弁財天

ゴフマン「専門家を信じるのではなく、自分自身で考えて判断せよ」

岐阜県関市下有知の天理教濃武分教会が燃えた… update4

天理教分教会の火災、計5棟焼く 10時間後鎮火 2020年10月28日 08:44
全焼した天理教濃武分教会の教会(右)と住宅(左)。中央は渡り廊下=27日午前9時32分、関市下有知
 26日午後10時40分ごろ、岐阜県関市下有知の天理教濃武分教会から出火、敷地内にある鉄筋2階建ての教会と木造2階建ての住宅のほか、隣接する民家と離れ、倉庫の計5棟(計約860平方メートル)を焼き、約10時間後に消えた。分教会の男性職員(28)が両手、住み込みの男性(75)が顔にやけどを負った。署と消防が出火原因を調べている。
 関署や中濃消防組合消防本部などによると、分教会には住宅と教会、それらをつなぐ渡り廊下がある。出火当時、住宅には男性職員と父親の施設管理者(72)とその妻、教会には住み込みの男性がいた。火災報知機が鳴ったため男性職員が教会を見に行き、1階から炎が出ているのを発見。消火器で消そうとしたが燃え広がったため、110番した。
 署と消防は27日に実況見分を実施。教会が激しく燃えていたことなどが分かった。
 近くに住む女性は「サイレンが聞こえたのでカーテンを開けると火が高く立ち上っているのが見えた。あれよあれよという間に隣の家にも燃え広がっていき、怖かった」と話した。
 現場は長良川鉄道関下有知駅近くの県道沿い。消火活動のため、現場付近の県道は約9時間半にわたって通行止めになった。
「分教会には住宅と教会、それらをつなぐ渡り廊下がある。…火災報知機が鳴ったため男性職員が教会を見に行き、1階から炎が出ているのを発見。」

渡り廊下の先の教会の1階から出火…

岐阜・関市の天理教教会で火災 2020年10月27日 01時34分 (10月27日 01時34分更新) 会員限定
炎を上げて燃える天理教の教会=26日午後11時16分、岐阜県関市下有知で
26日午後10時40分ごろ、岐阜県関市下有知の天理教濃武分教会で、住人から「建物が燃えている」と119番があった。27日午前1時現在、建物1棟が燃えており、消火活動中。
 中濃消防組合によると、2人がけがをして市内の病院に搬送された。現場は、県道281号沿いで住宅や田畑が広がる。

天理教の建物などが焼ける火事 2人けが、命に別条なし 消火活動続く 岐阜・関市 10/27(火) 1:32配信
中京テレビNEWS 火事の現場(岐阜・関市)
 26日夜、岐阜県関市の天理教の建物などが焼ける火事があり、27日午前1時半現在、消火活動が続いています。住人の男性2人がけがをして病院に搬送されましたが、命に別条はないということです。
 消防と警察によりますと、26日午後10時42分ごろ、関市下有知にある天理教濃武分教会で、「部屋の中から燃えている」などと住人から119番通報がありました。
 消防車9台が出動し、消火活動にあたっていますが、教会の建物のほか周辺の住宅4棟にも延焼しているということです。

市役所に爆破予告を送り付けた元岐阜・関市議に懲役1年執行猶予3年の判決 10/23(金) 18:18配信
CBCテレビ
 市役所に爆破予告を送りつけた岐阜県関市の元市議に有罪判決です。
 判決などによりますと、元関市議会議員の太田博勝被告(67)は、ことし4月、「バクダンガシカケテアリマス」などと記した文書を関市役所の新聞受けに入れたほか、5月には上之保事務所に爆破予告文を郵送。
 職員の業務を妨害した威力業務妨害の罪に問われていました。
 太田被告は起訴内容を認め、「職員の叱咤激励が動機だった」と話していましたが、23日の判決公判で岐阜地方裁判所の守屋尚志裁判官は、「被告の行為が誤りであるのは明らかで、動機にくむべき点がない」と指摘。
 その一方で「反省の弁を述べている」などとして、懲役1年の求刑に対し、懲役1年、執行猶予3年の判決を言い渡しました。
最終更新:10/23(金) 19:07 CBCテレビ

関市と可児市w

【パナマ文書】イスラエルのセレブ社と2つのSANKYOと2つのサン電子。グンマーのムサシとの関係w(2016年11月5日)

投稿されたコメント:

コメント
コメントは無効になっています。