弁財天

ゴフマン「専門家を信じるのではなく、自分自身で考えて判断せよ」

【JKビジネス】米国務省の年次人身売買報告で日本が再び格下げになるw update2

【ギフハフ団】岐阜の縫製工場のミャンマー人技能実習生「私は奴隷だった」週100時間労働で月6万円 | ワシントン・ポスト紙「外国人を使い捨てるニッポン」

時給400円で月197時間も働かせる大垣の人間のクズどものブランド名は「CECIL McBEE」w

state.gov→Trafficking in Persons Report 2020


韓国に敗けたw


どうやらJKは国際用語になったみたいだw


人身売買報告で日本格下げ 米国、技能実習生など問題視 ワシントン=大島隆 2020年6月26日 9時26分
 米国務省は25日、世界の人身売買に関する年次報告書を発表した。日本については、外国人技能実習制度や児童買春の問題を取り上げ、「取り組みの真剣さや継続性が前年までと比べると不十分だ」として、前年までの4段階のうち最も良い評価から、上から2番目の評価に格下げした。
 今回不十分と判断したのは、人身売買の摘発件数が前年より減ったことなどを考慮したためという。報告書ではこれまでも日本の技能実習制度を問題視してきたが、今回は「外国人の強制労働が継続して報告されているにもかかわらず、当局は一件も特定しなかった」とし、「法外な手数料を徴収する外国の仲介業者を排除するための法的措置を、十分に実施していない」と改善を求めた。
 人身売買問題を担当するリッチモンド大使は記者会見で、「技能実習制度の中での強制労働は長年懸念されてきたことで、日本政府はこの問題にもっと取り組むことができるはずだ」と指摘した。(ワシントン=大島隆)

「児童買春対策が不十分」米の人身売買報告書 日本をワンランク格下げ 会員限定有料記事 毎日新聞2020年6月26日 13時04分(最終更新 6月26日 13時04分)
マイク・ポンペオ米国務長官=藤井太郎撮影
 米国務省は25日、売春や強制労働を目的とした世界各国の人身売買に関する2020年版の報告書を発表した。日本は一昨年から4段階評価のうちで最も高いランクだったが、児童買春や外国人労働者への強制労働対策が不十分との理由で、上から2番目に格下げされた。
 日本の外国人技能実習生の受け入れに関し、悪質な仲介業者を完全…

来年はカニバリズムが表面化して最下位に転落するのかもw

投稿されたコメント:

コメント
コメントは無効になっています。