弁財天

ゴフマン「専門家を信じるのではなく、自分自身で考えて判断せよ」

【ギフハフ団】ユダヤへの報復を意味する「サタンの母」TATP(過酸化アセトン)が岐阜県多治見市で見つかる。そして愛知県一宮市のユーチューバー逮捕。 update10

パリブリュッセルの続きが岐阜の多治見とはw

放射性物質を自宅に隠し持っていた疑い 会社員逮捕 名古屋 2019年11月5日 18時38分
放射性物質の「アメリシウム241」を自宅に隠し持っていたとして、名古屋市の34歳の会社員が逮捕されました。名古屋市で元大学生が爆発物などを製造した罪で実刑判決を受けた事件の関係先として捜索したところ見つかったということで、警察が入手ルートなどを調べています。
逮捕されたのは、名古屋市守山区の会社員、市川貴紀容疑者(34)です。
警察によりますと、ことし4月、自宅アパートで、放射性物質の「アメリシウム241」が入った容器8個を国の許可を得ずに隠し持っていたほか、爆発物の原料となる「塩素酸カリウム」およそ157グラムを保管していたとして、放射線障害防止法違反などの疑いが持たれています。
名古屋市で、元大学生が高い殺傷力がある爆発物「過酸化アセトン」などを製造したとして、3月に実刑判決を受けた事件の関係先として、警察が市川容疑者の自宅を捜索したところ見つかったということです。
調べに対し、アメリシウム241については容疑を認める一方、「塩化カリウムを電気分解したが、塩素酸カリウムができたという認識はない」と供述しているということです。
アメリシウム241は「煙感知器」に使われることがある人工の放射性物質で、体内に取り込まれると内部被ばくするおそれがあるということで、警察が入手ルートなどを調べています。

産経→爆薬製造をネットで習得 少年らSNSで情報交換 「テロへの発展」警戒

爆薬製造をネットで習得 少年らSNSで情報交換 「テロへの発展」警戒 2019.5.18 09:03社会事件・疑惑
 テロにも使われる高性能爆薬を作ったとして、警察に摘発された当時名古屋市居住の元大学生(19)と東京都内の高校2年生が、会員制交流サイト(SNS)で情報交換していたことが判明した。
 元大学生は、高性能爆薬「TATP(過酸化アセトン)」や、より強力な「ETN(四硝酸エリスリトール)」を作り、拳銃や覚醒剤も製造。捜査で浮上したのが、SNSでやりとりしていた高校生だった。
 警視庁公安部は自宅からETNや原料を押収し、4月に火薬類取締法違反容疑で高校生を書類送検。ウランをネット上で購入した疑いも判明した。さらに天然の鉱石からウラン精鉱を精製し、ネット上に出品。同級生に譲り渡してもいた。
 捜査関係者によると、高校生は元大学生から爆薬製造の助言を受けていたという。警察は、こうした人物が過激化し、テロリストに変貌する恐れもあると危ぶむ。東京五輪を控え、警視庁幹部は「完璧な対策はなく、一般市民の協力が不可欠だ」としている。
「ウランをネット上で購入した疑いも判明した。さらに天然の鉱石からウラン精鉱を精製し、ネット上に出品。同級生に譲り渡してもいた。」w

嘘松w

これって片山祐輔のとサイバー兵器同じ。組織ぐるみの国家犯罪を高校生や個人への矮小化スピンを試みているw

爆薬TATP 製造の様子を動画投稿 愛知の男性書類送検 毎日新聞2017年3月28日 18時47分(最終更新 3月28日 18時47分) 警視庁公安部が爆発物取締罰則違反容疑で
 2015年のパリ同時多発テロでも使われた爆薬「TATP」(過酸化アセトン)を製造したとして、警視庁公安部は28日、愛知県一宮市の男(23)を爆発物取締罰則違反容疑で書類送検した。男は製造の様子を動画投稿サイト「YouTube」で公開し、「動画を見た人がまねをして爆発させることを期待した」と容疑を認めている。書類送検容疑は昨年2月、自宅でTATP0.5グラムを製造したとしている。
 公安部によるとTATPは市販の薬品でも製造可能で、わずかな衝撃で爆発する。男は2014年以降、製造方法を紹介した海外サイトを参考に約10回製造したというが、テロ組織とのつながりは確認されていない。【堀智行】
警視庁が一宮までキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

TATP←ウィキ
TATP: Countering the Mother of Satan

The Mother of Satan

The tremendous devastative force of TATP, together with the relative ease of making it, as well as the difficulty in detecting it, made TATP one of the weapons of choice for terrorists since its rediscovery by Palestinian terrorist organizations in the West Bank in the early 1980’s who have since used it to carry out numerous suicide bombings against Israel. Other acts of terror including two London car bombs (for which two Palestinian students were convicted of conspiracy) in July 1994 outside the Israeli embassy and a Jewish Philanthropic Institution, as well as an explosion onboard the December, 1994 Philippines Airlines flight 434 to Japan (on which was Ramzi Yousef was a passenger) were perpetrated using TATP. The infamous radical Islamic “shoe bomber”, linked to al Qaeda, Richard Reid, tried to ignite a TATP fuse hidden in his shoes with a match to trigger a larger explosion. He was eventually subdued by some fellow passengers and cabin crew aboard American Airlines flight 63, but other terrorists have managed to use TATP with deadly results. The July 7th, 2005 London bombings, for instance, were carried out by four radical Islamic terrorists using 4.5 kg (10 lb.) of homemade TATP explosives, killing 52, injuring around 700, and terrorizing a nation (Some suspect the Madrid train bombers in 2004 used TATP, although this is disputed). Most recently, on September 5, 2006, TATP was discovered during the arrest of seven suspected terrorists in Vollsmose, Denmark and the foiled August, 2006 plot to simultaneously down numerous Transatlantic flights originating from Heathrow was allegedly to have involved TATP, to have been mixed on board from liquid precursors.

In some cases security forces found a white, sugar-like substance in suspected terrorist hideouts but, since no simple, accurate method exists for identifying TATP (which is highly unstable) in the field, some of these incidents ended with law enforcement casualties. Actually, the instability of TATP, which was the cause of many a “work accident” that maimed or ended the lives of various “engineers” in Islamic militant organizations, is one reason terrorists have dubbed TATP “the Mother of Satan”.

「1980年代にパレスチナのイスラエルへの自爆テロで登場。」 「1994年7月のロンドンのイスラエル大使館とユダヤ人慈善団体の外で起きた(2人のパレスチナ人学生が関与したとされる)2回の自動車爆弾での自爆テロ。」 「同様に、1994年12月東京へ向かっていたフィリピン航空434便(乗客にRamzi Yousefがいた)がTATPでやられた。」

あらー、TATPてユダヤ(イスラエル)に対する報復なんだわ。だから一宮なんだ。サン電子とセレブライトかぁ。

Philippine Airlines Flight 434←ウィキ
Ramzi Yousefのフィリピン航空434便爆破。 1994年12月11日(なんだこの日付わw)沖縄の南西の南大東島上空でTATPを爆発させた。 アルカイダかぁ。米だわ。 フィリピン航空434便爆破事件←ウィキ

ディアスポラな岐阜と愛知を中心に東海地方でアルカイダとイスラエルの内戦が始まった?
これって、ちんたろうの「面白いこと起こるから」シリーズだわ。

プーチン大統領は日本からの秋田犬贈呈をなぜ断ったのか

プーチン大統領は日本からの秋田犬贈呈をなぜ断ったのか 2016年12月12日14時18分 [ⓒ 中央日報日本語版]

ロシアのプーチン大統領が日本からの秋田犬贈呈を断ったことが分かった。

10日、FNNなど日本メディアによると、日本政府は15日、プーチン大統領が日本を訪れる際に、秋田犬を贈呈する意向だったが、ロシア側から断りの連絡があり、贈呈を見送った。

これに対し、韓国メディアの国民日報は12日、敏感な領土返還問題の議論を控え「融和的雰囲気」を演出しようとする日本の戦略に巻き込まれないという意味として読み取れると報じた。

これに先立ち、日本政府は2012年、メスの秋田犬「ゆめ」を贈ったことがある。
ガースーの回りくどい悪意をプーチン側に察知されるw

近所で白い秋田犬がとなりにいたじい様の腕に突然嚙みついて離さないのを見ちゃったからなぁ。たぶん秋田犬と精神薬を組み合わせた回りくどいテロでも計画していたのだと思うぞ。←これマジ発言。

なぜなら隣の前科者の住人にやられたことがあるからだ。まさか犬に何か薬を飲ませて大人しいはずのゴールデンレトリバーを狂暴にさせるなんて、土人はそこまでやるのかと思ったことがある。

プーチン氏に2頭目の秋田犬を 菅氏「色よい返事まだ」 岩尾真宏 2016年12月3日20時10分
写真・図版 2012年7月、プーチン大統領に贈られる前の式典でお披露目された秋田犬「ゆめ」=秋田県大館市の秋田犬会館
 菅義偉官房長官は3日、東京都内であった「世界秋田犬フォーラム」であいさつし、ロシアのプーチン大統領に秋田犬を贈る交渉を進めていると明かした。日本政府は、15日に予定されるプーチン氏来日の際の日ロ首脳会談で贈りたい意向だが、ロシア側は今のところ受け入れていないといい、日ロ交渉さながら道筋は見えていない。
 プーチン氏は犬好きで知られ、2012年にも日本から雌の秋田犬が贈られ、プーチン氏が「ゆめ」と命名した。当時の民主党の野田佳彦首相が日ロ首脳会談の場でプーチン氏に贈呈を持ちかけて実現した。
 菅氏は3日の会合で、秋田犬保存会会長で日本維新の会の遠藤敬衆院議員から、ゆめの婿の贈呈を依頼されたと紹介。「外務省を通じて(ロシア側と)今も交渉している」とする一方、「なかなか色よい返事はもらうことができていない」と述べた。(岩尾真宏)

2012年7月プーチンに秋田犬1匹目を贈呈。
2015年11月18日パリ連続襲撃事件に関連して18日に同市郊外で行われた大規模な強制捜査で、仏警察犬「ディーゼル(Diesel)」がj殉職。
2015年11月21日ロシアがフランスにジャーマン・シェパードの子犬「ドブルイニャ」を贈ると発表。モスクワ、ロシア内務省。
2016年12月3日岐阜県多治見市でギフハフ団の泥棒の自宅からTATPが発見される。パリとブリュッセルで使われたのと同じ高性能爆薬。
2016年12月3日ガースーが15日来日するプーチンに秋田犬の再贈呈を検討していると明らかにする。

とうとう官房長官直々にロシア大統領のテロ予告をはじめたみたいだ。
おい、ラブロフ。プーチン来日は中止だ。

ロ大統領に再び秋田犬を=菅官房長官
 菅義偉官房長官は3日、東京都内で開かれた秋田犬保存会の会合で、15日に来日するプーチン・ロシア大統領に秋田犬の贈呈を検討していることを明らかにした。菅氏は「こうしたことが世界に発信されることは、秋田犬の素晴らしさを世界に知ってもらえる大きなチャンスだ」と述べた。
 プーチン氏は愛犬家として知られ、日本からは2012年7月にメスの秋田犬「ゆめ」が贈られている。保存会としては今度はオスを贈りたい意向で、会長を務める日本維新の会の遠藤敬国対委員長は会合で「ぜひこの機会に秋田犬を日ロ友好の懸け橋として使ってほしい」と訴えた。(2016/12/03-19:44)

ロシア、フランスにシェパード子犬贈呈 警察犬「殉職」受け 2015年11月22日 12:02 発信地:モスクワ/ロシア
ロシアがフランスに贈るジャーマン・シェパードの子犬「ドブルイニャ」。モスクワで撮影(2015年11月21日、ロシア内務省提供)。(c)AFP/RUSSIA'S INTERIOR MINISTRY
ロシア、フランスにシェパード子犬贈呈 警察犬「殉職」受け
【11月22日 AFP】パリ(Paris)連続襲撃事件に関連して18日に同市郊外で行われた大規模な強制捜査で、仏警察犬「ディーゼル(Diesel)」が犠牲になったこと受け、ロシアはフランスとの連帯を示すため、ジャーマン・シェパードの子犬1匹をフランスに贈ると発表した。
 ロシアのウラジーミル・コロコリツェフ(Vladimir Kolokoltsev)内相が、子犬の贈呈についてフランスのベルナール・カズヌーブ(Bernard Cazeneuve)内相に書簡を送ったと語った。子犬は生後2か月で、勇者として知られるロシアの民話の登場人物「ドブルイニャ・ニキーチッチ(Dobrynya Nikitch)」にちなみ、「ドブルイニャ(Dobrynya)」と名付けられているという。
 仏警察の発表によると、ディーゼルは7歳のベルギー原産の牧羊犬の一種で、連続襲撃事件の首謀者とされるアブデルハミド・アバウド(Abdelhamid Abaaoud)容疑者の拠点の強制捜査の際に「殉職」した。短文投稿サイト「ツイッター(Twitter)」ではディーゼルの死を悼み、「わたしは犬」を意味するフランス語「#JeSuisChien」のハッシュタグがトレンド入りした。(c)AFP
ガースーの秋田犬はパリのジャーマンシェパードの完全なブラックジョークになってるw
そして数日前、パリとブリュッセルで使われた「サタンの母」と呼ばれる爆薬TATP(過酸化アセトン)が岐阜県多治見市の泥棒の自宅で見つかっている。

高性能爆薬「TATP」製造か…窃盗の容疑者 2016年12月03日 12時54分
 岐阜県警は3日、窃盗などの容疑で逮捕した容疑者宅から高性能爆薬「過酸化アセトン(TATP)」が見つかったと発表した。
 TATPは昨年11月のパリ同時テロで使われ、今年3月にベルギーの首都ブリュッセルで起きた同時テロの容疑者の関係先でも押収された。県警は爆発物取締罰則違反容疑で調べている。
 TATPが見つかったのは、窃盗容疑などで逮捕された岐阜県多治見市の無職の男(37)の自宅。男は、同県土岐市のゴルフ場から現金約693万円を盗んだ疑いで、1日に逮捕された。自宅の捜索で白っぽい粉末の入った卵形のプラスチック製容器(直径6~7センチ)2個を押収した際、男が「爆発物だ」と説明したため、県警が粉末の成分を調べていた。

2016.12.03 多治見市の爆発物騒ぎで押収された白い粉末は過酸化アセトン(TATP)と判明:長江陽満容疑者が自作爆弾を製造

12月1日、岐阜県多治見市笠原町で起きた爆発物騒ぎで、回収された白い粉末は「過酸化アセトン」(TATP)という強い爆発力を持った化合物だったということが3日、判明しました。長江陽満(ながえあきみつ)容疑者宅から発見されたプラスチック製の容器2つの中に過酸化アセトンが入っていたということです。
警察が窃盗容疑で逮捕されている長江陽満容疑者を爆発物取締罰則違反の疑いでも捜査しており、自作爆弾の製造目的などを追求する方針です。
この多治見市笠原町の爆発物騒ぎによって、半径200メートルに住む住民約120人が約6時間にわたり消防署などに避難しており、多くの住民の生活に影響を与えています。

押収された白い粉末の正体は「過酸化アセトン」(TATP)と判明

今月1日、岐阜県多治見市笠原町の長江陽満容疑者(窃盗容疑で逮捕)の自宅から、白い粉末の入った卵形のプラスチック製の容器2つが見つかり、長江陽満容疑者が「中身は爆発物でアセトンだ」と話したため、この爆発物を近くの音羽区公民館の駐車場に移動させ、県警の爆発物処理班が出動して対応にあたりました。
警察が白い粉を回収し中身の特定・鑑定を行っていましたが、3日になってこの粉が「過酸化アセトン(TATP)」だったと判明しました。過酸化アセトンは引火しやすい有機溶剤のアセトンなどで作ったとみられる強い爆発力を持つ化合物で僅かな衝撃や火花で爆発するという。製造方法はインターネットにも掲載されており、マニキュア除光液の主成分に使われるアセトンや硫酸などを混ぜて製造するということです。
長江容疑者もネット情報を参考にしながら爆弾を作ったと供述しており、県警は爆発物取締罰則違反の疑いでも捜査を進め再逮捕する方針。

長江陽満容疑者が爆発物を製造した目的は?

過酸化アセトンを用いた爆弾は比較的簡単に作れてしまうということですが、長江陽満容疑者が自作の爆弾を作った理由については明らかになっていません。警察も製造目的を追求していますが、長江容疑者は岐阜県土岐市のゴルフ場に侵入し700万円近い現金を盗んだ疑いで逮捕されている容疑者です。自作した爆弾は何らかの犯罪に使う目的で製造した可能性が高い。
長江容疑者の自宅を捜索したものの、爆弾を作る際に使用した薬剤や調合に必要な器材は見つからなかったということです。
ASKA再逮捕の時のギフハブのポケモンGOのAR(拡張現実)はNICTのトラウマ技術でPS4に関連していた。 そして次はパリとブリュッセルのTATPが岐阜県多治見市で見つかる。

岐阜・爆発物騒動 白い粉末は爆薬の過酸化アセトン
毎日新聞2016年12月3日 11時54分(最終更新 12月3日 12時42分)

窃盗容疑で逮捕の住宅住人37歳容疑者「自分で作った」

 岐阜県多治見市の住宅から爆発物とみられる白い粉末入り容器が見つかった事件があり、県警多治見署は3日、粉末は爆薬の過酸化アセトン(TATP)だと発表した。この家に住む無職、長江陽満(あきみつ)容疑者(37)=窃盗容疑で逮捕=は「自分で作った」と話しており、県警は爆発物取締罰則違反の疑いで製造目的などを追及する方針だ。

TATPはわずかな衝撃や火花で爆発するとされ、マニキュア除光液の主成分に使われるアセトンや硫酸などを混ぜて作る。捜査関係者によると、長江容疑者は「インターネットを見て自分で作った」との趣旨の話をしているという。

 容器は1日、県警による長江容疑者宅の家宅捜索で見つかった。長江容疑者が「爆発物でアセトンだ」と話したため、長江容疑者宅から半径約200メートルの住民約120人が約6時間にわたり消防署などに避難。県警が粉末の鑑定を進めていた。【沼田亮】
そろそろ日本でもイスラム国™の自爆テロが起きるってか。

まさか、パリとブリュッセルの続きが岐阜に来るとはw

“祖業”にメス? ニッポンの造船に何が 11月30日 20時23分
戦艦「武蔵」が建造されたことでも知られる三菱重工業の長崎造船所。これまで“聖域”とされてきたこの場所にもメスが入ることになりました。高い技術力で世界をリードしてきた日本の造船業界が今、苦境に立たされています。コストの安い中国や韓国勢との競争に長くさらされ、これまで幾度も経営難にたたされてきましたが、今回は、各社とも撤退や縮小も含めた造船事業の抜本的な見直しを迫られるほど厳しい事態に直面しています。なぜこうした状況に追い込まれているのでしょうか。(経済部 山田賢太郎記者)

三菱重工 “祖業”にメス

10月18日、三菱重工業が開いた記者会見。長崎造船所で手がけていた大型客船の事業から事実上撤退する方針を明らかにしました。宮永俊一社長は、「造船の技術は残したいという思いはある」としながらも、「欧米向けの大型客船を作ることは当面できないしコストが成り立たない。当分の間は無理と思っている」と述べました。
大型客船の事業撤退が発表されると、造船所の地元・長崎に衝撃が走りました。長崎県の中村知事が「県としては、会社側が大型客船を連続して建造できる体制がとれるようサポートしてきたので極めて残念」と述べたほか、長崎市の田上市長も「今後も客船を長崎で作ってもらえればという希望を持っていたので残念だ。経済や雇用への影響などを注視したい」と懸念を示しました。
三菱重工は、三菱財閥の創業者で初代社長の岩崎弥太郎が、明治17年に政府から長崎の造船所を借り受けて事業をスタートさせたのが始まりで、造船事業はいわゆる「祖業」です。
その中核を担ってきたのが長崎造船所で、当時は世界最大級の旧日本海軍の戦艦「武蔵」を建造したことでも知られています。それだけに長崎造船所の事業は“聖域”とされ、これまでどんなに厳しい状況に立たされても大きく手をつけることはなかったのです。
仏にミストラルを二隻発注して完成したのに買い損ねたロシアがいる。
もう片方で戦艦武蔵を作れたのに仕事がなくなった長崎造船所がいる。
今月(2016年12月)プーチンが来日する。これってビッグチャンスか?

ラブロフが北方領土で揉めてるのはたしかミストラルがトリガーだろ。

しかしガースーがロシアに秋田犬でテロ予告をしてしまう。ラブロフはプーチンの来日を止めるだろう。

うまく立ち回れば三菱重工にヘリ空母4隻の発注が来て長崎と呉の造船所はビッグビジネスを手にすることが出来るはず。
しかし秋田犬で何もかもぶち壊してしまう土人政府。

だいたい三菱重工のX2のステルス戦闘機の操縦席に朋美ちゃんを乗せて歓んでたんだろ。

なのに、どーしてラブロフにステルスヘリ空母を作らせて貰えませんかと言えないのか?
アホなのか?

なんと!
仏からエジプトに売却されたミストラルはわずか1ユーロでロシアに転売されていたw
え?
そなのか?
じゃあ当初の計画どおり1隻は極東配備だな。

おもろいのはポーランドが仏に言ったみたい。
そのポーランドはNATO側としてパトリオット・ミサイルを買ったばかりで、
「おまいら劇団型のオレオレ紛争だろ」とポーランドw

高性能爆薬製造 23歳男性を起訴猶予処分 2017年4月20日 20:30ツイートするシェアする 自宅で「TATP」という高性能爆薬を製造したとして書類送検された愛知県の23歳の男性について、東京地検は20日、起訴猶予処分とした。
東京地検は理由について、「製造量が少なく、他人の身体や財産への加害目的が認められなかったことなどを総合的に考慮した」としている。
男性は爆発物を製造する様子をインターネット上の動画サイトに投稿していた。
うはは。野放しになるユダヤへの報復部隊w

投稿されたコメント:

コメント
コメントは無効になっています。