弁財天

ゴフマン「専門家を信じるのではなく、自分自身で考えて判断せよ」

トライデント II D5と北朝鮮が潜水艦発射したICBMとホリエモン電柱ミサイルは同じモノなんだろw update5

2016年6月フロリダ置きでトライデント II D5の発射テストしたら米本土の方に飛んで行って大失敗。
2016年7月9日不具合を検証するため北朝鮮で再テストしたらやっぱり再現して失敗w。
2016年7月19日テレサ・メイ。英下院で更新計画が採決にかけられる直前に首相に就任し、老朽化したトライデント搭載潜水艦を新型と交換する必要性を議会で強く主張。計画更新費用として410億ポンド(約5兆8000億円)の予算承認を勝ち取っている。
2016年8月24日不具合を修正して再び北朝鮮で潜水艦から発射テストを実施。やっと成功。
2017年1月15日勢いにのった土人はホリエモン電柱ミサイルを発射。しかし、またしても失敗w

「MI6のボスが北朝鮮はUKとその同盟国、日本、米、韓国、そしてカナダととても大きな関係があると。」w

英政府が核ミサイル試験失敗を隠ぺいか、計画更新の採決直前 2017年01月23日 18:13 発信地:ロンドン/英国
英政府が核ミサイル試験失敗を隠ぺいか、計画更新の採決直前 英スコットランド西部沖を航行する英海軍の原子力潜水艦アスチュート(2009年11月20日撮影、資料写真)。(c)AFP/Andy Buchanan
【1月23日 AFP】英国政府が昨年、米国沖で行った潜水艦発射型戦略核ミサイル「トライデント(Trident)」の発射試験の失敗を隠ぺいしていたと、英紙サンデー・タイムズ(Sunday Times)が22日に報じた。英下院ではこの試験の数週間後にトライデント・システムの更新計画が採決にかけられ、可決されていた。
 テリーザ・メイ(Theresa May)首相は、試験失敗について知っていたかどうか英BBCのインタビューで問われ、明言を避けた。
 メイ氏は試験実施時にはまだ首相ではなかったが、7月19日に下院で更新計画が採決にかけられる直前に首相に就任し、老朽化したトライデント搭載潜水艦を新型と交換する必要性を議会で強く主張。計画更新費用として410億ポンド(約5兆8000億円)の予算承認を勝ち取っている。
 サンデー・タイムズが英海軍高官の話として伝えたところによると、昨年6月に米フロリダ(Florida)州沖で英潜水艦から「トライデントII D5」を発射する試験を行ったが、失敗したという。
 この高官は、失敗の原因は最重要機密だとしつつ、発射されたミサイルが予定軌道を外れ、米本土の方角へ飛んだ可能性があると示唆している。
「わが国の核抑止力(トライデント)の4年ぶりの発射試験が大失敗に終わり、政府と軍の上層部は大きなパニックに陥った」と、この高官は指摘。「結局、英政府は失敗した試験の存在を隠ぺいする決定を下した。この情報が公になった場合、わが国の核抑止力の信頼性にどれほど大きな傷が付くか分かっていたからだ」と述べたという。
 かねて核兵器反対の姿勢を表明している野党・労働党のジェレミー・コービン(Jeremy Corbyn)党首は、ミサイルが誤った軌道に向かったのは非常に破滅的な誤り」だとの見方を示している。(c)AFP

2016年6月フロリダ置きで発射テストしたら米本土の方に飛んでいったw
で、「2016年7月19日に下院で更新計画が採決」「計画更新費用として410億ポンド(約5兆8000億円)の予算承認を勝ち取っている。」w

Britain secretly upgrading its nukes without asking MPs - report
2016年6月のMK4A新型核弾頭を原潜から発射して「運ぶ」のがTrident D5ですな。

あー、それで北朝鮮のミサイル発射がしょっちゅう置きて、最後にホリエモンミサイル(電柱ロケット)の打ち上げが失敗したw

Fallon dodges questions on whether Britain fired a Trident nuke missile towards US
「ファロンが英が米に向けてトライデント核ミサイルを発射したかどうかの質問をかわす。」w
マイケル・ファロンw
ネクタイ緩んでるヤツはトライデント原潜の脆弱性を告発したウィリアム・マクニーリー(William McNeilly)w
おれ、マクニーリーの外見をファロンと勘違いしてたw。

No 10 ‘covered up Trident missile fiasco’
In this handout image provided by MoD Crown Copyright, HMS Vengeance departs for Devonport prior to re-fit on February 27, 2012 off the coast of Largs, Scotland. Picture: Getty
The Times 12:23PM January 22, 2017
A serious malfunction in Britain’s Trident nuclear weapons deterrent was covered up by Downing Street just weeks before the crucial House of Commons vote on the future of the missile system.
The Sunday Times has revealed that a Trident II D5 missile — which can kill millions when armed with nuclear warheads — experienced an alarming failure after being launched from a British submarine off the coast of Florida in June last year.
It was the only firing test of a British nuclear missile in four years and raises serious questions about the reliability and safety of the weapons system. The failure prompted a news blackout by Downing Street that has remained in place until this weekend.
The cause of the failure remains top secret but a senior naval source has told this newspaper that the missile — which was unarmed for the test — may have veered off in the wrong direction towards America after being launched from HMS Vengeance, one of Britain’s four nuclear-armed submarines.
The source said: “There was a major panic at the highest level of government and the military after the first test of our nuclear deterrent in four years ended in disastrous failure.
“Ultimately Downing Street decided to cover up the failed test. If the information was made public, they knew how damaging it would be to the credibility of our nuclear deterrent.
“The upcoming Trident vote made it all the more sensitive.”
The incident happened shortly before Theresa May became prime minister but she omitted any mention of the failed test when she persuaded parliament to spend pounds 40bn on new Trident submarines in her first big Commons speech on July 18.
The revelations are likely to cause a political storm. MPs and the public will want to know why such important information about the effectiveness of Britain’s only nuclear deterrent was withheld before the crucial debate on the Trident weapons system’s future.
It is expected that Michael Fallon, the defence secretary, will be called to the Commons to answer questions from MPs about the test.
Kevan Jones, a Labour MP and former defence minister, yesterday (Saturday) called for an inquiry into the failed missile test. “The UK’s independent nuclear deterrent is a vital cornerstone for the nation’s defence,” he said.
“If there are problems, they should not have been covered up in this ham-fisted way. Ministers should come clean if there are problems and there should be an urgent inquiry into what happened.”
The Trident missiles have been test-fired only five times by UK submarines this century because they each cost pounds 17m.
The previous tests — in 2000, 2005, 2009 and 2012 — have all been widely publicised by the Ministry of Defence and Lockheed Martin, the weapon’s US manufacturer, as demonstrations to the world of Trident’s reliability.
The 2012 test was attended by VIPs and a film of the launch both inside and outside the submarine was released on the internet. But the failed Vengeance test last June was followed by a complete news silence by the British government and the missile’s manufacturer.
In December 2015 Vengeance returned to sea for the first time in four years after an extensive refit including the installation of a new missile launch system. It undertook months of tests culminating in the test-firing of a Trident missile.
The source had told this newspaper that the test took place at the end of June — about the time of the Brexit vote on June 23. Three days earlier a warning was issued to pilots to avoid “hazard areas” over the Atlantic due to “a missile launch/splash down”.
It appears that Vengeance’s missile was intended to be fired 5,600 miles to a sea target off the west coast of Africa. But the source says the missile suffered an in-flight malfunction after launching out of the water. The source believes this led to it veering off target.
Michael Elleman, an engineer who helped to develop Trident, said that if the launch had not been a test and the missile had been armed, then the consequences could have been “collateral damage on steroids”.
The failure means it is 16 years since Vengeance has successfully fired a missile but it has, nonetheless, returned to active service.
A statement by the defence ministry yesterday (Saturday) confirmed that the missile test had taken place in June but declined to comment on why it had failed or to say whether there had been a threat to safety.
It said the submarine was “successfully tested and certified” and it had absolute confidence in the UK’s nuclear deterrent.
Michael Clarke, former director-general of the Royal United Services Institute, a defence think tank, said: “Reliability problems tend to become cumulative. The infrastructure of the whole system is in need of some urgent investment.”
The Times

No10 'cover up' of botched Trident missile test was 'stupid' and makes us look like North Korea, ex-navy chief blasts as Theresa May refuses FOUR TIMES to say if she knew of failed test

ぐはは、デイリーメイルが同じこと考えてる。

北朝鮮、潜水艦から弾道ミサイル発射 500km飛行、日本の防空識別圏に落下
「北朝鮮は2016年8月24日未明、日本海海上で潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)を発射した。」w

北朝鮮 潜水艦ミサイル 日本海で発射、失敗か
そして、2016年7月9日午前11時半ごろ 北朝鮮 潜水艦ミサイル 日本海で発射、失敗か

2016年6月フロリダ置きで発射テストしたら米本土の方に飛んで大失敗した。 なので不具合を検証するため2016年7月9日北朝鮮で再テストしたらやっぱり再現して失敗したw。 2016年8月24日不具合をなおして再び潜水艦から発射テストを実施したら成功。 勢いにのった土人は2017年1月15日ホリエモン電柱ミサイルを発射。しかしこれは失敗w

2017.1.22 16:44更新 防衛通信衛星、種子島で24日午後に打ち上げ 三菱重工とJAXA
防衛省が打ち上げるXバンド防衛通信衛星「きらめき2号」の飛行イメージ(防衛装備庁提供)
 三菱重工業と宇宙航空研究開発機構(JAXA)は22日、防衛通信衛星「きらめき2号」を搭載したH2Aロケット32号機を24日午後4時44分、鹿児島県の種子島宇宙センターで打ち上げると発表した。
 きらめき2号は防衛省が自衛隊各部隊の指揮、統制や情報共有のため、運用中の民間衛星の後継機として導入する。同省が衛星運用大手、スカパーJSATの子会社に打ち上げと運用を委託し、三菱重工業が打ち上げを受注した。
 同社の平嶋秀俊射場チーム長は会見で「一つ一つ確実、丁寧に作業し、成功させたい」と話した。

防衛衛星「きらめき2号」午後打ち上げ 毎日新聞2017年1月24日 09時52分(最終更新 1月24日 09時52分)
通信衛星「きらめき2号」を載せ発射地点に移動したH2Aロケット32号機=24日午前7時8分、鹿児島県の種子島宇宙センター(共同)
 三菱重工業と宇宙航空研究開発機構(JAXA)は24日、防衛省が初めて運用する通信衛星「きらめき2号」を載せたH2Aロケット32号機の打ち上げに向け、鹿児島県の種子島宇宙センターで準備を進めた。
 打ち上げは午後4時44分の予定。ロケットは組立棟から移動し、発射場に設置された。
 きらめき2号は、現在利用している民間衛星3基に代わる防衛省の新衛星3基のうち最初の打ち上げ。自衛隊の情報通信能力の向上が目的で、通信を高速、大容量化し、陸海空自衛隊の部隊間で直接通信ができるようにする。(共同)
やはりTHAAD衛星かぁ。

既に「6機の超小型衛星が「きぼう」から4回に分けて放出」w

だから下手くそでもいーから小説書けって言ったのにw
MK4Aと言えば小池都知事だ。 オレはちんたろうより小池百合子のほうがヤバいと思ってるけどね。

投稿されたコメント:

コメント
コメントは無効になっています。