Bq/Lだった。 カナダのピカリング原発から5kmのエイジャックスのトリチウム濃度は10.04Bq/Lでカナダの自然水は1.7Bq/Lとしてる。


六ヶ所の再処理以上にフクイチ周辺のトリチウム汚染はひどい。 たしかに日本の原発には冷却塔はなかった。 しかし爆発した1234号機が冷却塔以上にトリチウムを放出してる。

米北東部の猛吹雪で70万戸停電・5人死亡、原発は自動停止

[ボストン/ニューヨーク 9日 ロイター] 米北東部では9日、コネティカット州などを中心に記録的な猛吹雪に見舞われ、約70万戸が停電となり、計5人が死亡した。米国立測候所(NWS)によると、一部の地域では90センチを超える積雪となった。

電力会社によると、猛吹雪で電線が切れるなどして計9州の住宅や事業所約70万戸が停電となった。米原子力規制委員会(NRC)は、マサチューセッツ州のピルグリム原子力発電所が8日夜に自動停止したが、安全性に影響はないと発表した。

コネティカット州のマロイ知事は、同州では雪かき中の事故などで3人が犠牲になったとし、マサチューセッツ州ボストンの消防当局者は同州で11歳の少年1人が死亡したと発表。ニューヨーク州では男性1人が亡くなったと地元メディアが報じた。

航空便追跡サービスサイトのFlightAware.comによると、9日には約2200便が欠航。ボストンのローガン国際空港とコネティカット州のブラッドレー国際空港は閉鎖された。

9日にはニューヨーク市中心部でも30センチの積雪となったが、ニューヨーク・ファッション・ウィークは予定通り行われた。

同日午後には吹雪が徐々に東に向かう中、マサチューセッツ州とコネティカット州では自動車の走行禁止が解除された。NWSは、週末から11日にかけて、コロラド、ネブラスカ、ノースダコタ、ミネソタ、サウスダコタ、ワイオミングの各州も雪や猛吹雪に見舞われる可能性があるとしている。

ビーバーバレー原発のレイクエフェクト(降雪効果)でピルグリム原発が停止してしまったという。


この写真を始めて見た時にいったい何が起きたのか判らなかったけど、三重点温度の違いによるトリチウム水の濃霧だと思うぞ


トリチウム水(TOH)はH2Oに比べて三重点温度が高い。トリチウム水の濃霧ですな。→「夏や梅雨は、特に霧がひどい。雨が降って急に晴れたときなど、海から濃霧が上がってくる。」

And nobody mentions that in the cover shot #4 is steaming and the harbour is boiling.

トリチウムの霧だ。

投稿されたコメント:

コメント
  • HTML文法 許可