弁財天

ゴフマン「専門家を信じるのではなく、自分自身で考えて判断せよ」

ギリシャのクレタ島で開催された正教徒学会に参加していたマックスプランクの女性細胞生物学者がナチスが弾薬庫に使っていた洞窟で片耳のない遺体で見つかる… update18

犯人は司祭(Priest)の息子で「悪魔に支配されていた(possessed by demons)」とか…

「クレタ島は米国人科学者の強姦殺人事件後の汚名と闘っている」w


「Yiannis Paraskakis, a 27-year-old carpenter」w

あ?似たよーなハゲ頭の名前をギリシャで知ってるw。ストーリーに全部詰め込みすぎなんだよw


ヤニス・ヴァロファキス(Yanis Varoufakis)前ギリシャ財務大臣がトーリー党が過半数割れした後のBrexitを語る

このガーディアンとギリシャのフェイクニュースはともかく…w、 ギリシャの島にいろいろ目的別の意味付けがあるらすい。キプロス島が世界の金持ちの臓器狩りリゾートなのだとーかw

米研究者殺害の容疑者、「車ではねて強姦」と供述 2019.07.17 Wed posted at 09:30 JST
クレタ島の米研究者殺害。容疑者が「強姦した」と供述/Searching for Suzanne/Facebook
(CNN) ギリシャのクレタ島で米国人研究者が殺害された事件で、容疑者はジョギング中の被害者を車ではねた後、強姦したと供述していることが分かった。現地の警察責任者が16日の記者会見で語った。
生物学者のスーザン・イートンさん(享年59)は今月2日、学会で訪れたクレタ島で行方不明となり、8日に遺体が発見された。警察は15日、地元在住の27歳の男が犯行を認めたと発表していた。
同責任者らによると、容疑者はジョギング中のイートンさんを見かけ、「恐らく性的暴行を加えようという動機から」イートンさんを2回にわたって車ではねた。
意識を失ったイートンさんを車のトランクに入れて、遺体発見現場の地下壕(ごう)跡まで運んだ。
容疑者はその場でイートンさんを強姦した後、遺体を地下壕跡の洞窟に投げ捨て、穴を板で覆って逃走した。イートンさんが強姦前に亡くなっていたかどうかは確認されていない。
警察は現場に残っていたタイヤの跡から容疑者の車を割り出したが、本人は当初、地下壕にはこの1カ月近付いていないと供述した。一方で容疑者が持っていた携帯電話の位置情報から、犯行当日に現場近くにいたことが分かったという。
警察の調べによると、容疑者は現場近くにある農場のオーナーで、妻と2人の子どもがいる。イートンさんとは面識がなかったと話している。
片耳を切り落とした話が消えてるw

わかった。ケルンの大晦日の集団暴行事件の続きなんだ…
311が起こす性犯罪。強制わいせつや強姦の欲望を猛烈にかきたてる「核種」があるんじゃね。殺意も戦争も?

死因は窒息死で、片方の耳をリンク切り取られていた。1941年のクレタ島の戦いから ナチスが弾薬庫に使っていた洞窟…

夫がマックスプランクの部長かぁ…。メルケルが完全に攻略されてる…。

これね…たしかに震えてしまうw。

メルケル独首相、1か月で3度目の体の震え 健康不安説ぬぐえず
2019年7月10日 21:48 発信地:ベルリン/ドイツ [ ドイツ フィンランド ヨーロッパ ]
メルケル独首相、1か月で3度目の体の震え 健康不安説ぬぐえず❮ 1/6 ❯ ‹ ›
独首都ベルリンで、同国を訪問中のフィンランドのアンティ・リンネ首相(左)とともに、国歌の演奏を聴くアンゲラ・メルケル首相(2019年7月10日撮影)。(c)AFP/Tobias SCHWARZ
独首都ベルリンで、同国を訪問中のフィンランドのアンティ・リンネ首相(左)と握手するアンゲラ・メルケル首相(2019年7月10日撮影)。(c)AFP/Tobias SCHWARZ 【7月10日 AFP】(写真追加)ドイツのアンゲラ・メルケル(Angela Merkel)首相が10日、またも体の震えに見舞われた。ここ1か月で3度目の事態で、同首相の健康状態を懸念する声が上がっている。

【写真】独メルケル首相のビフォーアフター
 AFPのフォトグラファーが目撃したところによると、ドイツ訪問中のフィンランドのアンティ・リンネ(Antti Rinne)首相の歓迎式典で両国の国歌が演奏された際に、メルケル首相の体が震え始めたという。初めて目撃された先月の震えよりも軽かったものの、目で見てはっきり分かる震えだったという。
 メルケル氏は6月18日、真昼の日差しの下でウクライナのウォロディミル・ゼレンスキー(Volodymyr Zelensky)大統領を儀仗(ぎじょう)兵とともに迎えた際、同大統領の隣に立ちながらふらつき、震えるような様子を見せた。
 この時は脱水状態によるものとされたが、2週間後の6月末、大阪で開催された20か国・地域(G20)首脳会議に出発する数時間前にも、2度目の震えに見舞われていた。(c)AFP

ワールド2019年6月27日 / 17:49 / 13日前
メルケル独首相、再び体に震え G20サミットには出席へ
Reuters Staff 1 分で読む
[ベルリン 27日 ロイター] - ドイツのメルケル首相が27日、シュタインマイヤー大統領との公務中に再び何度も体を震わせる事態が起きた。18日にベルリンでウクライナ大統領の歓迎式典に出席した際にも同様の状況が発生している。
首相の報道官はロイターにメルケル氏の体調に問題はないと述べ、このあと行われる新法務相の就任式に出席すると説明した。
また20カ国・地域(G20)首脳会議には出席するかとの質問に、全て予定通り行われると述べた。
独(BMW、ミニ、ポルシェ、VW)が東京モーターショー不参加w

2019年6月18日18日にベルリンでウクライナ大統領の歓迎式典に出席した際にも同様の状況が発生している。
2019年6月27日27日、シュタインマイヤー大統領との公務中に再び何度も体を震わせる事態が起きた。
2019年7月10日ドイツ訪問中のフィンランドのアンティ・リンネ(Antti Rinne)首相の歓迎式典で両国の国歌が演奏された際に、メルケル首相の体が震え始めた

フィンランドとウクライナw。カニバリズムとマネロンかぁ…

年金機構をサイバー攻撃したウィルスをHBGaryのResponderで検出。 #ぱよぱよちーん がエフセキュア(F-Secure)に自爆テロを仕掛ける


imprs-celldevosys.de→IMPRS-CellDevoSys / Research / Research Groups

Suzanne Eaton
Long-range cell communication and tissue organization in the developing wing of Drosophila
「成長時の長範囲細胞通信と組織組成の開発部門 Drosophila」

imprs-celldevosys.de→MPI-CBG: Research Focus

TISSUE GROWTH IS COUPLED TO PATTERNING DURING DEVELOPMENT
This relationship has been obvious since 1924 when Hans Speman and Hilde Mangold generated a second body axis by transplanting the blastopore lip of one newt embryo to another. This piece of organizing tissue (which, as we now know, produces powerful signalling molecules called morphogens) instructs the surrounding tissue, not only to differentiate new head structures, but also to grow by precisely the correct amount to accommodate them. In the almost 100 years that have followed, we have identified and studied these morphogens and others like them. We have a working understanding of the cellular machinery that transduces their signals and how they spread through tissue. We have outlined the basic principles by which morphogen gradients control gene expression to produce spatial patterns of tissue differentiation. But the coupling of patterning to growth is still a mystery. It’s not that we have not identified growth-promoting effectors that are activated by different types of morphogen signalling – at least in tumors. What we do not understand is how these two functions– growth and patterning – are logically linked together. How does morphogen signalling regulate the amount and orientation of tissue growth? What kind of feedback ensures that growth stops at precisely the size sufficient to produce the pattern of structures that must be built?

To control the amount and orientation of tissue growth, morphogen signalling must eventually act on the basic metabolic and mechanical properties of constituent cells. Our goal is to elucidate the connections between morphogen signalling, cell metabolism and cell mechanics and understand how their interactions combine to produce tissues of specific shapes and sizes.

遺伝子の情報をモルフォゲンと定義した概念物質が伝えることで、正確に組織が形成される仕掛けを研究。 足りない組織が形成され、完成したら組織の成長が正確に停止するのはなぜか? 1924年の Hans Speman と Hilde Mangold がイモリの胚の芽胞口唇を別の胚に移植することで2つの頭(体軸)を生成してからの疑問なのだとーか。

やはり消されたっぽいな…

「行方不明の米科学者スザンヌ・イートンの遺体がギリシャの第二次大戦のバンカーで発見される」

「地元メディアによると、ギリシャ政府は59才のドイツのドレスデン大学マックスプランクインスティテュートの生物学者Suzanne Eaton の遺体をクレタ島のChaniaの洞窟で発見したと月曜の夜に発表した。」

「科学者はKolymbari村のOrthodox Academyに参加するために島に旅行して、7月2日から行方不明になっていた。」

oac.gr→About OAC - Orthodox Academy of Crete
Orthodoxはキリスト教(東方)正教会のことw





According to the Max Planck Institute of Molecular Cell Biology and Genetics in Dresden, Germany, where Eaton was a research group leader, Greek police recovered the body on Monday night.
「分子細胞生物学と遺伝学の研究リーダー」


谷査恵子?w


投稿されたコメント:

コメント
コメントは無効になっています。