弁財天

ゴフマン「専門家を信じるのではなく、自分自身で考えて判断せよ」

核融研が日本一気温が高くなる多治見の原因 update14

地球は自転する遠心分離器で、緯度によって濃縮される核種が違うのだろう。←超仮説

ベータ核種による呼吸器系の被曝と給食による食べて応援で夏なのにインフルで学級閉鎖、韓国にMERSアタック
Strontium 90 concentrations and stratospheric transport

「ストロンチウム90の濃度と成層圏の移動」
「1963年1月からの24キロから36キロの高度での Sr90濃度の成層圏の季節による傾向として中緯度の半球のそれぞれの地点で 春は最小になり、夏から秋にかけて最大になる。
「この論文では1963年1月から1965年末にかけてのSr90濃度のの季節傾向を表している。 これらの傾向をベースに成層圏地域の将来のSr90濃度を1968年まで予報。 この時のSr90濃度の研究で、それぞれの半球の中緯度上空で大気中平均が冬から春にかけての減少し、 その後、他の緯度からの流入の他に、夏から秋にかけて(Sr90濃度平均の)上昇が起きた。」

あ、そか。この論文は地球が自転する遠心分離器であることを説明してたんだ。

まさかフクイチで説明できてしまうとは。


核融研は実験廃液を土岐川に捨ててる。トリチウムや炭素14など放射性の水蒸気やCO2、希ガスが周辺環境に充満してるはず。多治見市が日本一気温が高くなるのは核融研が原因ではないのか。 仏ラ・ハーグと英セラフィールドの再処理工場を槍玉にあげてる風下のオランダと独と同じ状況だ。

実験計画書の82ページ。 「重水素実験で発生する中性子およびトリチウムの多くは重水素ビームと重水素プラ ズマの間の核融合反応によるものであり」核融研の重水素実験という名の水爆実験。

水爆実験って1年に100回を7年間も続けるのか。 「最初の6年間は毎年最大100回、7年目に最大862回重水素を用いた実験を行うことを検討」

核融研はキーホルダー程度のトリチウムだから安全だと言い張って土岐川に放射性物質を垂れ流すようだ。 大気の雲は10イオンペアcm-3 s-1の反応速度で発生してる。 ほんのわずかな大気のイオン化が異常気象を起こすというのがオランダの論文。

水にちょっと塩を加えると電導性が大きくなる。これと同じことが大気でも起きる。 半減期の長い核種が大気に蓄積して電導性を増加させイオン化率を増加、異常気象の原因になってる。

「放射性物質が僅かにでも大気中に増えると大気のイオン化が大きくなり異常気象が悪化するから。」 というのをガレキを燃やしてはいけない理由に追加しないといけないな。

もうビスマスが世界中で降ってるので手遅れかもしれないが、ケムトレイルで中和させる方法もある。なんだかなぁ。

広島原爆が爆発した後に黒い雨が降ったのと異常気象の原因は同じだ。

オバマ就任演説 For Immediate Release January 21, 2013
Inaugural Address by President Barack Obama

We, the people, still believe that our obligations as Americans are not just to ourselves, but to all posterity. We will respond to the threat of climate change, knowing that the failure to do so would betray our children and future generations. (Applause.) Some may still deny the overwhelming judgment of science, but none can avoid the devastating impact of raging fires and crippling drought and more powerful storms.
黒人の大統領から核融研を含むムラの土人達へ→(異常気象の原因に関して)「科学者の圧倒的な判断にまだ抵抗する人達もいる。」"Some may still deny the overwhelming judgment of science"

NOAAの論文1974年1月から5月までの合衆国中部でのクリプトン85の空気中濃度の6ページ下に掲載されたグラフ

クリプトン85の濃度(縦軸右)と露点(縦軸左)の関係
横軸は測定した原発の緯度
露点(Dew Point)とは空気中の水蒸気が凝結する温度のこと。
華氏 → 摂氏
23°F → -5℃
42°F → +5.6℃

大気中のクリプトン85の濃度が13.6(pCl/SCM)から14.1(pCl/SCM)に変化するだけで 露点(空気中の水蒸気が凝結する温度)が42F(+6C)から23F(-5C)まで変化した観測結果。 クリプトン85の濃度が上がると露天が下がり大気中の水蒸気は凝結しにくくなる。

猛暑の原因は大気中の放射能が水蒸気を凝結しにくくするから。

カナダ原子力安全委員会「大気中のトリチウムの環境動態の解明 - トリチウム研究プロジェクト」 ML102990100の24ページ

Triple-point temperature(℃)は三重点温度 のこと。水(H2O)は0.010℃なのに、トリチウム(T2O)は4.49℃

この冷却塔が日本の原発にはないので日常的なトリチウム放出は少ないかも。かすかな安心w

カナダの原子力安全委員会によるとあの冷却塔は夏は問題ないけど、冬の湯気はトリチウム水とかトリチエイティドメタンとかヤバいから冬の結露に気をつけろと26ページ。日本の原発には冷却塔がないから、やっぱ再稼動するときと釜を開けるときだな。

カナダのピカリング原発から5kmのエイジャックスのトリチウム水は10.04Bq/Lになり。飲んで応援する大人の被曝量は0.103uSv/aと書いてある。62ページ。自然の水は1.7Bq/Lとしてる。

六ヶ所再処理工場の最終テスト前の大気中トリチウム濃度
Tritium concentrations in the atmospheric environment at Rokkasho, Japan before the final testing of the spent nuclear fuel reprocessing plant


Fig. 8. Summary of tritium concentrations in the atmosphere(図8.大気中のトリチウム濃縮量)に注目。 1991年の土岐のトリチウム濃度(HT)のXプロットはダントツ。つか、どうして土岐のプロットがあるの? 水素ガスはH2だけど片方の水素原子がトリチウムの水素ガスがHT。 核融研ヤバい。いったい何を研究してるのやら。 実験室→実験プラント→商用プラントとスケールアップしていくのだけど、 実験室がいちばん危険だとFig.8のグラフが証明してくれるわい。

核融研は1997年に名古屋大学プラズマ研が移転してできた。1991年の土岐のXプロットはなんだ?

「核融合科学研究所より 皆様へ」もうひとつ 「核融合科学研究所より 皆様へ」
核融研は「核融合は超高温もしくは超高圧にする電力供給を絶ってやれば、即座に融合は止まるから安全」と言ってるらしい。

電力の品質について
「原発の能力が休日などの最低需要を越えていて、余剰電力を揚水発電で蓄えなければならない事情を隠している」

つまりこの実験は余剰電力対策なのだ。 フクイチの事故を見て核融研は研究テーマを間違えているとは思わないのだろうか。 フクイチの廃炉で今すぐ取り掛からなければならない研究課題は山のようにあるぞ。 余剰電力消化のための核融合実験を 「最初の6年間は毎年最大100回、7年目に最大862回行う」のはバカげてる。

大した発見もなかったCERNの実験が、どうしても必要な研究テーマだとは思えない。 大型ハドロン衝突型加速器が膨大な電力を消費してくれるからやってるのだ。 無意味なものにカネと時間を注ぎこんで余剰電力を消化するなんてやるべきではない。 フクイチ事故を見て研究テーマを変えようとは思わないのか。

How CERN is encouraged to not do atom or quark smashing, during periods of high demand and low power station availablity, by means of the EJP tarrif
CERNの大型ハドロン衝突型加速器(LHD)は電力不足時にEDFから実験を禁止される。 ←仏原発の余剰電力対策

仏CERNの大型ハドロン衝突型加速器(LHC)と核融研の大型ヘリカル装置(LHD)の共通点は原発の余剰電力を無理矢理大量消費させること。

くっだらねぇ。

余剰電力を12時間貯めるだけのフライホイールのようなエネルギーストレージがあれば電力なんて足りちゃうんだろうな。

重水素実験についての先日の討論会で発覚した衝撃の事実

以前、豊田の子育て「おひさまクラブML」で、このような情報が流れてました。

……………

重水素実験についての先日の討論会で発覚した衝撃の事実がありました。

「除去装置で回収したトリチウムはアイソトーブ協会へ」とのことでしたが、市民がアイソトープ協会へ電話して確認したところ、そんな契約は知らないと。 「協定を結んだ後、契約する」と、市民に話していたこととは違う話をされたそうです。 そこには多治見市長も同席。どう感じたのでしょうか。 土岐市の市役所の方も「低レベルにして土岐川へ流す」とはっきり仰っています。

……………

わたしも自分でこのことを確認しないと!と思って、電話してみたところ(日本アイソトープ協会 03−5395−8035)

「何件かお問い合わせいただいてますが、現在、アイソトープ協会で引き取ることは確定していません。引き取れるか検討はしていますが、合意には至っていません」

とのことでした。

核融研の重水素実験はやはり実験でも何でもない。 ガレキ拡散と同じで放射能汚染が目的。

ノーベル物理学賞を受賞した小柴昌俊さん(86)が反対する見解

重水素実験:核融合研の計画に小柴さん「反対」の手紙

 核融合科学研究所(岐阜県土岐市)が計画している重水素実験に対し、02年にノーベル物理学賞を受賞した小柴昌俊さん(86)が反対する見解を記した手紙を、隣接する同県多治見市の古川雅典市長に送付していたことが28日、分かった。「多治見を放射能から守ろう!市民の会」の井上敏夫代表(63)の依頼を受けて送ったという。

 ◇多治見市長に手紙

 手紙には「現在使われている核分裂の発電施設から発生する中性子の10倍も高いエネルギーの中性子が出ることを防ぐ方法が全くない」などと記され、小柴さんは毎日新聞の取材に「現状での実験は時期尚早」と話した。

 実験は、重水素を使って1億2000万度の超高温のガス(プラズマ)を作ることが目標。太陽で起きている核融合反応を、炉の中で実現する核融合発電に向けた基礎研究として行う。土岐、多治見、瑞浪の地元3市は今年度中に実験開始に同意する方向だが、反対住民は約2万人の署名を古川市長に提出する準備を進めている。

 手紙について古川市長は「ご意見として、うけたまわりました」とコメントした。【小林哲夫】

コンクリートの遮蔽では不十分→「現在使われている核分裂の発電施設から発生する中性子の10倍も高いエネルギーの中性子が出ることを防ぐ方法が全くない」

「核融合炉の誘致は危険で無駄」 小柴昌俊氏(ノーベル物理学賞受賞)の朝日新聞への投稿

「核融合炉の誘致は危険で無駄」

小柴 昌俊  東京大学名誉教授(素粒子物理学)

  新年度予算案に国際熱核融合実験炉(ITER=イーター)の立地予備調査費一億円が盛り込まれた。 実際に造るとなれば、建設費だけで五千億円はかかるという巨大計画である。あまりにお金がかかるので、国際協力で造ろうとレーガン、ゴルバチョフ米ソ首脳が合意したのが1985年だった。以後、米ソに日欧も加わった四極が分担してエ学実験と設計を進めてきたが、米国は98年にこの計画から撤退した。

それでも残る三極で設計を進め、一応の図面は引けたらしい。原子力委委員会に設けられたイータ一計画懇談会(吉 川弘之座長)は、日本誘致の方針を打ち出したとも聞く。

 核融合には、「二十一世紀の夢のエネルギー源」といった形容詞がつくことが多い。実用可能になるまで今後長期にわたる研究開発が必要だが、もし実現すれば、核分裂反応からエネルギーを取り出す普通の原子力発電と比べ安全対策が容易で放射性廃棄物も格段に少ないといわれている。

 しかし、物理学を学んできた筆者から見ると、核融合発電には致命的ともいえる欠陥がある。この欠陥が国民に十分に知らされないまま、誘致の方向が決まろうとしていることに強い憤りを感じる。 重水素と三重水素を融合させようというのがイータ一計画だが、そのとき高速中性子が大量に出る。これら高速中性子は減速されないまま真空容器の壁を直撃する。この際起こる壁の放射線損傷は、われわれの経験したことのない強烈なものになることは疑いない。 普通の原発であれば、飛び出た中性子は周りにある減速剤によって減速されるから、こうした問題は起こらない。

 かつて、イータ一計画関係者に、壁の放射線損傷をどうするのか尋ねたことがある、すると、6ヵ月で取り換えられるように壁も設計されているという返事が返ってきた。それなら、これによる稼働率の大幅な低下、コスト上昇はどうするのか、それより何よりそんなに大量に出る放射性廃棄物をどう処理するのか問いただしたが、ついに納得のいく返事を得られなかった。

 この計画の最初の主唱者であった米国が、この十年近くの経済の好況にもかかわらず、いちはやく撤退してしまった理由はこの辺にあったのではなかろうか。

 新しいエネルギー源を核融合に求めようというなら、壁を損傷する高遠中性子が出ない別の反応を取り上げるべき だろう。例えば、ヘリウム3と重水素、あるいは重水素と水素二個の三体反応などがありうる。

 これらの実現には更に高い温度と密度を必要とするから、発想を大きく転換してかからなければならないだろう。どちらにしても、イーターをいま造ることは単なる税金の無駄遣いにしかならないのではないか。

 国民のお金を使うのに、消費型と投資型とがある。投資型がすべて無駄遣いであるというつもりはない。将来に向けて必要な投資は、しなければならない。ただ、巨額になることが多いのだから、その計画の弱点も含めて国民に知らしめてから判断を仰ぐべきだと思う。

 筆者は、ニュートリノと呼ばれる素粒子の性質を調べるという、何ら現世的見返りのない研究をしてきた。そのために岐阜県神岡鉱山の地下に実験装置を造り、百数十億円もの税金を支出してもらった。そんなお前が何を生意気なことを言うかといわれる向きもあるかもしれない。

 これに関しては、現役時代、毎年二人くらい研究室に入ってくる大学院学生に対して「おれたちはな、国民の血税をもらって白分たちの夢を追わせて頂いているんだぞ。かりそめにも無駄をしてはならないぞ」と繰り返し言い続けたことに免じてお許しをお願いたい。 =投稿

やはり膨大な電力を消費するだけの無意味な研究で、さらに中性子を大量放出するので危険だ。

原研高崎の風下w

群馬・館林市 アメダス、住宅街から高校のグラウンドに 毎日新聞2018年6月25日 20時06分(最終更新 6月25日 21時33分)
 「日本一暑いまち」をPRしている群馬県館林市で今月から、気象庁の地域気象観測システム(アメダス)がアスファルト舗装の多い住宅街から、風通しの良い高校のグラウンドに移転した。
 旧観測所は昨夏、全国最多の計7日の最高気温を記録したが、「暑さは表面温度が上がりやすく、放射熱が大きいアスファルトの影響ではないか」「ずるい」などとインターネット上で指摘されていた。
 各地で猛暑日を記録した25日、館林は最高気温35.3度と全国4番目の高さ。「暑くなくなるのでは」と心配していた地元商工会議所の担当者は「暑いことに変わりない」と涼しい顔。【神内亜実】

投稿されたコメント:

コメント
コメントは無効になっています。