弁財天

ゴフマン「専門家を信じるのではなく、自分自身で考えて判断せよ」

全国で小中学校の教員に脅迫状が送られている update2

教職員に「300万円送れ」 脅迫状から浮上する中国人犯行説

2015年3月17日
全国の教職員に脅迫状が届いている問題。犯人は「お前は以前教え子だったAに酷い言葉で心を傷つけ人格を侮辱した」と言いがかりをつけ、300万円払わなければ嫌がらせをすると脅している。いうなれば“架空脅迫詐欺”だ。

 脅迫状を受け取ったのは全国で2500人以上。文書は徳島市の郵便局から発送されていた。犯人は300万円を週刊誌に挟んでガムテームで巻き、タイのバンコクに郵送しろと指示。脅迫状に記された住所は犯人が手配したとみられている。

 1月中旬、バンコクで代行業を営む42歳の日本人男性に「松尾清美」と名乗る女から電話が入り、「タイで会社を設立する。履歴書が届くので代理で受け取って欲しい」と依頼。郵便物を香港の会社に転送するよう指示してきた。その後、女は「ネットで検索すると、あなたの会社の名前が出てくるので、ほかの住所にして欲しい」とも頼んできた。そのため、男性は受取先として知人のタイ人女性の住所を教えたという。

1500件以上の相談

 詐欺事件に詳しいジャーナリストが言う。 「42歳の代行業の男性は現地で真面目に働いている人物。脅迫文を受け取った人がネットで調べればすぐに分かる。そうなると“詐欺だ”と気づかれてしまうので住所変更を頼んだと考えられます」

 問題発覚から5日。捜査はまったく進んでいない。ずる賢い面を持ち合わせているようだが、犯人はどんな人物なのか。実は初動の段階で尻尾を見せている。脅迫状が不自然なのだ。

「文章が日本語の体をなしていないのです。句読点が極端に少ないし、文がそれぞれ短い。漢字も多く、表現力がぎこちない。まるで自動翻訳機で訳したような日本語。そのため犯人は日本人ではなく、中国人ではないかという声が上がっています。郵送先をタイにしたのは日本人が4万人もいる国だから、自分たちを日本人と思わせるのに好都合と考えたのではないか。タイを経由して香港にカネを送らせようとしたのも中国人説を後押ししています」(前出のジャーナリスト)

 警察に寄せられている相談は1500件以上に上り、山谷国家公安委員長は「全国の警察で被害届を受理するなど捜査を進めていきたい」と語っている。犯人は何者なのか。一刻も早い逮捕が待たれる。

「文章が日本語の体をなしていないのです。句読点が極端に少ないし、文がそれぞれ短い。漢字も多く、表現力がぎこちない。まるで自動翻訳機で訳したような日本語。そのため犯人は日本人ではなく、中国人ではないかという声が上がっています。」
予め指摘事項を決めた後に文章を作成してる。その指摘事項がいかにも教師的w
郵送料だけで20万円かかってる。こんなこと中国人はやらないでしょ。
実費をかけた郵送というとこが情弱な文科省がいかにもやりそう。原子力予算を使ったのかすらー。

教職員ら2500人以上に脅迫状…手間と費用かけるも被害ゼロw

3月12日 17時09分
教職員へ脅迫状相次ぎ文科省が注意
各地で、教職員の自宅などに現金を要求する脅迫状が送りつけられる事案が相次いでいることが分かり、文部科学省は全国の教育委員会に文書で注意を呼びかけています。
このうち千葉県では10日から12日にかけて、県内の500人余りの教職員の自宅などに脅迫状が郵送されてきたほか、埼玉県でも330人余りの教職員に送りつけられました。
文部科学省によりますと、脅迫状はいずれも「以前、教え子の心をひどいことばで傷つけ、心身ともにぼろぼろにした。保護者から復しゅうを依頼された」などとして、現金300万円を週刊誌に挟んでタイに郵送するよう要求しているということです。
文部科学省が把握している範囲では、今のところ被害は出ていないということです。
文部科学省は全国の教育委員会に対して文書で注意を呼びかけています。
うーむ。やっぱ文科省がやってるな。

松尾清美と友田りさ?教職員に300万円の脅迫状 タイ恐喝未遂事件

脅迫状の全文

教職員に届いた脅迫状の全文

お前の教え子の親からの依頼で行動を開始する 私たちに依頼した内容は次の事だ お前は以前教え子だったAに酷い言葉で心を傷つけ人格を侮辱した よってAは酷いうつ病になり自殺未遂を繰り返し現在は薬物障害になっている 心身共にボロボロにされた Aの家族はお前に同じ思いをさせてやると誓い私たちに復讐の依頼をしてきた

 依頼内容は次の通りだ
 1.お前が仕事を失い生活できない様にする まず教育委員会に電話をするテレビニュースに出る様な内容の告げ口を行う(体罰を受けた 体の局部を見せろと言われた 個室で裸にされ写真を撮られた お金あげるから家に遊びにこないかと言われた等)その後お前の学校に電話をし他の教職員にも上記の内容の告げ口をする 教育委員会はお前の調査を始めるだろう 学校ではお前の噂でいっぱいになるだろう
 2.お前が今の家に住んで居られない様にする(お前の個人情報をネット上で公開する 最低の教師だと名指しで掲示版に投稿する)(近所を騒がす為に玄関にスプレーで落書き 家の電線を夜中に切る お前の家に投石 夜中に怖い電話 ネット通販商品が毎日届く お前に泣きが入るまで毎日続く この様な行為をする奴は闇サイト掲示板でいくらでもいる)学校を辞め退職金も収入も失い家族に不安を与え家庭も崩壊するまで私たちは追い込みを続ける私たちは面識も無くお前が警察に駆け込んで細工されたこの手紙をだしたところで追う事は不可能であり事件前の手紙など相手にもしてくれないだろう<気をつけて>で終わりだ事件扱いになった時はお前は全てを失った後だろう
 復讐行為を止めたいのであれば成功報酬より多くの金を払うことだ私たちはどちらが金を出そうが関係ない私たちはお前に恨みはない金の為に実行するだけだ。300万支払えば中止する払わなければ復讐を実行し成功報酬をもらうだけだ すぐに現金を用意し次の方法で郵送しろ
 1.厚さの薄い週刊誌の真ん中のページを開き現金を平らにはみ出さないように挟む
 2.現金が動かない様に週刊誌を丸ごとガムテープで巻く
 3.郵便局で書類用EMSで書類として海外に郵送する
以上 2日以内に郵送しろその後確認が取れなかった場合復讐を開始する教育委員会の電話から始まりだお前が金を郵送するまで復讐は続く金を早く払えばよかったと思い知らされるだろう
 警察は何もしてくれないそして何もできないことを知るだろうお前が身を守る為には唯一金で解決する事だお前の人生は私たちが握っている事を忘れるな郵送先宛名等詳しい書き方を下記に記す
 郵便局でEMS無料包装材(封筒)に入れてEMSのCN22付き書類用ラベルに郵送内容記入<書き方は郵便局員にタイに書類を送ると言って聞け

届け先 名前●●●●
     住所●●●●●●●●
       ●●●●
     郵便番号 ●●●●
     国名 Thailand
 CN22の記入<内容物>Documents<内容物の数量及び明細>Business Papers
      <重量>0.5kg<価格>THB50
  注:重量と価格の数字間違えるな
言われた通りに記入しろ 記入不備で届かなかったらお前は終わりだ

なんで「。」がないの?なんでタイ?こういうとこがいかにも文科省の自作自演を疑われないように教師が小細工したよーなw

全国各地の教職員に現金を要求する脅迫状が送られた事件で、沖縄を除く46都道府県で、2,400人以上の教職員に脅迫状が届いていたことが新たにわかった。
関西地方の小学校教師は「非常に悪質な、いやらしい内容だなと。教育全体に対しての侮辱であると。今思い出しただけでも、悔しくてたまりません」と話した。
FNNのまとめでは、これまでに沖縄を除く46都道府県で、2,427人の教職員に対し、「保護者から復讐を依頼された」などと書かれた脅迫状が送付されている。
警察庁によると、12日までに、46都道府県警に1,592人から相談が寄せられており、消印の多くが徳島市内から出されていることから、徳島県警などが恐喝未遂事件として捜査している。
「沖縄を除く46都道府県で、2,400人以上の教職員」てとこがヒントですな。
沖縄電力には原発ないからな。本当に脅迫状だったのかすら?原発推進の同調圧力中止命令書だったのでは?

教員へ脅迫状 金銭目的か愉快犯か 入念準備、義務教育に恨み?

2015.3.12 20:46

全国で小中学校の教員に脅迫状が送られている問題は、「教え子の親からの依頼による復讐(ふくしゅう)」をほのめかして嫌がらせを予告、多額の現金を要求する悪質な内容だ。現金送付先・方法を具体的に指示し、脅迫状が教員の自宅に届くなど、入念に準備された形跡がある。金銭目的か愉快犯か。犯人の狙いを探った。

■現金送付方法を指示

 「お前の教え子の親からの依頼で行動を開始する」と始まる脅迫状。教員の言葉で教え子が重度の鬱病になったとしている。さらに、(1)教員が仕事を失うよう報道される内容を教育委員会に電話する(2)教員の個人情報をネットで公開、悪口を書き込む(3)自宅にいたずら書きなどの嫌がらせをする-という内容が続く。

 また、要求する現金の送付先としてタイの住所を表記。多額の現金送付には各国税関でのチェックが行われるため、週刊誌に挟んで現金を隠して包装し、国際スピード郵便(EMS)で送るよう要求している。さらに送り先で税関チェックされないようEMSの種類も指定しており、入念な下調べをうかがわせる。

■過去の名簿流出か?

 脅迫状は教員の自宅に送られているため、何らかの形で教員住所録が流出した可能性がある。現在、文科省は教員住所録の取り扱いについてガイドラインなどを定めていないため、各教育委員会や学校の裁量に任されている。

 埼玉県教委では、現在、個人情報保護の観点から全県的な教員住所録は作成しておらず、学校単位での管理が行われている。ただ、約20年前までは、同教委作成の住所や電話番号の記された全県的な住所録があったという。

担当者は被害状況を「県内全域にまたがっていて、すでに退職した人や、約20年前に一時的に住んでいた住所に送られている例もあった」と話す。このため、「校内連絡用に作成した学校単位の住所録が個別に流出した可能性がゼロではないが、過去の全県住所録が何らかの形で流出し、悪用されたのではないか」とみている。被害は広範囲にまたがり、犯人が名簿業者などから全国の住所録を入手した可能性もある。

■可能性絞れず

 犯罪心理に詳しい「こころぎふ臨床心理センター」の長谷川博一代表(55)は、「義務教育の過程で教員に恨みをもった人物だろう。目的は金ではなく、教育現場への復讐ではないか」と指摘する。

 長谷川代表によると、文書中で教え子が「ひどい鬱病になり自殺未遂を繰り返した」とする点について、「自らもいじめを受けたが教師が守ってくれなかったというトラウマの投影の可能性がある」と指摘する。

 ただ、気になるのは送付先としているタイの首都バンコクの住所が実在することだ。郵便局員にタイへの書類送付の方法を問い合わせるよう指示し、重量や価格などについて、EMSを申し込むための英語による記入方法も具体的に説明していることなどから、金銭目的の可能性もある。

うーむ。これは文科省の自作自演でしょ。

文科省は県教委→市教委→小中学校のルートで子供をいじめることで原子力推進(原発、核融合、加速器)に反対する親に同調圧力をかけてきた。そんな実体がカミソン殺害や、大津いじめ自殺事件で世間に徐々にバレている。 それに対して世間からの報復を怖れた文科省がプロパガンダ事件を起こして先手を打ったのだな。

311前まではそんな事これっぽっちも発想しなかったな。そのあとミネルバとか、川崎の王禅寺と浮島とか、原研高崎の話を聞いてそんな結論に至ったわけ。

投稿されたコメント:

コメント
コメントは無効になっています。