弁財天

ゴフマン「専門家を信じるのではなく、自分自身で考えて判断せよ」

「狂人化した売国奴」「ネトウヨなるゴミクズ」先鋭化した言葉で分断炎上させるメリットは何か?w update1

2019年も天安門事件のおさらい…

【香港雨傘革命】ベネチアン・マカオの進次郎ことジョシュア・ウォン有罪

先鋭化する言葉、“分断”を阻止するには?
 「狂人化した売国奴」「ネトウヨなるゴミクズ」ネット上で使われるこうした言葉が今、人と人、社会の間に分断を生み出しています。一方で、これを阻止するための最新の試みも始まっています。ニュース23・小川彩佳キャスターが現場を取材しました。

「大阪大学の牟田和恵教授が2017年に慰安婦問題を女性の人権問題として論じる。」
「杉田水脈が国の助成金が支給されていたことを問題視。慰安婦問題は女性の人権問題ではない。」 「反日活動」「国益に反する」と炎上させるw
杉田水脈「LGBT支援は税金の使い道として生産性がない」と明確に発言してしまい、さらに炎上w


国家ぐるみの犯罪が進行してることに国民が気付いたときに 「狂人化した売国奴」になって止めようとしたり、 「ネトウヨなるゴミクズ」になって応援したりする様w。

これは分断ではない。論点をズラして分断させるメリットを解説すべき。 しかしマスコミはジャーナリズムを放棄してしまった。分断と炎上でスピンしたいグロい事実と真相を報道できないw。

TBS「news23」のヘンな論点w。これでもTBSは精一杯だ。これ以上踏み込むと夏なのに練炭自殺してしまうw。 自宅マンションの前にとまった白いベンツで夏なのに練炭自殺した死体として発見されてしまうからだ。

【パナマ文書】2008年5月25日の川田亜子の練炭自殺と後藤組とMOX燃料の関連を調べろと震え声wのTBSの安住紳一郎アナ

投稿されたコメント:

コメント
コメントは無効になっています。