弁財天

ゴフマン「専門家を信じるのではなく、自分自身で考えて判断せよ」

ロシア正教会本山の至聖三者セルギイ大修道院(Trinity Lavra of St. Sergius)で前代未聞の刃傷事件w update4

イースター祝祭日に使徒・長谷川薫(かおる)がロンギヌスの槍を秋篠宮悠仁(ひさひと)の元に届ける…w

ロシア正教会本山で前代未聞の刃傷 暴力沙汰頻発
2019/5/24 15:52 (JST)5/24 17:19 (JST)updated ©株式会社全国新聞ネット 太田清 47NEWS編集長
トロイツェ・セルギエフ大修道院。ウィキメディア・コモンズより
 5月22日と言えば、ロシア正教徒の間で最も人気のある聖人の一人、聖ニコライ(紀元270~345年ごろ)の記念日。生前、貧しい人々に多くの施しをしたことからサンタクロースのモデルとされ、旅行・交通安全の守護聖人でもあるその遺体が異教徒支配地から密かに持ち出され南イタリアのバリに到着したことを記念するこの日には、多くの信者がロシア全土の教会に赴き礼拝に参加、祈りを捧げる。
 正教会にとり「聖なる日」であるべき22日、ロシア正教会の本山の一つで、最も重要な修道院である「トロイツェ・セルギエフ大修道院」(モスクワ郊外、世界遺産)で驚くべき事件が起きた。修道院の聖職者が酒に酔った上、修道士の一人をナイフで刺したのだ。修道士は入院、聖職者は拘束され傷害容疑で刑事手続きが始まった。ニュースサイト「ガゼータ・ルー」などが伝えた。
 ロシア正教会の発表などによると22日夜、セバスチアン修道院長(位階は院長だが必ずしも大修道院トップを意味しない)が「酩酊し我を忘れて」僧房にいた62歳の修道士、ポリカルプ修道補祭を襲い、ナイフで腹部などを複数回刺した疑いが持たれている。修道補祭の命に別条はないという。
 正教会では信徒が故人や病気の家族などの名前を書いた紙を司祭に渡し、司祭が紙に書かれた人物の来世での幸せや快癒を祈る伝統があり、多くの場合、同時に金銭を寄進するが、セバスチアン修道院長はポリカルプ修道補祭が寄進を着服したと主張しているという。ロシア正教会最高位のキリル総主教は事件を受け、修道院長の位階剥奪を決めた。
 ロシア正教会を巡っては、暴力沙汰が頻発。正教会で最も大切な復活祭の4月28日、ロシア中部ノボクズネツクで聖職者とその家族が犬の散歩を巡り通行人と口論となり、スタンガンで暴行、教会から1年の職務停止処分を受けた。口論の様子を写した動画がネットで公開され、波紋を呼んだ。昨年12月には、ウラル地方マグニトゴルスクの教会で働く女性が、車の駐車を巡る口論から、きょうだいの司祭から暴行を受け重傷を負ったと訴える事件もあった。
 旧ソ連と社会主義体制崩壊に伴い民衆の心のよりどころとしての役割を期待され、その保守的、伝統的価値観をプーチン大統領も共有、「大ロシア」復活のてこにしようとしているとされる正教会だが、こうした不祥事が続けば今後、社会の世俗化で進む信者の教会離れが加速するとのではとの懸念も出ている。 (共同通信=太田清)

Patriarch Kirill punishes the priest who attacked with a knife 05/23/2019 | 16:13
Patriarch of Moscow and All Russia Kirill at the Divine Liturgy in the Cathedral of the Cathedral of Christ ...
Sergey Pyatakov / RIA "News"
Patriarch of Moscow and All Russia Kirill deprived of his priesthood, who attacked a monk in the Trinity-Sergius Lavra, reports TASS .
As noted, Abbot Sebastian, while intoxicated, attacked with a knife to a monk.
“The hegumen ... having been attacked with a knife on a deacon Polycarp, inflicting several wounds with a knife,” the laurel press service explained.
After the attack, the monk was hospitalized. As it turned out, at present the life of the victim is not in danger.
Earlier it was reported that a drunk priest staged a stabbing in the Trinity-Sergius Lavra .

Russian President Vladimir Putin and Margarita Simonyan, editor-in-chief of RT and Russia Today MIA, awarded the Order of Alexander Nevsky at the ceremony to present state awards of the Russian Federation in the Kremlin, May 23, 2019

RT.comのマルガリータ・シモニャンがゲーム・チェンジャーになってしまいプーチンから勲章を貰うw

経産省の合成覚せい剤というストーリーはあまりにもヤバかった。 なので、丸山穂高は精神科に通っていて、 処方された向精神薬と酒の相乗効果でムネオハウスで発狂したというストーリーに差し替えw

飯塚幸三の淘宮連盟の件でイランを訪問するあべちんw。


「18,1937年-1939年三井と三菱はイラン産ケシの極東への独占輸出権で揉めていた。 2つの財閥は1937年に1年間の三菱のイラン産ケシの輸出を契約したが、 契約が終了したあとも三菱は三井の反対を押し切って独占権を継続しようとした。 外務省は紛争がイラン政府が2つ財閥を互いにけしかけてケシの価格を上げるのではないかと懸念w。 仲裁にはいり、1939年に三井と三菱は共同で購入することになった。 外務省が仲裁した同意書では独占権のあった前者は中国への販売権を、後者は日本と満州国への輸出を許可された。 江口、日中阿片戦争 92-95頁;外務省条約局「満州国報告誌、阿片麻薬問題視察」9-12頁」

飯塚幸三(いいづかこうぞう)の事故からひと月が経過。日本淘道会(淘宮連盟)の謎掛けが解けるw

やっぱ経産省の合成覚せい剤は自動車課課長補佐の西田哲也とムネオハウスの丸山穂高で失敗が確定w。 やっぱイランの阿片だよな。

1938年にイラン産阿片の極東への密輸で揉めていた三井と三菱が今日のSMBCとMUFGであーるw。 三井と三菱を仲裁したのが外務省条約局。 なんだかなー、ヤクザリセッションだったはずなのに、またしてもアベノミクスで景気よくなっちゃうよw。

元検事の九頭竜スピン議員w。

経産省の合成覚せい剤のスピン事件が起きるw

経産省の合成覚せい剤を大麻でスピンw

経産省の合成覚せい剤をおっぱいとキャバクラでスピンw

投稿されたコメント:

コメント
コメントは無効になっています。