弁財天

ゴフマン「専門家を信じるのではなく、自分自身で考えて判断せよ」

トヨタ「すべての相談役と顧問の契約を一度リセットした」 update3

伊香保温泉から7キロの「とりせん」にトヨタのVOXYが突っ込む。南熊本駅のNote e-power、徳洲会病院の駐車場の日産車、そして伊香保温泉かぁ。これずっと続くの?後藤忠政に対する機械学習モード?

トヨタ車が安全保障上の脅威になる。禿のUberと石川たっこうのレクサスとテスラの事故が原因だな。もはやハリウッド映画みたいな展開w

【NVIDIA問題】テスラと石川達紘(たっこう)元東京地検特捜部長のレクサスとUBERの事故は自動運転のDNN(ディープ・ニューラル・ネットワーク)を逆学習させるサイバー攻撃。その回りくどい目的とは

石川達紘(たっこう)元東京地検特捜部長のレクサスは富士通テン(デンソーテン)のECLIPSEで遠隔操作されたのか?

トヨタ、役員減らし若手登用進める 常務役員など廃止、「幹部職」に統合 2018.11.16 05:54
常務役員などの廃止へ動き出したトヨタ自動車の豊田章男社長=5月、東京都港区
 トヨタ自動車が執行役員の常務役員と、その下で役員待遇の常務理事、部長や室長などの管理職を務める基幹職1級と2級を廃止し、新設する「幹部職」に2019年1月にも統合する方針を固めたことが15日、分かった。役員を少なくして経営判断を迅速化し、若手を積極的に登用する。
 制度見直しに合わせた昇格などもあるため単純比較はできないが、常務役員33人を含め現在55人いる執行役員は6割程度減る計算になる。
 トヨタは豊田章男社長と6人の副社長に権限を集中して改革を加速している。専務役員以下の担務が細かく分かれ、人数も多く「経営トップのメッセージが伝わりにくい」(幹部)という問題があり、制度刷新を決めた。新制度では現場に近い立場で働いてもらい、生産や開発、事務など各分野のプロを育てる狙いもある。
 40代前半もいる基幹職2級を「幹部職」とすることで、社内カンパニーのトップや本部長といった要職に若手が就くことが可能になる。若い経営者の多いIT企業などと協業を進めやすくなる。ポスト統合後も給料などの待遇は当面据え置く見通し。将来的には仕事の成果に応じて見直すことも視野に入れる。

トヨタが社内ディープステイトを解体w。

なぜ京都市内に住む教授が大津市八屋戸のJR湖西線蓬莱駅で自殺するのか?

ワールド2018年11月16日 / 14:21 / 1時間前更新 日本の自動車輸出削減など必要、米貿易赤字削減に向け=ハガティ駐日米大使
[東京 16日 ロイター] - ハガティ駐日米大使は16日、日本記者クラブで講演・記者会見し、米国の対日貿易赤字削減のためには、日本メーカーによる自動車輸出削減や現地生産の拡大、米国車の輸入拡大、農産品の輸入拡大のいずれが最重要かとの質問に「大変複雑な質問だが、答えは単純で、それらすべてが必要だ」と回答した。
一方、米国は日本の自動車輸出に数量規制を課すか、との質問に対しては、来年1月に始まる交渉前のコメントは控えたいと述べるにとどめた。
<北方領土交渉「日ロに委ねたい」>
日ロの北方領土交渉で、返還された領土からの米軍排除が俎上に上る可能性に関し、「駐留米軍に関する憶測は控えたい」としつつ「日ロの交渉に委ねたい」と発言した。
日本とロシアや中国などとの関係改善について、「日本が第三国との関係を持つことは日米関係を損なうことはない」と静観する姿勢を示した。
普天間基地の辺野古移設に反対する玉城デニー沖縄県知事について、米軍が辺野古移設を推進する方針に変化はないとしつつ、「玉城氏は安倍晋三首相や米海兵隊、米国務省・国防総省などとひんぱんにコミュニケーションを取っており、評価している」とした。
<米中会談で「状況改善」に期待>
米中対立に関し、11月末からブエノスアイレスで開催される20カ国・地域(G20)首脳会議の際の米中首脳会談で「状況の改善が見られるだろう」との見通しを示した。
質疑に先立った講演では、年明けに始まる「日米通商交渉」について「物品、サービスを含む重要分野での貿易協定」と表現し、包括的な二国間自由貿易協定(FTA)への意欲を強調した。
日米同盟は「引き続き強化される」とし、北朝鮮問題について「米国は拉致被害者家族とともにあり、被害者返還のため、できる限りのことをする」と述べた。

ハガティが何かはじめたw

トヨタ、静岡の車両生産終了=20年度にも、東北へ移管 7/20(金) 13:00配信 時事通信
 トヨタ自動車は20日、子会社「トヨタ自動車東日本」(宮城県大衡村)の東富士工場(静岡県裾野市)の生産を2020年度をめどに終了し、生産機能の大半を宮城県と岩手県の2工場に移管することを明らかにした。電気自動車(EV)や自動運転など次世代車の開発投資が膨らむ中、生産を集約してグループの競争力を高める。
 東富士工場は、小型車の「ポルテ」「スペイド」、タクシー車両「ジャパンタクシー」、高級車「センチュリー」などを生産している。年間生産台数は約5万台。約1100人の従業員は順次、東北へ異動する。 

トヨタ、相談役・顧問61人を9人に 奥田・渡辺氏退任
2018/6/14 19:18
 トヨタ自動車は7月1日付で、現在合わせて61人いる名誉会長、相談役、顧問を9人に削減する。昨年、職務や契約のルールを厳格化しており、社長経験のある奥田碩相談役(85)、渡辺捷昭顧問(76)らが退任する。相談役・顧問制度は東京証券取引所が上場企業に役割の開示を求め、海外投資家の批判もある。OBに厚いと言われたトヨタも削減にようやく乗り出した。
 これまでトヨタでは副社長以上の役員が退任した場合、相談役に4年間、専務以下の役員は1~2年間、顧問に就くことが慣例として続いてきた。
 トヨタは昨秋に社外取締役が半数を占める「役員人事案策定会議」が相談役と顧問の役割を審査するルールに変更し、「すべての相談役と顧問の契約を一度リセットした」(トヨタ)という。行政の委員会や経済団体の役職に就く場合など、1年間の任期で相談役や顧問に就くようにし、大幅に減らす方針を示していた。
 7月以降は豊田章一郎名誉会長(93)のほか、複数の社外団体の役職についている張富士夫相談役(81)と池渕浩介相談役(81)、社外の有識者ら6人の顧問の計9人に絞る。
 相談役や顧問の経験のあるトヨタOBからは「経営の透明化が求められる時代の対応で当たり前だ」「貢献者を大事にしてきた文化が失われるのでは」と賛否両論の意見が上がっている。グループ会社にも新ルールの適用を求めており、トヨタグループ全体で過去の慣例の見直しが加速している。
 相談役・顧問制度は会社法の規定がないが、東芝の社長OBが介入し経営が混乱したとされる事態をうけて、投資家や米議決権行使助言会社などが同制度を批判。東証が1月、上場企業に提出を義務付けている「コーポレートガバナンス・コード(企業統治指針)に関する報告書」に相談役や顧問についての詳細を記入するよう要請した。
 2018年に入り、パナソニックが相談役を、三菱商事が社長経験者が就く特別顧問を廃止するなどの動きが活発になっている。すでに約200社が顧問や相談役の勤務状況や報酬などを明らかにしている。

トヨタ、相談役・顧問60人を9人に 奥田相談役ら退任へ 2018/6/14 10:50
 トヨタ自動車は7月から、相談役や顧問などを現在の計約60人から9人に減らす。昨年10月に相談役や顧問などの職務や契約ルールを厳格化したことに対応した。社長経験のある奥田碩相談役や渡辺捷昭顧問らが退任する。
 7月からは豊田章一郎名誉会長、張富士夫相談役、池渕浩介相談役のほか、6人の顧問との計9人体制にする。これまで相談役は就任後4年間、顧問は1~2年間務めることが慣例だった。

投稿されたコメント:

コメント
コメントは無効になっています。