弁財天

ゴフマン「専門家を信じるのではなく、自分自身で考えて判断せよ」

オマーン国王が死去… update7

オマーン国王が死去 イランと欧米のパイプ役
2020/1/11 10:01 (JST) ©一般社団法人共同通信社
死去したオマーンのカブース国王(AP=共同)
 【カイロ共同】ペルシャ湾岸オマーンのカブース・ビン・サイド国王が11日、死去した。79歳だった。国営オマーン通信が伝えた。イスラム教シーア派のイランと良好な関係を保ち、欧米やスンニ派アラブ諸国との間で重要なパイプ役を果たした。イラン核合意につながった米イランの秘密接触を仲介したとされ、今後の両国関係に影響を与える可能性がある。
 死因は不明だが、結腸がんを患っていたとされ、近年はドイツやベルギーなどで療養していた。

「死因は不明だが、結腸がんを患っていたとされ、近年はドイツやベルギーなどで療養していた。」w

ゴンが長い間拘束されていたのはオマーン国王が死去するのを待っていたから…

ゴーン被告の息子と娘から聴取 米司法当局 東京地検の要請受け 2020年1月8日 18時17分
中東のレバノンに逃亡した日産自動車の元会長、カルロス・ゴーン被告が起訴されている特別背任事件に関連して先月、アメリカの司法当局が東京地検特捜部の要請を受けて元会長の息子や娘から事情を聴いていたことが関係者への取材で分かりました。息子が経営に関わっていた投資会社には元会長に還流した資金の一部が送金されていた疑いがあり、元会長の関わりなどについて説明を求めたということです。
中東のレバノンに逃亡した日産自動車の元会長、カルロス・ゴーン被告(65)はオマーンの販売代理店に日産から支出させた資金の一部をみずからに還流させ5億5000万円余りの損害を与えたとして特別背任の罪に問われています。
この事件に関連して先月、アメリカの司法当局が東京地検特捜部の要請を受けて元会長の息子のアンソニー氏や娘の1人から事情を聴いていたことが関係者への取材で分かりました。
元会長に還流した資金の一部はアンソニー氏が運営に関わっていたアメリカの投資会社に送金されていた疑いがあり、事情聴取には特捜部の検事も立ち会って元会長の関わりや資金の流れについて説明を求めたということです。
関係者によりますと、アンソニー氏は事情聴取に対し「投資会社の資金は父親の資産から送金されたものだったと思う」という趣旨の供述をしたということです。
また日産から元会長側に送金された資金は元会長らが使用していたクルーザーの購入費の一部に充てられたとみられていますが、娘からはクルーザーの運用実態などについて説明を求めたということです。
ゴーン元会長は日本時間の8日午後10時からレバノンで記者会見する予定で、一連の事件についてどのように説明するかも注目されます。

北朝鮮の正体は経産省w。ゴンと日産を中心に一連の裏稼業の表面化をスピンするために米とイランの戦争工作に試みたが大失敗に終わるw

オマーンのタグでいちばん古い記事がこれ…。まぁ二階1000人で訪韓とか、イオン岡田社長交代とか、ジオポリティカル的には噛み合っているのでは…w

FinFisherの世界(2012年11月17日)

wikileaks.org→System Manual Project O/Prepared for Oman/Version 0.1 Prepared for Oman© by Dreamlab Technologies AG All rights reserved(2010年)

あー、わかった。タイムラインを西室泰三に向かってバックトラックしてるのか…

柚原一夫のゴッドデバイスw

「不発弾 ~ブラックマネーを操る男~」あべちんも登場w。「テヘランから来た男w」西田厚聰のイラン人妻とパソコンとWH買収と…

そして英はBrexitに向かう…

「米が起こした危機での人的ミス」とイラン 2020/1/11 13:26 (JST)1/11 13:39 (JST)updated ©一般社団法人共同通信社
 【テヘラン共同】イランのザリフ外相は11日、ツイッターでウクライナ機撃墜について「米国の冒険主義が引き起こした危機の際に起きた人的ミスだ」と述べた。撃墜の背景に米軍による司令官殺害があるとの認識を示した。

アクセルとブレーキを踏み間違えるよーな経産省のゴッドデバイスw

投稿されたコメント:

コメント
コメントは無効になっています。