弁財天

ゴフマン「専門家を信じるのではなく、自分自身で考えて判断せよ」

京都府警山科署高橋龍嗣巡査長は父親も警察官w。京都府警のオレオレ詐欺インフラが判明。やっぱり犯人は京都府警かぁ。マネロンかw update9

京都府警が「はてな株式会社」トップを器物損壊容疑で逮捕した記事が5chに流れる…
どうやらはてなのフェイクニュース⤴は予兆だったらすいw。

吹田市千里山交番が襲われ拳銃が奪われるw。コアマガ事件つかマネロン警察庁の長官官房会計だな
以下の京都府警の巡査長の事件は大阪府警千里山交番の事件⤴の伏線…

巡査長を詐欺罪で起訴 府警本部長が会見し陳謝 京都府警本部
 京都府警の警察官が金融機関から寄せられた特殊詐欺被害防止の緊急通報を悪用し、高齢男性から現金をだまし取ったとされる事件で、京都地検は5日、現金1110万円をだまし取ったとして、山科署地域課巡査長の高橋龍嗣容疑者(38)を詐欺罪で起訴した。地検は認否を明らかにしていない。
 起訴状によると、昨年11月10日ごろ、京都市内の高齢男性が多額の資産を保有しながら生活保護を受給していたことを知り、「お金を持っていたら生活保護は受けられません。警察で預かって調べます」などとうそを言い、16日ごろまでに計約1100万円をだまし取ったとしている。
 京都府警の植田秀人本部長は5日午後3時から会見し、「極めて遺憾。府民のみなさまに深くお詫びします」と陳謝した。
【 2019年07月05日 15時03分 】

巡査長を逮捕 特殊詐欺職務悪用か、京都府警が詐欺容疑で 京都府警本部
 京都府警山科署地域課の男性巡査長(38)=京都市中京区=が警察官の職務と称して伏見区の男性(78)の自宅を訪れ、現金1180万円をだまし取ったとして、府警捜査2課は15日夕、詐欺の疑いで、巡査長を逮捕した。事件直前、男性は金融機関で高額の現金を引き出しており、金融機関から府警に「特殊詐欺被害の可能性がある」との緊急通報が寄せられていた。巡査長は通報への対応を通じて男性の資産情報を把握した可能性がある、という。
 特殊詐欺被害の多発を受け、全国の警察は金融機関に対し、被害が疑われる取引についての情報提供を要請している。警察官が銀行窓口などに急行し、高額出金者らから事情を確認するためで、水際で被害を食い止める有効策とされてきた。今回の容疑が事実とすれば、特殊詐欺対策の在り方を根底から覆しかねない事態で、提供された情報の取り扱いに問題がなかったか検証が求められる。
 捜査関係者によると、巡査長は伏見署地域課に在籍していた昨年11月ごろ、職務と称して京都市内の70代の男性宅を訪れ、「お金を預かっておく」などとうそを言い、現金1千万円をだまし取った疑いが持たれている。巡査長は外国為替証拠金取引(FX)をしており、この取引で生じた損失の穴埋めに詐取した現金を充てた可能性がある、という。
 捜査関係者の説明では、巡査長は当時、伏見区内の交番で勤務。府警は金融機関から日常的に特殊詐欺被害が疑われる顧客についての情報提供を受けており、通報内容は交番勤務者らの間で共有される仕組みになっていた。巡査長は通報を受け、男性が多額の現金を保有していることを把握した可能性があり、府警が詳しい経緯を捜査している。
【 2019年06月15日 19時24分 】
【巡査長は外国為替証拠金取引(FX)をしており、】w
マネロン?

逮捕の京都府警巡査長、父親も警察官「信じられない」 株式会社 産経デジタル 2019/06/15 20:37
逮捕の京都府警巡査長、父親も警察官「信じられない」: 詐欺で警察官を逮捕 自宅付近で車両を調べる捜査員ら=15日午後6時56分、京都市中京区(彦野公太朗撮影)© 産経新聞 提供 詐欺で警察官を逮捕 自宅付近で車両を調べる捜査員ら=15日午後6時56分、京都市中京区(彦野公太朗撮影)
 勤務中に知り合った高齢男性から現金をだまし取ったとして詐欺容疑で逮捕された、京都府警山科署巡査長の高橋龍嗣容疑者(38)。現役警察官が立場を利用した悪質な犯行に、高橋容疑者を知る人たちからは「信じられない」「警察の信用を失う行為だ」など驚きの声が聞かれた。
 高橋容疑者は平成9年に京都市内の私立高校を卒業後、19年に警察官に。警察署の交番を中心に勤務し、犯行当時は同伏見署で交番勤務に就いていた。関係者によると、父親も警察官だったという。
 近所の人などによると、十数年前に京都市中京区の戸建て住宅を購入。共働きの妻と子供2人の4人暮らしで、「和やかな雰囲気」だったという。昨年は町内会の役職を務め、運動会にも参加した。
 高橋容疑者の自宅には15日午後5時半ごろ、京都府警の捜査員が家宅捜索に入った。
 近くに住む女性(75)は「好青年という印象。『伏見の稲荷大社近くの交番に勤めている』と聞き、大変そうだけど頑張って警察官として勤務していると思った。信じられない」と驚きを隠しきれない様子だった。
 幼少期から高橋容疑者を知る女性(70)は「子供の頃からしっかり者で、まじめな性格。父親と同じ警察官になったと聞いたときは、父親の背中を見て育ったのだなと感じた」といい、「逮捕されるようなことをする人ではないはずだが、魔が差したのかもしれない」と残念そうに話した。
 近所の男性(76)は「本当に詐欺をはたらいていたのなら、警察の信用を損なう行為で残念だ」と言葉少なだった。
「十数年前に京都市中京区の戸建て住宅を購入。」w
巡査なのに戸建てを買ってFX?w

京都府警巡査長、特殊詐欺被害者から1千万円超詐取で逮捕 2019.6.15 19:23
警察官に任意同行を求められ自宅を出る高橋龍嗣容疑者=15日午前10時30分、京都市中京区(秋山紀浩撮影)
 特殊詐欺の対策で知り合った70代の高齢男性から1千万円を超える現金をだまし取ったとして、京都府警は15日、詐欺容疑で府警山科署に勤務する巡査長、高橋龍嗣容疑者(38)=京都市中京区=を逮捕した。「金を預かった事実はあるが、だましたつもりはない」と容疑を否認しているという。
 逮捕容疑は同伏見署管内の砂川交番に勤務中の平成30年11月、京都市内の70代の男性の自宅で「お金を預かります」などと嘘をいって現金500万円をだまし取ったほか、さらに同月中旬頃、同様に「預かって調べます」などとして現金680万円をだまし取ったとしている。
 府警によると、寄付のため男性が高額の現金を引き出そうと金融機関を訪れたところ、特殊詐欺被害を疑った金融機関側が通報。駆け付けた高橋容疑者が対応し、現場で出金理由などを確認して、資産状況を把握。「多額の現金を持っていたら危ない」と預けるよう持ちかけたという。
 2度目の犯行では「預かって調べます」と男性に現金を下ろすよう指示。金融機関には高橋容疑者が「男性が現金を下ろしたがっている」と事前連絡して、詐欺事件ではないと認識させていた。
 特殊詐欺の被害者は高齢者が多い。警察は被害防止対策として、高齢者を中心に高額の払い戻しがあった場合は、積極的に声掛けをして注意喚起をしたり、警察に通報したりするよう金融機関に求めている。高橋容疑者の犯行はこのシステムを悪用した形だ。高橋容疑者は外貨投資を行っていたとの情報もあり、だまし取った現金はこの投資に利用していた可能性もあるという。
 高橋容疑者は今春の定期異動で山科署に異動。その後、高橋容疑者から連絡がないことを不審に思った男性が今年4月に前任の交番に連絡して発覚した。


関西 NEWS WEB 巡査長 金融機関に電話し画策 06月16日 08時42分
京都府警察本部の巡査長が、特殊詐欺の対策で知り合った高齢男性から現金およそ1200万円をだまし取ったとして逮捕された事件で、男性が高額の現金を引き出す際、巡査長がみずから金融機関に電話し、不審に思わないよう伝えていたことが警察への取材でわかりました。
京都府警山科警察署の巡査長高橋龍嗣(38)容疑者は、京都市伏見区の交番に勤務していた去年11月、1人暮らしの70代の男性から現金1180万円をだまし取ったとして、15日、詐欺の疑いで逮捕されました。 特殊詐欺対策として、金融機関の多くは高齢者が多額の現金を引き出そうとした際警察に通報していますが、警察によりますと、高橋巡査長は去年11月、こうした通報で現場に出向き、男性と知り合っていました。 その際、男性から自宅に現金500万円があることを聞かされると自宅を訪れ、「危ないから預かっておく」などと言って持ち帰ったということです。 さらにその後、警察官を名乗ったうえで、金融機関に「男性がどうしても引き出したいと言っている」と電話を入れ、男性に680万円を引き出させ、その現金も受け取っていたということです。 警察は、警察官としての立場を悪用し男性や金融機関をだましていたとみて調べています。 調べに対し高橋巡査長は「借りただけだ」と容疑を否認しているということです。
【男性から自宅に現金500万円があることを聞かされると自宅を訪れ、「危ないから預かっておく」などと言って持ち帰った…その後、警察官を名乗ったうえで、金融機関に「男性がどうしても引き出したいと言っている」と電話を入れ、男性に680万円を引き出させ、その現金も受け取っていた】w

警察官逮捕 高齢者から現金1200万円詐取の疑い 京都 2019年6月15日 19時30分
京都府警察本部の38歳の巡査長が、特殊詐欺の対策で知り合った70代の男性から現金およそ1200万円をだまし取ったとして、詐欺の疑いで逮捕されました。調べに対し、容疑を否認しているということです。
逮捕されたのは京都府警山科警察署の地域課に勤務する巡査長、高橋龍嗣容疑者(38)です。
警察によりますと、京都市伏見区の交番に勤務していた去年11月、1人暮らしの70代の男性から現金1180万円をだまし取ったとして、詐欺の疑いが持たれています。
特殊詐欺の対策として金融機関の多くは、高齢者が多額の現金を引き出そうとした際に警察に通報していますが、これまでの調べで高橋巡査長は、去年11月、こうした通報を通じて男性と知り合っていました。
警察によりますと、その後男性の自宅に出向き、「預かっておく」などと言って、家にあった現金だけでなく、改めて現金を引き出させていたということで、ことし4月に男性から相談を受けた警察が捜査を進めていました。
調べに対して、預かった現金について「投資に使った」などと供述する一方、「あとで返すつもりだった」と容疑を否認しているということです。
警察は15日夕方、勤務する山科警察署を捜索し資料を押収するなどして、さらに経緯を調べています。

京都府警「厳正に対処する」
京都府警察本部の姫野敦秀首席監察官は「府民の信頼を著しく損ねるものであり、言語道断。捜査結果などを踏まえ、厳正に対処する」とコメントしています。

特殊詐欺対策を悪用  京都府警警察官 高齢者から詐欺の疑い 逮捕の方針 06/15 12:35
巡査長から任意で事情聴取、容疑固まり次第逮捕へ
京都府警の現職の警察官の男が警察が進める特殊詐欺対策の取り組みを悪用し、高齢者から約1200万円の金をだまし取った疑いがある事が分かりました。
警察は容疑が固まり次第逮捕する方針です。
【記者リポート】 「午前10時半、現職の警察官の男が任意同行に応じ、自宅から出てきました」
捜査関係者によると、京都府警の巡査長の男(30代)が、去年交番に勤務していた際、高齢男性から約1200万円の金をだまし取った疑いがあるとして警察が捜査を進めています。
京都府警では、特殊詐欺への対策として金融機関に対し、高齢者が100万円を目安に高額出金をした際通報するよう呼び掛けていて、巡査長の男と男性はこの通報を通じて知り合ったとみられます。
警察は現在、巡査長の男から任意で事情を聞いていて、容疑が固まり次第逮捕する方針です。




2018年11月8日金融機関で多額の現金を引き出そうとして金融機関がオレオレ詐欺を疑って通報。「自宅に500万円がある」「お金を預かって保管してあげます」500万円をだまし取った
2018年11月15日「(引き出そうとしていた)680万円もおなじように預かって、保管してあげます」680万円をだまし取った
2019年3月高橋龍嗣巡査長が山科署に異動
2019年4月「連絡が取れない」山科署に相談して事件発覚
2019年6月15日高橋龍嗣巡査長を逮捕「金を預かった事実はあるが、だましたつもりはない」

よく見ると事件が発覚した4月から6月15日の逮捕まで2ヶ月も経過してるw。京都府警は被害者を始末し損ねたなw。

2017.2.11 13:17 犯人の電話に連続架電で使用不能に!! 特殊詐欺対策で京都府警がシステム導入へ
 オレオレ詐欺などの特殊詐欺被害を未然に防ごうと、京都府警は、犯人グループが使う電話番号に電話をかけ続けて常に着信状態にし、電話を使用不能にする「集中架電システム」を導入することを決めた。電話を「無力化」することで偽の電話をかけることを不可能とし、最終的には電話回線の解約にも追い込む。府警は平成29年度予算案に運用費など約1880万円を盛り込んだ。
 府警によると、標的にするのは過去の事件の被害者らからの届け出や相談で入手した犯人グループの電話番号。システムは、これら番号に対して自動的に発信し続け、犯人側の回線を占拠する。犯人側が電話に出た場合には、あらかじめ録音されている警告メッセージが流れるという仕組みだ。
 着信を拒否しても別の回線で徹底してかけ続けられるため、犯人側には、電話機の回線を抜いたり、携帯電話の電源を切ったりして電話を使えないようにする以外に着信を防ぐ方法はない。こうして最終的には犯行に使用した電話回線(番号)を解約せざるを得ない状況に追い込まれるという。
 府内の昨年の特殊詐欺の認知件数は166件で、被害額は7億4145万円。府警によると、昨年のケースで集中架電システムを使用していた場合を分析したところ、約1億2500万円の被害が予防できるという試算になったという。
 同様のシステムは兵庫県警などで採用され、被害減少に効果が表れているといい、府警は「1人でも被害者が出なくなるよう期待したい」としている。

あ、キュレーターだわ。犯人はやっぱり京都府警だったのか。

集中架電システムとキュレーター。人工知能とRPAとLINEとドワンゴを連携させたのかぁw。
集中架電システムは自白だ。もろ京都府警だわ。


TATERUの民泊向けアプリ(Renosy)と翻訳の背後で稼働するAIとIoTインフラw

イオンのスマホアプリから攻略「何者かは電話番号を別のスマホに変更し、変更先で会員向けアプリにログイン。別の決済アプリと連動させることで、不正な決済を可能にしていた」2200万円の被害w…はぁ?w

京都府警が「はてな株式会社」トップを器物損壊容疑で逮捕した記事が5chに流れる…

これもFXで犯人は京都市職員w。FXをマネロンに使っていたのか?w

たぶんこれも京都府警だな…

県警ごとに腐敗の度合いが違う。つまりキャリアではなくノンキャリのディープステイト…

「4クリック詐欺」で京都府警とトレンドマイクロw

投稿されたコメント:

コメント
コメントは無効になっています。