弁財天

ゴフマン「専門家を信じるのではなく、自分自身で考えて判断せよ」

TATERUの民泊向けアプリ(Renosy)と翻訳の背後で稼働するAIとIoTインフラw update7

TATERUのテクはどこがすごかったのか?ブザンソンや森友と財務省理財局の改ざんにもつながるのか?w

ヤフー、アスクル社長の再任反対 ネット通販事業で意見対立
2019/7/17 11:55 (JST)7/17 11:56 (JST)updated ©一般社団法人共同通信社
 ヤフーは17日、傘下の通販大手、アスクルの岩田彰一郎社長の取締役再任に反対すると発表した。8月2日のアスクルの株主総会で反対の議決権を行使する。インターネット通販事業の意見対立が原因。アスクル側は要求を拒否しており、今後、経営の主導権を巡るつばぜり合いに発展しそうだ。
 ヤフーは発行済み株式の約45%(議決権ベース)を保有するアスクルの筆頭株主。ヤフーはアスクル経営陣の若返りと業績回復が再任反対の理由と説明している。
 関係者によると、ヤフーは今年初めごろからアスクルのネット通販「ロハコ」の分離などの事業再編を提案。アスクル側は、ヤフーの提案を拒否していた。

「アスクルが2016年末、個人向け通販のLOHACOに試験導入した。LINE上の顧客サービスで、約5割はAIだけで対応が完結する。AIを開発したのがPKSHA Technology(パクシャテクノロジー)だ。」w

NTTコムとNICT…w

Amazonのクラウド(AWS)でCOTOHAが稼働開始。この時点でAI HubにつながるどのAIもスマホとIoTからのデータのリアルタイム監視が可能になったはずw。


【アクセンチュアが、各社のAIサービスを束ねて活用する「AI Hub」を発表。】

LINEの裏方に複数のAIが同居してAI Hubがつなげている。スマホ(LINE)だけでなくIoTからのデータもモニターw。なので誰が(どの人工知能が)犯人なのかわからなくさせる構成?w

でた。NICT…w

精度が高いてNICTの成果?w

ドコモら、機械翻訳事業の合弁会社「みらい翻訳」設立--TOEIC700点以上の精度目指す 坂本純子 (編集部)2014年09月29日 18時15分
 NTTドコモは9月29日、機械翻訳事業を行う合弁会社「株式会社みらい翻訳」の設立について合弁契約を締結したと発表した。
10月に会社を設立予定。目指すのは言語バリアフリーの実現
 10月に設立予定で、資本金は9億9000万円。出資比率は、NTTドコモが51.0%、韓国のSYSTRAN INTERNATIONAL(シストラン)が30.0%、フュートレックが19.0%。代表取締役社長には、NTTドコモ執行役員 R&D戦略部長の栄藤稔氏が就任する。
翻訳精度向上のスキーム
 NTTドコモ、シストラン、フュートレックの3社は新会社に社員を派遣し、高精度な機械翻訳技術とソフトウェアを開発する。従業員は15名程度を見込むほか、新会社では技術エンジニアの募集を行い、体制の充実を早期に図るとしている。
 目指すのは、「言語バリアフリー」の実現だ。2020年のオリンピック・パラリンピック東京大会を見据えたもの。新会社設立当初は英語、中国語、韓国語を中心に、将来的にはベトナム語、タイ語、インドネシア語等の言語も対象にし、個人や企業向けにソフトウェアやサービスを提供していくとしている。
韓国のベンチャーがフランスのSYSTRANを買収した4ヶ月後にドコモが「みらい翻訳」設立w

ここからニュースを復元w
2014年05月27日08:00
[朝鮮日報] 韓国ベンチャー企業、仏翻訳ソフト会社を買収
 サムスン「GALAXY S」シリーズのスマートフォンに搭載されている翻訳アプリ「S翻訳」を作った韓国のベンチャー企業「CSLi」が、世界で最も古いフランスの翻訳ソフトウェア開発会社「SYSTRAN(シストラン)」を買収した。CSLiはSYSTRANの株式の38%を1570万ユーロ(約22億円)で買い取り、残りの株式は市場で公開買い付け中だ。
 SYSTRANは1968年に設立された世界で最も古い機械翻訳会社の一つだ。52カ国の言語翻訳技術を持っており、米国防総省にも翻訳技術を納品している。CSLiは昨年からSYSTRANと欧州−アジア言語の統合翻訳技術を共同開発してきたことが買収につながった。
 CSLiがSYSTRANを買収したことで、GALAXY SシリーズのS翻訳機も性能が向上するものと期待される。
元の記事はこちら==>http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140527-00000469-chosun-kr
わざわざ韓国にフランスの会社を買収させてドコモとの合弁会社を設立させているw。LINEも韓国製、LINEのAI(PKSHA TECHNOLOGY、パークシャ・テクノロジー)はパク社みたいに聞こえるけど日本製w


PKSHAの人工知能LINEボットを最初に導入したのはアスクルだったw。

投稿されたコメント:

コメント
コメントは無効になっています。