弁財天

ゴフマン「専門家を信じるのではなく、自分自身で考えて判断せよ」

リモートセンシングとミサイルの関係。NTTとNICTがリモートセンシングを研究する理由。update5

ASKAが再逮捕直前に【ギフハブ(GIFUXHUB)】。劇団型オレオレ逮捕に大メディアドン引き。警視庁組対5課がサイバーテロでASKAの「盗聴国家・日本」出版を言論統制w
「電通アジアファンド」と同じ仲介会社で「アジアの核国際取引社」とハイロックス社のマイクロ・デジタル・スコープとC9メディアの衛星を使って北朝鮮の核をリモート・センシングするってTHAADそのものじゃまいかぁ。電通と経産省。
のつづき。

2018.1.24 20:19 中部電、サイバー攻撃の予兆検知で共同研究 情報通信研究機構などと
 中部電力は24日、サイバー攻撃の予兆を検知する技術の向上を目指し、情報通信研究機構(NICT)などと共同研究を始めると発表した。中部電のインフラなどを実証に活用し、被害を未然に防ぐシステムを研究開発する。将来的には、中部圏の顧客企業などとも連携して地域全体のセキュリティー確保を目指す。
 共同研究は平成31年3月までで、専門技術者を擁するPwCサイバーサービス(東京)や、中部電のシステム監視を担う子会社も参加。NICTのソフトウエアを使い、サイバー攻撃の予兆となるホームページへの不審な通信履歴を正確に検知する技術など課題を探る。
中部電力とNICTかぁw。浜岡原発の製造炉のBWRとミサイルのリモートセンシング部隊かぁw。なんてわかりやすい。

夏野剛が楽天のキャリア参入を語るw
うーむ。楽天はNTTドコモとNICTのミサイル稼業を押し付けられちゃうのだろうな。
ASKAが再逮捕直前に【ギフハブ(GIFUXHUB)】。劇団型オレオレ逮捕に大メディアドン引き。警視庁組対5課がサイバーテロでASKAの「盗聴国家・日本」出版を言論統制w

あ、国立研究開発法人「情報通信研究機構(NICT)」かぁ。
【武蔵野市 東京都 日本 proxy1.nict.go.jp [ASN9355 National Institute of Information and Communications Technology 133.243.0.0/16] Win10 Firefox/49.0】

こいつらがギフハブの黒幕だw
m9( ゚Д゚) ドーン!

NICT組織

AIに自動音声翻訳させてる。

人工知能と自動音声翻訳と仮想現実の手法を使って、PS4とCoDのチャットコンソール越しにイスラム国™ファイターをスカウトして洗脳したんだな。
これ→イタリアがプレステ4(PS4)のチャットのモニター開始。ベルギーがプレステ4のゲームコンソールに隠れたイスラム国™戦士の採用チャンネルがあるのを発見。

あ、ATRだ。

総務省、NICT、ATR…
あー、形態素解析かぁ。chasenとかMecabとかあったなー。 あの技術の先に多国語音声認識と翻訳とかあるわけだ。

PS4のCoDでイスラム国™ファイターに洗脳するときって、もろこの研究を逆方向に応用したわけだな。
このトラウマの研究をNICTは「脳情報通信融合研究センター」でやってる。興味深いのは神経薬理学の研究員が入っているとこw
そういえばシャブは脳のニューロンどうしの通信の化学物質を活発にするんでしたな。

脳情報通信融合研究センター 大阪府吹田市山田丘1-4 うはは。寝屋川の近所かぁ。ぐるぐる巻き研究員がいるかもw

部活LINEで生徒を自殺に誘導してるキュレーターもそうなのだろう。

NICTの「ワイヤレスネットワーク総合研究センター」
神奈川県横須賀市光の丘3-4
なにかと思えばYRP野比のことで、巨大なNTTドコモのR&Dセンター

GNF-Jの近くなんだぁ。横須賀てペンタゴンの開発拠点だったのかぁ。

NTTドコモかぁ。 パナマ文書にも登場。NTTドコモとソニー、DWANGO、オリックスとつながっていく。

そういえば淡路島連続殺人の平野達彦の父親がNTTドコモだったなぁ。 で、淡路島にヤクザとパソナの傭兵部隊がいるんだっけか。

うっは。顔認識かぁ。とことんターゲットを追跡してるかんじ。それを「集団ストーカー」と呼ぶ人も多い。

これが土人のサイバー攻撃拠点。 あら?DELLの右上のマークはバングラディシュのサイバー銀行強盗の時に犯人を中国に誘導してクビになったFireEyeじゃまいかw

あ、わかった。超古典的な方法。DateCrackだわw
ルーティングを変える。成功したトラフィックを記録。時刻を戻す細工。前回のトラフィックを再送w

NICTの「未来ICT研究所」はXバンドレーダーもやってるのかよw

ロッキード・マーチンの宇宙システム2015年版



で、来月2017年1月に防衛省はTHAADミサイル衛星を打ち上げるわけですな。 リモートセンシングてTHAADのXバンド衛星に使う技術だわ。こうつながるのかー。

これ→NICTフェロー
NICTフェローの紹介。 量子暗号x2人、自動翻訳、リモートセンシングx2人。超電導を量子暗号に転用w
リモートセンシングは高橋まつりの彼氏のジェット推進研究所でも登場。
このフェロー達だけでもいくつかケースのストーリーが成立するよーなw

電通→高橋まつり→彼氏のジェット推進研究所→リモートセンシング

ASKA→ギフハフ団→NICTフェロー→リモートセンシング

圧倒的な土人のダークサイドな世界に背筋ゾクゾク感w

ツイッターの検索ボックスに「missile remote sensing」を打ち込んでみただけ。

リモートセンシングが資源探査と思ってたら大間違い。ミサイルを撃ち込む技術のこと。小型化と低コスト化が進んでミサイル発射ドローンと連携する。

NICTは顔認識も研究。 パナマ文書では電通がハイロックス社のマイクロ・デジタル・スコープとC9メディアの衛星を使ってリモートセンシングしていた。 リモートセンシング衛星がハイロックスのカメラで顔認識して地上のターゲットをリアルタイムに追跡。そこにドローンがミサイルを撃ち込むってかぁ。 いかにも土人好みな技術だわな

「GIS(地理情報システム)とリモートセンシングの訓練は、弾道ミサイルと核WMDの訓練と等価。」w
あ、そうだったのかー。

「2人の女性科学者 TessyThomas と GeetaVaradanをリモートセンシングのミサイル技術の分野での貢献で Nayudamma大賞が送られる。」
Nayudammaてインドのミサイルの父ですなww

「中国が最初の高軌道リモートセンシング衛星が稼働開始。軍事宇宙ニュース、核兵器、ミサイル防衛」

「中国が商用リモートセンシング衛星を打ち上げ。軍事宇宙ニュース、核兵器、ミサイル防衛」

この中国の商用リモートセンシング衛星てパナマ文書にでてきた電通のC9メディアの衛星なんじゃね?

要するにおカネを払えばミサイルを打ち込むターゲットをリアルタイムにモニターしてくれるサービスかぁ。それでミサイル発射ドローンと商用リモートセンシングドローンが連携するんだわ。

「米ミサイル防衛。効果的なミサイル防衛。ネットワーク化されたリモートセンシング(Part 1)」w

「CSULBの学生がミサイル発射ドローンをリモートセンシング無人機に再発明」w
なんだそれ。
THAADと大陸間弾道弾防衛からミサイル発射ドローンへ小型化と低コスト化してる。

「リモートセンシング、多層冗長性、広範囲化が米ミサイル防衛を進化。対イラン」

「ネットワーク化されたリモートセンシング:効果的なミサイル防衛の鍵、パート1」

ぐはは。リモートセンシングと通信ネットワークはミサイル防衛の要だった。 どーりでNTTとNICTがリモートセンシングのフェローを2人も掲げて研究してるわけだ。

「リモートセンシングなヘルファイア・ミサイルも(through the traitors window to vent ur feeling)から発射可能にする。」

ヘルファイア (ミサイル)←ウィキ

K型以降はヘルファイア IIとも呼ばれ、レーザー測距/誘導関係の機能が改良されている。さらに改良されたL型のロングボウ・ヘルファイア・モジュラー・ミサイル(英:Longbow Hellfire Modular Missile)は、ロングボウ・ヘルファイアとも通称され、ミリ波レーダーによるアクティブレーダー誘導に対応している。
ヘルファイア・ミサイルのミリ波レーダーによるアクティブレーダー誘導技術。

「インドがAgniに似たキューバ製弾道ミサイル開発を援助。インド宇宙研究団体(ISRO)がリモートセンシングの分野で支援。」

$ grep "国立研究開発法人情報通" *.txt
houkoku_h270918c_siryou.txt:                  総務省情報通信政策研究所                          国立研究開発法人情報通 情報通信分野の研究開発及
                  総務省情報通信政策研究所                          国立研究開発法人情報通 情報通信分野の研究開発及
54   松尾 孝人   60                H26.3.31      H27.5.1                             有期技術員      無   無
                  研修部長                                  信研究機構       び事業振興に関する業務

houkoku_h281220_siryou.txt:                                                           国立研究開発法人情報通 情報通信分野の研究開発及
                  総務省総合通信基盤局付
                                                           国立研究開発法人情報通 情報通信分野の研究開発及
31   室山 喜昭   60   (九州総合通信局情報通信 H28.3.31     H28.7.1                                 一般職員      無   無
                                                           信研究機構       び事業振興に関する業務
                  部長)

kouhyou_h280920_siryou.txt:                    総務省情報通信政策研究所                           国立研究開発法人情報通 情報通信分野の研究開発及
                    総務省情報通信政策研究所                           国立研究開発法人情報通 情報通信分野の研究開発及
99    松尾 孝人    60                H26.3.31      H27.5.1                              有期技術員       無   無
                    研修部長                                   信研究機構       び事業振興に関する業務
$ perl amagrep.pl 国立研究開発法人情報通 *.txt 
amagrep keyword 国立研究開発法人情報通 ...
houkoku_h270918c_siryou.txt                   総務省情報通信政策研究所                          国立研究開発法人情報通 情報通信分野の研究開発及
houkoku_h270918c_siryou.txt 54   松尾 孝人   60                H26.3.31      H27.5.1                             有期技術員      無   無
houkoku_h270918c_siryou.txt                   研修部長                                  信研究機構       び事業振興に関する業務
houkoku_h270918c_siryou.txt ---
手メンテw
houkoku_h281220_siryou.txt                   総務省総合通信基盤局付
houkoku_h281220_siryou.txt                                                            国立研究開発法人情報通 情報通信分野の研究開発及
houkoku_h281220_siryou.txt 31   室山 喜昭   60   (九州総合通信局情報通信 H28.3.31     H28.7.1                                 一般職員      無   無
houkoku_h281220_siryou.txt                                                            信研究機構       び事業振興に関する業務
houkoku_h281220_siryou.txt                   部長)
houkoku_h281220_siryou.txt ---
kouhyou_h280920_siryou.txt                     総務省情報通信政策研究所                           国立研究開発法人情報通 情報通信分野の研究開発及
kouhyou_h280920_siryou.txt 99    松尾 孝人    60                H26.3.31      H27.5.1                              有期技術員       無   無
kouhyou_h280920_siryou.txt                     研修部長                                   信研究機構       び事業振興に関する業務
kouhyou_h280920_siryou.txt ---

日本、超小型衛星による量子通信の実験に世界で初成功―NICT 情報通信研究機構(NICT)は超小型衛星と地上のあいだで量子通信に成功した。高効率で情報のやりとりができ、情報漏洩をより強固に防ぐ量子暗号の基盤技術になる。 2017/07/11 13:00 インターネットコム編集部
情報通信研究機構(NICT)は超小型衛星と地上のあいだで量子通信に成功したと発表した。従来の光通信より高効率で情報のやりとりができ、情報漏洩(ろうえい)をより強固に防ぐ量子暗号の基盤技術になる。
実験に使った超小型衛星「SCORATES」は重さ50kg、サイズ50cm角で、衛星量子通信用途としては世界最軽量、最小サイズ。
NICTで開発した小型光通信機器「SOTA」を搭載しており、毎秒1,000万ビットの速度で光の信号を送信。東京都小金井市にある地上局に届ける。
地上局では光子1個1個の到来を検出しながら信号を復元し、高度600kmを秒速7kmで高速移動する衛星との量子通信を実現した。
超長距離、高秘匿な衛星通信網の構築に向けた大きな1歩になる、としている。
これまで大型衛星を必要とした衛星量子通信が、より低コストの小型衛星で実現できるため、多くの研究機関や企業による開発が可能になると、NICTは期待する。「今後の宇宙産業の発展に向け新たな1ページを拓く成果」としている。実験の詳細は英国科学誌「Nature Photonics」のオンライン版に日本時間7月11日に掲載する。
衛星量子通信の研究開発は日本以外に、中国、欧州、米国で活発。2016年8月には、中国科学技術大学を中心とするチームが600kgの大型衛星を打ち上げ、2017年6月に1,200km離れた2つの地上局に向けて「量子もつれ」配信を行う実験に成功している。
NICT(イスラム国™)が人工衛星との量子通信に成功w
【NICTで開発した小型光通信機器「SOTA」を搭載しており、毎秒1,000万ビット速度で光の信号を送信。東京都小金井市にある地上局に届ける。】 1,000万ビット/秒 = 125万バイト/秒 = 1.2Mバイト/秒
もうすぐサーバーのデータを人工衛星に移行して量子暗号化通信でしか接続できなくするんだろw。
いや人工衛星から地上にハッキングをかけるのかw?

投稿されたコメント:

コメント
コメントは無効になっています。