弁財天

ゴフマン「専門家を信じるのではなく、自分自身で考えて判断せよ」

Supremeのボットw

Supreme代表取締役逮捕 覚醒剤所持
2020年12⽉23⽇ 03:06
全⽂
世界的に有名なファッションブランド『Supreme』の⽇本法⼈代表取締役の男が、覚醒剤を所持していたとして現⾏犯逮捕されていたことがわかりました。
覚醒剤取締法違反の疑いで逮捕されたのは『Supreme』の⽇本法⼈代表取締役‧⼤村健⼀容疑者です。
警視庁によりますと、⼤村容疑者は18⽇未明、東京‧港区東⿇布のホテルの待合室で、袋に⼊った覚醒剤およそ1.1グラムを所持したとして現⾏犯逮捕されました。
当時、付近をパトロール中の警察官の姿を⾒た⼤村容疑者が、逃げるようにホテルに⼊ったのをこの警察官が不審に思い、職務質問をしたところ、その場で覚醒剤が⾒つかったということです。
調べに対し、⼤村容疑者は「⾃分で使うために持っていた」と容疑を認めていて、警視庁は、⼊⼿経路や使⽤の有無について調べています。
要約に戻る

「Supreme」販売会社社長を逮捕 覚醒剤所持の疑い
2020年12月23日 9時10分
アメリカの人気ファッションブランド「Supreme」の販売会社の社長が、都内で覚醒剤を所持したとして警視庁に逮捕されました。
逮捕されたのは、人気ファッションブランド「Supreme」の都内にある販売会社の社長、大村健一容疑者(52)です。
警視庁によりますと、今月18日の午前0時すぎ、東京・港区のホテルの待合室で覚醒剤およそ1.1グラムを所持したとして覚醒剤取締法違反の疑いが持たれています。
パトロール中に、路上にいた大村容疑者が急に近くのホテルに入っていったため、警察官が職務質問したところ、持っていたポーチの中から袋に入った覚醒剤が見つかったということです。
調べに対し「自分で使うために持っていた」と容疑を認めているということで、警視庁は入手ルートなどを詳しく調べています。
「Supreme」は1994年にニューヨークで創業し、長方形の赤い下地に白い文字のロゴがデザインされたシャツなどが世界的な人気を集めています。

読売→人気ブランド「Supreme」販売会社代表取締役、覚醒剤所持…警官見て急にホテル内へ

人気ブランド「Supreme」販売会社代表取締役、覚醒剤所持…警官見て急にホテル内へ
2020/12/23 09:22
 覚醒剤を所持したとして、警視庁麻布署がファッションブランド「Supreme(シュプリーム)」の販売会社の代表取締役、大村健一容疑者(52)(東京都渋谷区)を覚醒剤取締法違反(所持)容疑で現行犯逮捕したことがわかった。逮捕は18日。
 麻布署幹部によると、大村容疑者は18日午前0時過ぎ、東京都港区東麻布のホテル1階の待合室で、袋入りの覚醒剤約1・1グラムを所持した疑い。「自分で使うために持っていた」と容疑を認めている。
 現場付近で巡回中の警察官を見た大村容疑者が急にホテル内に入ったため、職務質問したところ、所持品から覚醒剤や注射器が見つかったという。

ボットでぐるぐる取引?w

投稿されたコメント:

コメント
コメントは無効になっています。