弁財天

ゴフマン「専門家を信じるのではなく、自分自身で考えて判断せよ」

「テネット(TENET)」映画評w

ENET(テネット)なる映画があってスラムダンクのテネットかと思えばエントロピーが逆に、時間が逆転する、反物質をテーマにしたぐじゃぐじゃなストーリーで、酸素マスクだけで反物質の自分に触れても消滅しない属性になっていた。これって誰も理解できないのでは?

Linux(UNIX)のプログラミングで説明するなら、スレッドを使わずに、シグナルハンドラだけで多重処理の実装を試みたら、いつでも自分のロジックが自身に割り込んでしまうことに気付き、割り込みスタックがネストするのに備えて復元処理を試みるのに似てる。設計に失敗してるのだw

プルトニウム239ではなく241でw、核爆発を防ぐために時空間を超えた戦いになっていく。うーむ。おれだったら舞台をフクイチにして、4号基(1F4)の南壁を成形爆破する話とキリン(象の鼻)のミキサー車で使用済み燃料プールに注水する話にするなw

投稿されたコメント:

コメント
コメントは無効になっています。