弁財天

ゴフマン「専門家を信じるのではなく、自分自身で考えて判断せよ」

TPPが仕掛ける国際ファイアーウォール update1

ここまでくるとTPPの意図がウクライナやシリア、チェルノブイリ事故後のスロベニア、ユーゴスラビア、ボスニア・ヘルツェゴビナ、コソボ、マケドニアと同じなのは明白だ。

太平洋の放射能汚染と壊滅状況はひどい。しかし建前では汚染されてないことになってる。 このままではまずい。 食料品やそれを食べた健康被害と医薬品、情報の統制を 環太平洋全域にかけなければならなくなる。 そこでTPP登場ですな。

太平洋戦争よりはTPPのほうがマシだろうと。

TPPによって消費者や医薬品の研究に悪影響があると…

Copyright vs free speech: TPP will take away basic rights if ratified

They began by going after music sharing sites such as Napster and imposing grotesque legal penalties on those trying to download a few songs they liked for free, then trying to build national firewalls to deny whole countries access to file sharing sites such as The Pirate Bay and persecuting its co-founder Anakata, mercifully failing to extradite Richard O'Dwyer from the UK to the US on trumped up charges for his signposting site to free media, and culminating in the take down of Megaupload and the illegal FBI attack against Kim Dotcom's home in New Zealand last year.

But for all these high-profile cases of attempted deterrence, more and more people are sharing information, culture, and research for free on the internet. Using peer to peer technologies like Bittorrent and anonymizing tools like Tor, they are hard to detect - which is why the corporatist lobbyists demand the surveillance state develop ever more intrusive ways of detecting them, including the possibility of deep packet inspection. And of course once such invasive technologies are available, we all know that they will not only be used to stop "piracy" but will also be used against the people of the world by the military surveillance complex.

But that is still not enough for the corporatists. Largely US-based, they are now trying to exert their political muscle globally. First, the US claims that any site ending with a Tier 1 US domain name (.com, .org, .net and .info) comes under US law - anywhere in the world - and can be taken down without warning or redress by a diktat from the US government.

More egregiously still, the US corporatists have been trying to impose their legal dominion globally via a series of secret regional trade agreements: ACTA, TTIP/TAFTA, SOPA, and now in the recently leaked details of the Trans-Pacific Partnership (TPP) targeting the countries around the Pacific Rim.

TPPてNapsterのような著作権を侵害するサイトに国際ファイアーウオールを仕掛けて締め出すことなんだ。

「PiratebayのようなBittorrentのインデックスサイトに国際ファイアーウオールを仕掛けることによってTPP加盟国からアクセスできなくさせる。」ぐはー。著作権侵害にファイアーウオールで対抗するとは思わなかったな。

「TPPに加盟すると中国の万里の長城と呼ばれてるプロキシーより強力なNetScreenのようなパケット解析機能の付いたセキュリティルーターが各国に設置されることになる。著作権侵害があるとサイトへの通信が遮断される。」

「Tier 1の米ドメイン名 (.com/.org/.net/.info)を使っている全世界のサイトは無条件に米の法律に従うことになり米政府からの警告なしに遮断されることになる。」 ぐはは。環太平洋じゃない全世界と思ったら…

TPPは環太平洋向けだけど米はEU向けにTTIP/TAFTAを締結しようとしてる。ACTAもSOPAもTPPの名前を変えたもの。米のコーポラティストは世界中に条約を強制しようとしてる

戦争もTPPもACTAもSOPAも同じ。EU向けにはTTIP/TAFTAなんてやってる。すべては財政の崖を飛び越えるため。でも無理な気がするな。コーポラティスト(グローバル企業)だけが潤って結局は米は財政の崖から落ちると思う。

この法案はよく見るとTPP(グローバル企業=コーポラティスト)の為に急いで通したようにも見える。

どうりで。秘密保護法の説明が足りないのはTPP関連だから。

投稿されたコメント:

コメント
コメントは無効になっています。