弁財天

ゴフマン「専門家を信じるのではなく、自分自身で考えて判断せよ」

栃木で3人の高校生が自殺体で発見される update1

日光でティフェンヌ・ベロン(Tiphaine Véron)が行方不明になる。「朝は曇りで小雨、昼は小雨が降ったり止んだり晴れたり、午後は晴れてて、「台風の最中」って感じでは全くない。傘をさしてる人はいない様子で暑いって人も。」

栃木県がテンパっている起源はSPEEDIがロナルド・レーガンを被曝させたことから始まっていると考えている。

2018年3月27日栃木県那須町の那須温泉ファミリースキー場の雪崩で高校生8人心肺停止
2018年5月11日栃木県足利市にある足利大学附属高校の敷地内で、3年生の女子生徒2人が倒れているのを、部活動で残っていた生徒が発見
2018年7月26日文科省の局長級の川端和明国際統括官がJAXA出向中に医療コンサル会社の業務に便宜を図って収賄で逮捕w。JAXAの災害対策とはリモートセンシングとインターネット衛星w
2018年7月29日栃木県日光市でティフェンヌ・ベロン(Tiphaine Véron)が行方不明になる。←黒崎愛海とブザンソンの事件で仏がティフェンヌ・ベロンで「なりすましドナー」おとり捜査をやってたら、案の定「科技庁」が引っかかったw。この報復と思われ。
2018年7月31日旧科技庁出身の戸谷一夫(とだにかずお)文科次官がJAXA汚職で東京地検特捜部から任意聴取される
2018年8月10日防災ヘリ(Bell 412EP)のハネウェル製の統合航空電子システムがJAXAの「災害救援航空機情報ネットワーク(D-NET)」経由でハックされて墜落
2018年8月16日埼玉県神川町矢納の神泉ボート場駐車場で3人が夏なのに練炭自殺
2018年8月27日栃木県小山市の踏切で、高2の16歳の男子生徒が電車にはねられて死亡。電車の運転士は、線路内に人が入ってくる様子を目撃していて、「急いでブレーキをかけたが間に合わなかった」
2018年8月28日午前5時ごろ、栃木県足利市伊勢南町の渡良瀬川で「(白鴎前の田中橋)橋から人が飛び降りたようだ」と警察から消防に連絡があり、…消防隊員が約1時間後に川底で沈んでいる男性を発見、死亡が確認された。足利市内の私立高に通う群馬県太田市の高3男子。足大附か白鴎。
2018年9月4日栃木県野木町のJRの線路上で、町内に住む高2男子が電車にはねられて死亡。「電車のドライブレコーダーには、男子生徒が線路脇の柵をくぐって進入する姿が映っていた」

高2男子 電車にはねられ死亡 自殺の可能性 栃木 野木町 2018年9月4日 13時07分
4日朝、栃木県野木町のJRの線路上で、町内に住む高校2年の男子生徒が電車にはねられて死亡しました。警察は自殺の可能性があるとみて調べています。
4日午前6時半ごろ、野木町野木のJR宇都宮線の線路上で、町内に住む高校2年の17歳の男子生徒が、上りの普通電車にはねられて死亡しました。電車の乗客などにけがはありませんでした。
警察によりますと、男子生徒は学校の制服を着ていて、電車のドライブレコーダーには、男子生徒が線路脇の柵をくぐって進入する姿が映っていたということです。
警察は事故の状況などから、自殺の可能性があるとみて詳しい状況を調べています。
栃木県内では、先月下旬に2人の男子高校生が電車にはねられたり川で溺れたりして死亡していて、警察はいずれも自殺とみて調べています。

首都圏 NEWS WEB 子どもの自殺防止を呼びかけ 08月30日 12時02分
夏休みが終わり新学期が始まるこの時期に子どもの自殺が多くなる傾向にあることから、宇都宮市で県の担当者などが悩みの相談を受け付ける電話番号などを配って、自殺の防止を呼びかけました。
この取り組みは、栃木県が行い宇都宮市内のショッピングセンターには、県の担当者や県自殺対策連絡協議会のメンバー10人ほどが集まりました。
そして訪れた人たちに、「夏休み明けは子ども自殺が多くなります」などと伝えながら、悩みの相談を受け付ける「いのちの電話」の番号が書かれたチラシが入ったポケットテッシュを配り子どもの自殺防止を呼びかけました。 栃木県内では、今月27日から28日にかけて電車にはねられたり川で溺れたりして2人の男子高校生が死亡し、警察はいずれも自殺を図ったとみて捜査しています。
警察によりますと、このうち1人は、SNSのツイッターに今後の学校生活への不安を書き込んでいたということです。
栃木県障害福祉課の倉金有一課長補佐は、「大人も子どもたちの小さな変化に気付いて欲しい。どんな小さな不安や悩みでもいいので相談して欲しい」と話していました。

高校生が踏切死亡 自殺の可能性 08月28日 16時58分
27日夜、栃木県小山市の踏切で、高校2年の16歳の男子生徒が電車にはねられて死亡しました。 警察は事故の状況などから自殺の可能性があるとみて、詳しい状況を調べています。
27日夜10時すぎ、栃木県小山市羽川のJR宇都宮線の踏切で、市内に住む高校2年の16歳の男子生徒が普通電車にはねられて死亡しました。
電車の乗客などにけがはありませんでした。
現場は遮断機と警報機がある踏切で、警察によりますと電車の運転士は、線路内に人が入ってくる様子を目撃していて、「急いでブレーキをかけたが間に合わなかった」と話しているということです。
また、踏切の近くには、男子生徒が外出する際に乗っていた自転車があったということで、警察は事故の状況などから自殺の可能性があるとみて、詳しい状況を調べています。
栃木県教育委員会によりますと、男子生徒が通う県立高校は27日で夏休みが終わり、28日から2学期が始まったということで、今後、教育委員会は学校の関係者から聞き取り調査などを行うことにしています。

渡良瀬川で男子高校生死亡自殺か 08月28日 20時27分
栃木県足利市で28日朝、17歳の高校3年の男子生徒が川の中で死亡しているのが見つかりました。 警察は現場の状況などから自殺の可能性もあるとみて詳しく調べています。
警察や消防、それに栃木県などによりますと28日朝6時ごろ、栃木県足利市を流れる渡良瀬川にかかる橋の近くで、川底に男性が沈んでいるのが見つかりました。
男性は栃木県足利市の私立高校に通う群馬県の17歳の高校3年の男子生徒で、その場で死亡が確認されたということです。
また、近くにはこの男子生徒の靴などが残されていたということです。
警察は現場の状況などから自殺の可能性もあるとみて詳しく調べています。
栃木県によりますと、男子生徒が通う高校は現在、夏休み中で、近く2学期が始まる予定だったということです。

msn.com→太田の高3男子 渡良瀬川で自殺か 足利 始業式前に

太田の高3男子 渡良瀬川で自殺か 足利 始業式前に 上毛新聞社 2018/08/29 06:00
 28日午前5時ごろ、栃木県足利市伊勢南町の渡良瀬川で「橋から人が飛び降りたようだ」と警察から消防に連絡があり、付近の川を捜索していた消防隊員が約1時間後に川底で沈んでいる男性を発見、死亡が確認された。同市内の私立高に通う群馬県太田市の高校3年の男子生徒と判明し、栃木県警は自殺の可能性があるとみて調べている。
 足利市消防本部によると、遺体が見つかったのは橋から数十メートル下流。橋の上には男子生徒のものとみられる遺留品があった。

女子高校生2人死亡 自殺か 校舎のそばで見つかる 5月12日 4時33分
11日夜、栃木県足利市の高校で、3年生の女子生徒2人が校舎のそばで倒れているのが見つかり、病院に運ばれましたが死亡しました。警察は、現場の状況から2人が校舎から飛び降りて自殺したとみて調べています。
11日午後9時前、栃木県足利市にある足利大学附属高校の敷地内で、3年生の女子生徒2人が倒れているのを、部活動で残っていた生徒が見つけました。
▽引用元:NHK NEWS WEB  5月12日 4時33分
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180512/k10011435941000.html

写真特集へ 雪崩 高校生ら8人死亡40人負傷 犠牲者、先頭班に集中
毎日新聞2017年3月27日 21時05分(最終更新 3月28日 00時54分)
登山講習会に参加していた高校生らが雪崩に巻き込まれた那須温泉ファミリースキー場=栃木県那須町で2017年3月27日午後4時10分、本社ヘリから長谷川直亮撮影
 栃木県那須町の那須温泉ファミリースキー場で27日朝に発生した雪崩事故で、県警によると、県内7高校から「春山登山」の講習に参加して巻き込まれた県立大田原高(大田原市)の男子生徒7人と男性教諭1人の計8人が死亡した。骨盤骨折などで自力歩行できない生徒7人を含む負傷者計40人も病院で治療を受けている。当時、スキー場一帯には前日からなだれ注意報が継続中で、48人は雪中を歩く訓練中だった。県警は、業務上過失致死傷容疑での立件を視野に捜査を始めた。
 県警によると、8人の死因はうち6人が圧死で、2人が外傷性窒息死だった。スポーツ庁は今回の事故を受け、全国の都道府県教委に対し、高校生らに冬山登山を原則実施しない指導を各校に行うよう緊急通知した。同庁は昨年11月にも同様の通知を出している。
 訓練は県高校体育連盟が25~27日の2泊3日の日程で主催した春山登山講習で、大田原▽矢板中央(矢板市)▽矢板東(同市)▽宇都宮(宇都宮市)▽真岡(真岡市)▽真岡女子(同市)▽那須清峰(那須塩原市)--の山岳部などに所属する1、2年生や引率教諭ら計62人(生徒51人、教員11人)が参加した。
 訓練最終日の27日は悪天候のため、予定の茶臼岳(1915メートル)登山の中止を教諭らが決定。深雪をかき分けて進む「ラッセル」と呼ばれる雪中歩行の訓練を同スキー場で行うことにし、生徒ら48人が5班に分かれて参加していた。雪崩は訓練開始から約30分後の午前8時半ごろに起きたとみられ、亡くなった生徒はラッセルの先頭にいた大田原高に集中。雪崩は同校生徒らの「1班」を直撃したらしい。
 県などによると、同スキー場は20日に今季の営業を終え、新雪を固める圧雪作業は行われていなかった。現場一帯は前日から雪が降り続いており、古い雪面に積もった新雪が滑り落ちる「表層雪崩」が起きた可能性が高い。雪崩はゲレンデ付近の標高約1300メートルにある樹林の斜面で発生し、長さ100メートルから200メートルにわたって滑り落ちた。
 宇都宮地方気象台などによると、栃木県北部では26日から降雪が続き、27日午前10時に那須高原で34センチの積雪を観測。26日午前から同スキー場のある県北部になだれや大雪注意報が出されていた。【田中友梨、野口麗子】
亡くなられた方々
 【大田原高生徒】

 高瀬淳生さん(16)=矢板市▽浅井譲さん(17)=那須塩原市▽佐藤宏祐さん(16)=大田原市▽奥公輝さん(16)=さくら市▽萩原秀知さん(16)=高根沢町▽大金実さん(17)=那須塩原市▽鏑木悠輔さん(17)=那須町
 【大田原高教諭】

 毛塚優甫さん(29)=大田原市

投稿されたコメント:

コメント
コメントは無効になっています。