弁財天

ゴフマン「専門家を信じるのではなく、自分自身で考えて判断せよ」

東芝がニュージェン(NuGen)を解散。英原発建設から撤退し権益は韓国電力公社(KEPCO)に移動?w update1

東芝、英国の原発建設事業から撤退へ
ムーアサイド原発の完成予想図
日本の東芝は7日、英国での原子力発電所新規建設事業から撤退し、子会社のニュージェネレーション(NuGen)を解散すると発表した。東芝はNuGenの売却を計画していたが、引き受け先が見つからなかった。
NuGenは、イングランド北西部カンブリアのムーアサイド原発プロジェクトで開発業務を担っていた。
これにより、英国が低炭素経済への移行に向けて進めている原発開発計画に歯止めがかかることになる。
東芝は、2019年1月に解散手続きを開始するとしている。
東芝はプレスリリースで「NuGen社維持費用の継続負担等を勘案し(中略)英国での原子力発電所新規建設事業からの撤退を決定し、NuGen社を解散することを決議しました」と説明した。
NuGenの引き受け先としては韓国電力公社(Kepco)が有力視されていたが、1年以上におよぶ交渉は決裂した。
東芝は併せて、事業からの撤退およびNuGenの解散に絡み、連結税引き前損失ベースで150億円の損失を計上する見込みだと発表した。
英国の最大労組GMBは、ムーアサイド原発計画の「迫り来る崩壊」は「気が滅入るほど予測できたことだ」と述べている。
NuGenは今年9月、100人以上いたムーアサイド原発の人員を40人以下に削減すると発表しており、開発計画が暗礁に乗り上げているのではとの憶測を呼んでいた。
NuGenは元々、東芝とフランスのエネルギー企業エンジーが共同で保有していた。東芝は2017年、米ウェスチングハウスカンパニーの再生手続きの申し立ての際に、エンジーの保有株を買い取っていた。
(英語記事 Toshiba withdraws from UK nuclear project)

日経→東芝、英原発子会社の解散を発表

東芝、英原発子会社の解散を発表
2018/11/8 12:45
東芝(6502)は8日、英国における原子力発電事業から撤退し、同国の連結子会社であるニュージェネレーション(ニュージェン/NuGen)社を解散すると発表した。東芝は海外の原発事業からの撤退に向け、ニュージェン社の売却に向けて複数社と交渉してきたが、難航していた。
ニュージェン社の清算に伴い2019年3月期の連結業績に150億円の損失を計上する。8日発表した19年3月期業績予想の修正に織り込み済み。
〔日経QUICKニュース(NQN)〕

reuters.com→韓国政府、原発事業巡り英政府と連携へ 東芝が清算発表

ワールド2018年11月8日 / 15:54 / 3時間前更新
[ソウル 8日 ロイター] - 東芝(6502.T)が英原発建設事業を手掛けていたニュージェネレーション(ニュージェン)を解散すると発表したことを受け、韓国の産業通商資源省は8日、ニュージェンの事業について英政府と緊密に連携していく方針を示した。
韓国国営の韓国電力公社(KEPCO)は、同事業の権益取得について、東芝と協議してきた。ニュージェンは英国北西部ムーアサイドで原発建設を計画していた。
同省は「ムーアサイドの事業について、英政府と緊密に連携していく。ニュージェンの清算手続きをKEPCOとともに注視していく」との声明を発表した。
なんと東芝がニュージェンを解散して韓国が代わりに担当w。

英ニュージェンを買収して(2013年12月)、仏ENGIEからもニュージェン株を買ったのに(2017年4月)、 2017年10月14日西室泰三が死去して、ニュージェンを解散(2018年11月8日)して英原発の建設は韓国に移動w。3億円事件などどーでもよくなる天文学的な浪費w。
三億円事件「西室泰三の告白」タイムラインから読み取れる真相はもっとブッ飛んでいるw

たぶん3号機(1F3)がキノコ雲になった顛末が表面化してしまったからだw。
一畑百貨店(いちばた)の屋上から女子高生が飛び降り。友人と2人で屋上にいた。プーチンの言ってた「力の言語(the language of force)」への「妥当な返答(reasonable response)」なのか?

三井生命保険から「三井」消える 来年度、社名を変更 柴田秀並2018年11月8日08時26分
写真・図版 三井生命保険のロゴ
 三井生命保険が来年度に社名を変更することがわかった。新社名は月内に決まる見通しで「三井」の文字が消える。同社は経営不振から2015年末に日本生命保険の子会社となった。伝統の「三井」の名を冠するには、三井グループのルールに従う必要があり、日生の傘下入りした三井生命は「三井」を名乗るのが難しくなった。90年以上親しまれた老舗の名称が消える。
 三井グループ各社では、「三井」の商号を管理する「三井商号商標保全会」を設立している。「三井」を名乗る企業が株主構成を変えた際は見直しを検討することになっている。
 三井生命は、かつては三井住友銀行が大株主だったが、15年末の日生傘下入り後は同社が株式の8割を握り、残りを三井系企業などが保有する。日生側には「『三井』にはブランド力もあり、むしろ残してほしいとの声もある」との意見もあったが、日生の傘下で「三井」と名乗り続けるのは難しくなったという。三井生命幹部は「これを機に新たなスタートを切る」としている。
 三井生命は1927年、高砂生命保険から商号を変更。戦後の財閥解体などで一時名称が変わったが、三井グループの顧客基盤を強みに長らく大手生保の一つに数えられてきた。だが90年代にはバブル崩壊後のあおりを受け、業績が低迷。04年に三井住友銀などが出資して株式会社化したが、経営は振るわなかった。15年12月には、日生が約8割の株式を取得して、子会社となった。(柴田秀並)


NAIGの三井生命が日本生命グループに入って三井の看板を下ろす。
【第一原子力産業グループ 】6つの原子力グループ

投稿されたコメント:

コメント
コメントは無効になっています。