弁財天

ゴフマン「専門家を信じるのではなく、自分自身で考えて判断せよ」

シンジェンタ(Syngenta)…2015年ウクライナの豚コレラ(ASF)パンデミックからはじまったバイオ戦争は「相棒」のストーリーよりリアル… update8

豚コレラはペンタゴンの「昆虫兵器」のフェイズ2コミュニティレベル実験だったのか?w

戦国武将・毛利元就(もうりもとなり)の直系子孫の毛利忠敦(ただあつ)外務省ロシア課長がセクハラによる停職9カ月の懲戒処分で更迭される。豚コレラ(ASF)とマイダン・クーデターとMH17便か。神戸大学大学院教授時代にヒントがw

神戸大学教授→APEC室長→ロシア大使館公使参事官→条約課長→ロシア課長の経歴。 毛利忠敦(ただあつ)は平成25年(2013年)10月21日からロシアに駐在w。


豚コレラの発生国は欧NATOがアフリカから持ち込んだバイオテロ兵器のように見えるw。 つまりマイダンクーデターと同じテロ作戦だったのだ。

Ukraine has lost 11% of its domestic pig herd due to African swine fever (ASF) since the epidemic hit the county in 2014, according to Maxim Martynyuk, the country’s acting Agriculture and Food Minister.
「Maxim Martynyuk ウクライナの暫定農業食料大臣、ウクライナは2014年から蔓延しているアフリカ豚コレラ(ASF)で11%の国内の豚の家畜を喪失した。」

「モンサントがSYNGENTA買収額を上乗せw;ウクライナでアフリカ豚コレラ(ASF)がアウトブレイク」w

2015年8月にウクライナでアフリカ豚コレラ #ASF がパンデミック。 そしてモンサントがSyngentaの買収を開始w
豚コレラバイオ戦争勃発は2015年のウクライナかぁ…

1280AM KIT→MONSANTO INCREASES OFFER TO SYNGENTA; AFRICAN SWINE FEVER OUTBREAK IN UKRAINE

MONSANTO INCREASES OFFER TO SYNGENTA; AFRICAN SWINE FEVER OUTBREAK IN UKRAINE
AGINFO.NET Credit: Brent Stirton / Staff
Monsanto has increased its Syngenta takeover offer. After the initial deal was rejected earlier this year, Monsanto has changed the proposal to contain a higher proportion of cash than the prior bid, which envisioned a split of 45 percent cash to 55 percent Monsanto shares. Raising the bid goes against Monsanto’s pledge not to do so unless warranted by a review of Syngenta’s books. Syngenta’s board was scheduled to meet this week to decide on how to respond to the increased offer.

African swine fever has been found in several regions of the Ukraine, according to a report by the National Hog Farmer magazine. While the infections have been largely limited to wild boars and backyard settings, a farm in the area has reported an outbreak. However, speculation of how the farm became infected center on three theories: neglect of biosecurity, transfer through feed or wild boars. The Baltic States and Poland are also seeking financial support in their battle against the African swine fever. A Russian veterinary watchdog has criticized measures taken by the Baltic States to counter African swine fever, pointing towards an increase in infections.

除草剤、ラウンドアップ、モンサントのライバルBASFとSyngenta、モンサントのSyngenta買収とウクライナでのアフリカ豚コレラのパンデミック…

ポッポだわw

Syngentaを止めたのはモンサントではなく中国w

scmp.com→Crop technology firm Syngenta helping China enhance food security with goal to grow after acquisition by ChemChina(2019年2月18日)
「穀物技術会社SyngentaがChemChinaに買収された後、中国で食料安全保障の目標達成支援で成長」
豚の飼料に細工して豚コレラを発生させ中国に食料安全保障のコンサルを持ちかける…w
やるなー。モンサントが買収したがるわけだw

ナイジェリアで1世代しか使えない毎年モンサントから購入しなければならない遺伝子組み換え種子で農家の経済を壊滅させ、住民を臓器売買に誘導するエコノミックヒットマンを見た。そしてウクライナでアフリカ豚コレラをパンデミックさせてボロ儲けする会社w。

シンジェンタてナニモノなの?

シンジェンタ(Syngenta AG)←ウィキ

【2001年 - 静岡県静岡市に本社を置いていた、同業のトモノアグリカを買収[1]。】w

ふつうに後藤組かぁ…

山県市で豚コレラ ブランド豚再生拠点 2019年03月23日 10:49
豚コレラの陽性が確認された養豚場で、殺処分に向けた準備をする関係者=23日午前8時51分、山県市内
豚コレラの陽性が確認された養豚場に防護服姿で向かう関係者=23日午前8時49分、山県市内
 岐阜県などで家畜伝染病「豚(とん)コレラ」の感染が広がっている問題で、県は23日、山県市内の養豚場で豚の感染が判明したと発表した。県内で感染が確認された施設は12カ所目。県は飼育する豚全約2千頭を殺処分する。
 発生した養豚場は繁殖農場。県のブランド豚「ボーノポーク」の種豚を保有し、独自銘柄で生産していた。昨年12月に県畜産研究所(美濃加茂市)で豚コレラが発生し、ボーノポークの種豚が多数失われ、県ブランドの再生に向けた重要な拠点の一つだった。
 県によると、養豚場から体調を崩した豚がいると報告を受け、県が遺伝子検査をしたところ、23日早朝に陽性反応が確認された。
 山県市内に同じ経営者が肥育農場を保有し、以前は両農場間で豚の出入荷があったが、一連の豚コレラ問題を受けて最近は豚の移動を自粛していたという。県は関連農場として肥育農場の豚も遺伝子検査をし、感染の有無を調べる。飼育頭数は約8千頭。
 同市内では今月7日にも別の養豚場で豚コレラが発生したばかりだった。
 農水省や県は25日から、感染原因の一つとされる野生イノシシ対策として、同市など18市町でワクチン入りの餌を散布する。

豚コレラ、ワクチンの埋設開始 愛知、イノシシ向け
2019/3/24 11:42 ©一般社団法人共同通信社
野生イノシシを媒介とした豚コレラの感染拡大防止のため、ワクチン入りの餌の埋設に向かう作業員=24日午前、愛知県小牧市
 愛知県は24日、野生イノシシを媒介とした豚コレラの養豚場への感染拡大を防ぐため、県内の山林でワクチン入りの餌の埋設を始めた。野生動物へのワクチン投与は国内初。県は効果を検証しながら、来年2月にかけて計6回行う。
 埋設するのは、感染イノシシを確認した同県春日井市など計60カ所。2日間で1カ所当たり40個ほどのワクチンを約100平方メートルの範囲で、深さ5~10センチの穴を掘って埋める。埋設から5日後に食べたかどうか掘り起こして確認する。
 同県小牧市の集合拠点では、白い防護服を着た県職員や委託業者がワクチンの入った保冷バッグを肩に掛けて山中に向かった。

投稿されたコメント:

コメント
コメントは無効になっています。