弁財天

ゴフマン「専門家を信じるのではなく、自分自身で考えて判断せよ」

日光でティフェンヌ・ベロン(Tiphaine Véron)が行方不明になる。「朝は曇りで小雨、昼は小雨が降ったり止んだり晴れたり、午後は晴れてて、「台風の最中」って感じでは全くない。傘をさしてる人はいない様子で暑いって人も。」update9

【アンチ・カニバリズム】スリランカでキリスト教イースター祝祭日を狙った連続爆破テロで死者数を253人に下方修正。負傷者は約450人…

河野太郎が外務省ディープステイトに暗殺される…

徳川直轄地のカニバリズム・ビジネス…「みざるいわざるきかざる」、この秘密に関わると仏教の殺し屋たちが動き始めるのさw。こわいわー。このB級ホラーは実在するw。数千年の人類の歴史で國がなんども滅びてしまったことを反省して仏教を禁止してしまった近所の国家もありますな。

2018年7月26日文科省の局長級の川端和明国際統括官がJAXA出向中に医療コンサル会社の業務に便宜を図って収賄で逮捕w。JAXAの災害対策とはリモートセンシングとインターネット衛星w
2018年7月29日日光でティフェンヌ・ベロン(Tiphaine Véron)が行方不明になる。←黒崎愛海とブザンソンの事件で仏がティフェンヌ・ベロンで「なりすましドナー」おとり捜査をやってたら、案の定「科技庁」が引っかかったw。なんだかなー。国際問題になるのか?w
2018年7月31日旧科技庁出身の戸谷一夫(とだにかずお)文科次官がJAXA汚職で東京地検特捜部から任意聴取される
2018年8月10日防災ヘリ(Bell 412EP)のハネウェル製の統合航空電子システムがJAXAの「災害救援航空機情報ネットワーク(D-NET)」経由でハックされて墜落
2018年8月16日埼玉県神川町矢納の神泉ボート場駐車場で3人が夏なのに練炭自殺

日光・仏女性不明から1年 「生活止まったまま」 親族来日、情報提供呼び掛け 10:35 日光
チラシを配布して情報提供を呼び掛けるデゼールさん(左)とダミアンさん(左から2人目)=27日午前、東武日光駅 拡大する
行方不明のベロンさん(県警提供) 拡大する
 観光で日光市内を訪れたフランス国籍、教員補助ベロン・ティフェヌ・マリー・アリックスさん(37)が行方不明になってから、29日で1年となる。来日したベロンさんの親族は27日、県警や地元高校生らと東武、JRの日光駅前で、情報提供を呼び掛ける広報活動を行った。ベロンさんの親族は「私たちの生活は止まったまま。見つかるまで捜し続けたい」と語った。
 ベロンさんは昨年7月29日午前10時ごろ、同市内の宿泊施設を出て以降、行方不明になった。県警は警察犬や小型無人機ドローンなどを投入するなどして捜索を続けている。
 今回来日したのは、ベロンさんの兄ダミアンさん(39)と母デゼールさん(60)。この日は、県警や日光明峰高の生徒ら計約40人も参加し、ベロンさんの特徴などを日本語と英語でそれぞれ記したチラシ計約1500枚を駅利用客らに配布した。
 ダミアンさんは「とてもつらい状況だが、ここまでやってこられたのは皆さんのおかげ。これからも気を配ってもらえれば、ありがたい」と呼び掛けた。
 県警は今月23日までに計50回の捜索を実施し、延べ約4080人を動員した。140件以上の情報が寄せられたが、有力なものはなかったという。今後も約35人態勢で捜索を進める。
 ダミアンさんらは28日、捜索への協力を感謝しようと、東武日光駅前で集会を開く予定という。フランスから持ち寄った菓子やお礼の言葉を書いたポストカードを地元住民らに配る。
 情報提供は日光署0288・53・0110。

天野IAEA事務局長が死去した。はたして事件が進展するかどうか…。

天野IAEA事務局長が辞意の5日後に死去…。昨年から体調を崩しており、職務に耐えられなくなった。オバマが気づいた時には既に世界80カ国に広がっていたテロのネットワークw(2019年7月22日)

山で狩りの男性が行方不明 遭難か 栃木 日光 2019年2月10日 16時12分
栃木県日光市の山で狩りをしていた61歳の男性の行方が9日から分からなくなり、警察は遭難したおそれがあるとして捜索しています。
行方が分からなくなっているのは、前橋市に住む61歳の男性です。
警察によりますと、この男性は9日午前9時ごろ、鹿などを狩るため、5人の知人とともに6人で日光市足尾町の山に入りましたが、その後、行方が分からなくなりました。
6人はそれぞれ、無線で連絡を取り合いながら個別に行動していたということで、午後0時半ごろに男性と連絡が取れなくなり、その後、集合場所にも現れなかったということです。知人から連絡を受けた警察が10日朝から捜索を行っていますが、これまでに男性は見つかっていません。
宇都宮地方気象台によりますと、栃木県内では9日山あいを中心に雪が降り、現場からもっとも近い奥日光の観測所では、9日午後10時半に13センチの積雪を観測したということです。警察は、男性が遭難したおそれがあるとして引き続き、捜索を続けることにしています。
前橋市の61才がこの極寒に奥日光で狩りに行って遭難w

たぶんヒントは前橋市なんだろw
桜井俊(さくらいしゅん)研究ちうw #大野くんの夏休み

Japan: six months after the disappearance of Tiphaine Véron, the enigma persists
28/01/2019 at 07:51
Tiphaine Véron, missing in Japan since August 8 - BFMTV
The 36-year-old French woman disappeared two days after arriving in Nikko, some 150 kilometers northwest of Tokyo. Since July 29, she has given no sign of life. His family denounces the inertia of the local investigation.
Tiphaine Veron had planned to spend three weeks in Japan . It's been six months since she disappeared. Arrived on Friday, July 27, it disappeared less than forty-eight hours later, in Nikko, a tourist town located not far from the Japanese capital.
In early August, the sister of Tiphaine, Sybille, and his two brothers, Damien and Stanislas go to Japan, to try to find her. After several weeks of unsuccessful searches, the family returns to France. But for her, the theory of the accident does not hold. No more than that of suicide. In mid-December, one of Tiphaine's brothers decided to go to Japan again, as reported by Le Parisien . Once again, the research does not help.

Several neglected tracks
Worried by anxiety, the family of Tiphaine Veron denounces since this summer the methods of Japanese investigations .
In Paris , the family lawyer regrets that "Japanese investigators have not conducted what we consider, in France, as the basis of a police investigation in such a case".
According to the family council, several tracks have been neglected. Among them: the hotel room of the young woman, searched only several weeks after the disappearance of Tiphaine or the phone data of the French, which would never have been exploited.

The family is convinced that this is a criminal act
In Japan, Tiphaine Véron was actually equipped with her French smartphone. In the context of a judicial inquiry opened in Poitiers, where this auxiliary living for disabled children resided, the operator quickly transmitted to the authorities the data she had in her possession. But as part of the Japanese survey, data from the local operator, information related to wi-fi connections or GPS coordinates, have not been exploited.
"It's unbearable. The key to his disappearance is perhaps there. The worst is that it is already perhaps too late, and that these data are no longer available because they have been erased by the operators, "says sister Tiphaine Parisian .
In August, Sybille Véron explained to Le Figaro that she had moved heaven and earth to find her sister: "We crossed the area, the forest, the paths, we went to all the temples where she could have gone, to try to understand . We inquired about the rainfall, we went to see the dams, "she listed daily. For the family, no doubt, the origin of the disappearance of Tiphaine is criminal. A theory corroborated by former police and Japanese investigative journalists. To speed up the process, Tiphaine's family decided to call in private investigators. An online kitty , which currently has a little more than 26,000 euros, must include to finance these costs.

Valentine Arama
「ティフェンヌ・ベロン失踪の捜査で日本の警察は地元キャリアのWiFi接続とGPS座標に関するデータを調べなかった。」w

仏人女性不明から3週間 増水の川に転落の可能性も(2018/08/21 11:58)
 栃木県日光市で、フランス人女性の行方が分からなくなって3週間以上が経ちました。警察は、女性が台風で増水した川に転落した可能性もあるとみて捜索しています。
 観光で日光を訪れていたティフェンヌ・ベロンさん(36)は先月29日朝、宿泊先を出てから行方が分からなくなっています。警察は、21日朝から宿泊先の近くを流れる大谷川を捜索しています。警察によりますと、大谷川の憾満ケ淵は外国人観光客に人気があり、ベロンさんの宿泊先からも近く、部屋に残されていたベロンさんのメモにも訪問先の一つとして書かれていました。警察は、憾満ケ淵を見にきたベロンさんが川に転落して流された可能性もあるとみています。
「警察は、女性が台風で増水した川に転落した可能性もあるとみて捜索しています。」w
おいおい、栃木県警。行方不明になった7月29日は小雨で午後は晴れてたんだぞ。フランス人を狩っただろw。

あ、これだ。地震で足を滑らせた?

「てんかんの持病もあり、一刻を争う状況」
これって、ひるがの高原や世田谷一家殺人事件と同じにおい。

2018.8.10 10:05 日光の仏女性不明で捜索 県警や消防80人態勢
行方不明のベロン・ティフェヌ・マリー・アリックスさんの捜索のため鳴虫山登山道を進む栃木県警捜査員ら=10日午前、栃木県日光市
 栃木県日光市を観光で訪れていたフランス人女性、ベロン・ティフェヌ・マリー・アリックスさん(36)が7月29日以降に行方不明になっていることを受け、栃木県警などが10日、ベロンさんの宿泊先に近い、渓谷の景勝地「憾満ケ淵(かんまんがふち)」(同市)周辺や鳴虫山(なきむしやま)を約80人態勢で捜索した。
 捜索には警察や地元消防団、日光市山岳連盟のボランティアが参加。警察犬やドローンを使っても捜索を進める。県警日光署の渡辺公一刑事課長兼生活安全課長は「目撃情報は多数寄せられている。事件、事故の両面で捜査を進めている。一刻も早い発見を実現し、家族に引き合わせたい」と述べた。
 憾満ケ淵は大谷川の川岸に巨岩、奇岩が並ぶ景勝地で、川沿いの道に数えるたびに数が違うといわれる約70体の地蔵群「化地蔵(ばけじぞう)」がある。日光東照宮などの世界遺産「日光の社寺」の南側にあり、ここ数年、欧米からの外国人観光客が多く訪れるようになったという。
 ベロンさんは身長165センチで髪は茶色。情報提供は日光署(電)0288・53・0110。

フランス人女性が日光で行方不明 小川泰平氏が女性の兄弟妹と共に捜索 2018.08.06.
7月29日以降、行方が分からなくなっているベロン・ティフェンヌ・マリー・アリックスさん(小川泰平氏提供) 1枚 拡大
 栃木県警は5日、同県日光市周辺を散策中だったフランス国籍の女性ベロン・ティフェンヌ・マリー・アリックスさん(36)が7月29日以降、行方が分からなくなっていると発表した。家族と接点のある関係者から情報提供を受けた元神奈川県警刑事で犯罪ジャーナリストの小川泰平氏はこの日、ベロンさんの兄(38)、弟(31)、妹(33)と共に同市内を捜索。デイリースポーツの取材に、その詳細な状況を明かした。
 ベロンさんは母国で教員補助の仕事に就いており、観光で7月27日に来日。日光、青森・弘前、京都、東京などを回って今月15日に帰国予定だった。
 日光では28日にチェックインしたが、29日朝10時頃に食事をしているのをホテルの従業員に目撃されたのを最後に行方不明になっている。夜になっても戻って来ないことから、ホテル側が警察に連絡。警察からフランス大使館を経て家族に連絡が入り、4日、きょうだいが来日した。
 ホテルの部屋に残された旅行用のキャリーバッグは着替えなどでいっぱいで、パスポートは残されていたが、スマートフォン、財布、現金、クレジットカード類は見当たらなかったという。身長は163センチくらい、やせ形、髪は明るい栗色で肩までの長さだった。小川氏は、きょうだいから「今の彼女に一番近い顔」として提供された写真を示した。
 家族は「ティフェンヌは突然、意識を失うような持病があり、そのことが心配なので書いて欲しい」と小川氏に依頼。妹は「姉の病気が心配です。早く見つかって欲しい、何でもいいので情報が欲しい」と涙ながらに話した。兄と弟は「ティフェンヌは非常に慎重な性格ですが、日本人を本当にリスペクトし、信用していると思う。どなたか、見た方がいたら連絡をお願いしたい」と切実だった。
 目撃情報などの手掛かりがなく、小川氏は「警察は事件と事故の両面で調べています」と現状を語った。情報提供は日光警察署、電話0288(53)0110まで。


投稿されたコメント:

コメント
コメントは無効になっています。